Aptosは次期Solanaとなるのか?

Aptos(APT)は、数十億の評価額で技術革新に費やした4年後、今週月曜日にメインネットを立ち上げました。このプロジェクトのルーツは、2019年に遡り、Meta(旧Facebook)が独自のブロックチェーンプロジェクトであるLibra(後にDiemステーブルコインとして知られる)を開発していたことに由来しました。しかし、世界的なテクノロジー大手は、政府規制当局からの圧力と暗号資産コミュニティからの批判のためにこのプロジェクトを放棄しました。その後、元Metaエンジニアたちは、トランザクションの順番や組み合わせプロセスを迅速に進めるための方法論である並列実行の価値を予見出しました。

Aptosは次期Solanaとなるのか?

テストによると、Ethereumが1秒間に30件のトランザクションを処理したのに対し、Aptosは1秒間に13万件のトランザクションを処理したと主張しています。Aptosはプルーフオブステーク(PoS)レイヤー1ブロックチェーンで、Moveプログラミング言語と仮想マシン(MoveVM)を使って分散型アプリケーション(dApps)を構築することができます。Moveは、Aptosエコシステムの発展に不可欠な希少性とアクセス監視を重視していることは特筆に値します。Moveは、別プロジェクトSuiブロックチェーンでも活用されています。

Aptosが、スマートコントラクトのための理想的なブロックチェーンであり、NFTプロジェクト、DAO、DeFi分野を支えるコードであるスマートコントラクトのための理想的なブロックチェーンを作成しようという、試みが広く暗号資産業界で認識されている点が、潜在的に「ソラナキラー」になると考えられている所以でもあります。Ethereumは合併の後、トランザクションのスピード改善という大きな進歩を遂げましたが、SolanaやAptosのようなチャレンジャーは、暗号資産業界において、新しい市場プレイヤーとなりえます。

まとめ

Bloombergの報道によると、Aptosの評価額は40億ドルにのぼるといわれています。このような高い評価額を下回ることは、Web3の世界で地位を固めるというAptosの宣言した目的にとって極めて重要な事かもしれません。より早く、より安価で仕事をこなせる者が、取引という「ゲーム」に勝利します。Solanaの他に、AptosはRustプログラミング言語ファミリーのEthereumに代わるもう一つの選択肢となるかもしれません。Aptosについて詳しく知りたい方は、ホワイトペーパーをご覧ください。

MEXCは世界をリードする暗号資産取引所の1つとして、10月19日10:00(日本時間)にイノベーションゾーンにAptos(APT/USDT – ここで取引)をリストアップします。 APTを上場する最初の取引所の一つとして、我々は注目銘柄を上場し、日々最新のニュースを更新しています。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Blog
Articles: 631