【6/13-6/17】MEXC週刊・暗号資産速報:重要な​​​​​​​​公開投資ラウンド2.28億ドル。Fort NetworkのガバナンストークンFORTのエアドロップを開始

MEXC Researchの統計によると、2022年6月13日から6月17日の時点まで、暗号資産業界では15件の重要な公開投資ラウンドが発生し、その資金調達額は2.28億ドルに達しました。このうち、Metaverse & NFT & GameFiセクターは1.17億ドル、DeFiとWeb3セクターは0.24億ドル、インフラ整備セクターは0.87億ドル、ブロックチェーンセクターは7.96億ドルの投資ラウンドで終了しております。

先週注目すべき重要なニュースとしては、スマートコントラクトの不正検知プロジェクトForta NetworkがガバナンストークンFORTのエアドロップを開始し、MEXCに上場後、最高収益率が192%を記録したことです。

I. Metaverse&NFT&GameFi

1. チェーンゲーム「Earth From Another Sun」、Solana Venturesの参加で450万ドルの投資ラウンドを終了

6月17日、宇宙サンドボックスチェーンゲームのEarth From Another Sun(EFAS)は、Solana Ventures、Alameda Research、Lightspeedが参加する投資ラウンドで450万ドルを調達したことを発表しました。この資金調達により、EFASのクローズドアルファ版の開発と普及が加速すると見られています。同社は、まもなく最初のNFTのベータテストを行うことを視野に入れており、今年末までに「play to earn」モデルの最初のバージョンを発売する予定です。

2. 不動産DeFiスタートアップのRigorがDCG参加する投資ラウンドで350万ドルを調達

6月17日、不動産ローンと決済サービスに特化したDeFiスタートアップのRigorは、Agya Ventures、Bain Capital Ventures、Digital Currency Groupが参加する350万ドルのシード投資ラウンドを完了したことを発表しました。Rigorのベータ版が登場され、暗号資産レンダーと住宅建設会社がフロリダ中心部で住宅を建設しています。本日発表した資金調達により、国内の建築ユースケースにとどまらず、他の建築製品へのツールセットの拡大、オープンソースソフトウェア、トークンの効用と利用拡大のためのインセンティブを導入し、世界の暗号資産貸付業者に大規模な貸付の機会を提供することが可能になります。

3. チェーンゲーム「BitCraft」の開発元であるClockwork Labs、a16zが主導する投資ラウンドで2200万ドルを調達

6月17日 、BitCraftの開発元であるClockwork Labsは、a16zが主導し、Supercellなどが参加した2200万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了したと発表しました。今回の資金は、Clockwork Labsがサンドボックス型のMMORPGゲームBitCraftを開発し、ゲーム、ウェブアプリケーション、Web3 App用の新しいデータベース技術を強化するために使用される予定です。

4. 分散型ゲームコミュニティのSagaがAnimoca Brands主導の投資ラウンドで360万ドルを調達

6月16日、分散型ゲームコミュニティのSagaは、Animoca Brandsが主導し、Delta Blockchain FundとGenblock Capitalが参加する投資ラウンドで360万ドルを調達したことを発表しました。Sagaは、新興プロジェクトをサポートするとともに、ゲーム間NFTを通じてメタバース世界を拡大し、豊かにすると報告されています。

5. NFTのインフラ企業であるNFTPortが、Atomico主導の投資ラウンドで2600万ドルを調達

6月15日、NFTインフラの新興企業であるNFTPortは、Wiseの共同設立者Taavet氏、Teleportの共同設立者Sten Tamkivi氏、ヨーロッパのベンチャーキャピタルAtomicoが共同で参加する投資ラウンドで2600万ドルのシリーズAを完了しました。調達した資金は、プラットフォームの拡張と、より多くのブロックチェーンをサポートするために使用される予定です。エストニアに本社を置くNFTPortは、インフラ構築を通じて、開発者がNFTベースのアプリケーションを迅速に構築できるよう支援しています。

6. Web3ゲーム会社のThe Wildcard Allianceが、Paradigm主導の投資ラウンドで4600万ドルを調達

6月14日、独立系ゲームスタジオPlayful StudiosのWeb3ゲーム子会社であるThe Wildcard Allianceは、Griffin Gaming PartnersとPolygonが参加し、Paradigmが主導する4600万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了したことを発表しました。同社は、MOBAゲームの登場を控えています。Playful Studiosは2012年に設立され、3DプラットフォーマーシリーズのLucky’s TaleやサンドボックスアドベンチャーゲームCreativerseで知られています。

7. メタバースゲーム開発のAtmos Labs、Sfermionが主導する投資ラウンドで1100万ドルを調達

6月13日、メタバースゲーム開発のAtmos Labsは、Animoca Brands、Collab+Currency、FBG Capitalが参加し、Sfermionが主導する1100万ドルのシードラウンドを完了したことを発表しました。新たな資金は、仮想ゲーム世界「Atmos」の構築、コミュニティ開発、Atmosチームの拡大に充てられる予定です。Atmos Labsは、メタバースにおいて、プレイヤーが自分の装備やチームを持つことができ、いくつかのネイティブゲームスポーツを開発するとされています。

II. DeFi & Web 3

1. DeFiプロトコルのCrema FinanceがQiming Venture Partners主導の投資ラウンドで540万ドルを調達

6月17日、集中型流動性DeFiプロトコルのCrema Financeは、Qiming Venture Partnersが主導し、IDG CapitalとApollo Capitalが参加する540万ドルの私募ファンドラウンドを完了しました。Crema Financeは、Solanaメインネット上にCLMM(Centralized Liquidity Market Maker)アルゴリズムを展開し、ユーザーが指定した価格範囲内で流動性を追加でき、Solanaメインネット初の集中型流動性プロトコルであると報告されています。

2. ファッション暗号資産コレクションプラットフォームのSknups、Adelphaが参加する投資ラウンドで350万ドルを調達

6月17日、ファッション暗号資産コレクションプラットフォームのSknupsは、Redrice Ventures、Blue Capital、Adelphaが参加するプレシードラウンドで350万ドルを調達しました。Sknupsチームは、Web2とWeb3のハイブリッド所有権プラットフォームSknupsを構築し、高級ブランドDolce & Gabbanaと提携し、その象徴的なイタリアのスタイルをゲームに取り入れる計画だと報告されています。

3. Web3スタートアップのDAOLens、iSeed IIが主導する投資ラウンドで500万ドルを調達

6月15日、Web3スタートアップのDAOLensは、Coinbaseの取締役Gokul RajaramとPolygonの共同設立者Sandeep Nailwalが参加し、iSeed IIが主導する投資ラウンドで500万ドルを調達したことを発表しました。調達した資金は、製品開発、人材獲得、ツールスタックの後続展開の推進に使用される予定です。DAOLensは2022年1月にVikram AdityaとApoorv Nandanによって設立され、企業がオンボーディングや貢献度管理などを行い、DAOの運営プロセスを簡素化することを目的としています。

4. Web3クリエイターツール開発のTellieが投資ラウンドで1000万ドルを調達、Galaxy Digitalも参加

6月15日、Web3クリエイターツールを開発するTellieは、Malibu Point Capital、Galaxy Digital、Dapper Labsの参加により、1000万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了したと発表しました。この資金は、PolygonでTellie Collections NFTマーケットプレイスを立ち上げるために使用されます。Tellieは、クリエイターに自己表現、関係構築のためのツールを提供するノーコードのコンテンツとコマースのプラットフォームで、Polygon、Ethereum、Binance、Avalanche、Flowネットワークをサポートし、将来的にはSolanaをサポートすることを含めています。

III. インフラの整備

1. インドネシアのブロックチェーン企業Ekta、Global Emerging Marketsが主導の投資ラウンドで6,000万ドルを調達

6月17日、インドネシアのバリに本社を置くブロックチェーン企業Ektaは、ニューヨークの代替資産投資グループGlobal Emerging Marketsが主導する投資ラウンドで6000万ドルを調達完了しました。この資金は、バーチャルワールドと現実世界をつなぐブロックチェーンエコシステムの構築を推進するために使用される予定です。Ektaは、NFT市場、ハイブリッド暗号資産取引プラットフォーム、チェーンゲームなど、一連のブロックチェーン駆動型製品を構築しています。そのレイヤー1ブロックチェーンEktaChainが稼働を開始し、不動産、音楽、アート、金などの現実世界の資産をトークン化することができるようになりました。

2. 暗号資産決済のTripleA、zVenturesが主導する投資ラウンドで288万ドルを調達

6月16日、シンガポールに拠点を置く暗号資産決済企業TripleAは、RazerのコーポレートベンチャーキャピタルであるzVenturesが主導する400万シンガポールドル(約288万米ドル)の投資ラウンドを完了しました。今回の資金は、ゲーム暗号資産決済事業の開拓に充てられる予定です。なお、TripleAは2017年にフィンテック起業家のEric Barbier氏によって設立され、2021年11月にシンガポール通貨庁(MAS)の暗号資産決済許可を取得したとされています。

3. 暗号資産裁定プラットフォームのMosdexがシリーズA投資ラウンドで2000万ドルを調達

6月15日。暗号資産裁定取引プラットフォームのMosdexは、Evli Bank PLCが主導し、Lifeline VenturesとNordicNinja VCが参加する2000万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了しました。この資金はグローバル展開に使用され、ニューヨーク、香港、シンガポール、ロンドン、東京、ドバイにオフィスを開設する予定です。

4. 暗号資産報酬プラットフォームのBits of Stockが440万ドルのシードラウンドを完了、Keen Venturesが参加

6月14日、オランダの消費者向け暗号資産報酬プラットフォームのBits of Stockは、Keen VenturesとYellow Acceleratorの参加により、440万ドルのシード投資ラウンドを完了したと発表しました。Bits of Stockのアプリでは、消費者が日々の買い物で暗号資産の報酬を獲得することができます。同社は、Adidas、KFC、Nike、Zara、Uber、Spotify、Netflixなど、60以上のブランドと提携しています。また、小売業者、ネオバンク、BNPLプロバイダーなどのクライアントが、報酬体験を自社のアプリに埋め込むためのAPIを発表しました。

IV. ブロックチェーンファンド

1. BMANとHuobiの共同創業者Du Junが4億ドルのWeb3投資ファンドを立ち上げ

6月17日、BMANとHuobi共同創業者のDu Junは、Web3エコシステムへの投資に特化した4億ドルのファンドABCDEを共同立ち上げました。

2. ベンチャーキャピタルTGV4 Plusが新たな投資ラウンドで1億4600万米ドルを調達、主にWeb3分野への投資を行う予定。

6月15日、ベンチャーキャピタルのTrue Global Ventures 4 Plus(TGV4 Plus)は、平均400万ドル以上の出資を受けた15のジェネラルパートナーが主導するTGV4 Plus Follow On Fundの新規投資ラウンドで、1億4600万ドルの調達を完了したことを発表しました。この資金の大部分は、主にTGVのポートフォリオに含まれるWeb3企業に投資される予定です。TGVはこれまでにも、エンターテインメントやゲーム、金融サービス、人工知能産業など、複数のWeb3プロジェクトに投資しています。

3. Foresight Venturesは2億ドルの暗号資産ファンドを立ち上げ

6月15日、Foresight VenturesはForesight Secondary Fund Iを立ち上げ、民間市場で流動性を求める暗号資産(SAFT)への投資に焦点を当て、2億ドルの暗号資産ファンドを立ち上げました。公式によると、暗号資産取引所Bitgetは、このファンドの最大の単一流動性供給者です。

4. Web3のベンチャーキャピタルであるIOBC Capitalが5000万ドルのファンドを立ち上げ

6月13日、Web3ベンチャーキャピタルであるIOBC Capitalは、5000万ドルの規模を持つベンチャーキャピタルファンドの第1期を正式に立ち上げると発表しました。このファンドは、Web3のインフラ層、コンポーネント層、ミドルウェア層などのトラックチャンスに焦点を当てます。IOBC Capitalは2021年に設立され、Web3インフラ分野への投資に注力し、米国やシンガポールなどにチームを置いているとされています。

先週から注目の重要イベント 

1. スマートコントラクトの不正検知プロジェクト「Forta Network」、FORT ガバナンストークンのエアドロップを開始 

6月16日、スマートコントラクトの不正検知プロジェクトであるForta NetworkがFORTガバナンストークンのエアドロップを開始し、コントラクトアドレスは0x41545f8b9472D758bB669ed8EaEEEcD7a9C4Ec29 です。

FORTネットワークは、初期の貢献者に対してトークンのエアドロップを実施します。総発行量10億FORTトークンのうち、4%がエアドロップに使用されます。エアドロップを受け取れるアドレスの総数は26,022で、これにはFortaユーザー、Forta建設者、Gnosis Safeの署名者、Fortaの貢献者が含まれます。Fortaは現在MEXCに上場しており、最大上昇率は192%を記録しました。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch