TerraステーブルコインUSTC、再ペッグ提案により1週間で80%急騰

Terra Lunaエコシステムの崩壊以来、市場ではアルゴリズムステーブルコインにネガティブな印象が残っていると言わざるを得えない状況です。10月9日、ブロックチェーンエンジニアのTobias Andersen氏は、Terraは量的引き締め(QT)を利用してステーブルコインの再資本化を行うことができると述べ、USTCの再ペッグ案をMediumに投稿しました。また、Andersen氏は、USTCはTerraコミュニティにとって強力な資産であり、元の価値である1ドルに再ペッグすることができると考えています。

USTC価格(週) MEXCより

この提案が発表されて以来、USTCの価格は過去7日間で80%急騰し、強気優勢の動きを見せています。本稿執筆時点では、USTCは0.056ドルで、24時間前と比較して約30%上昇しています。さらに、本提案では、Terraコミュニティは、ネットワーク上でより多くの企業にインセンティブを与えるため、より弾力のあるマーケットメーカー・システムを構築する必要があると述べています。

日本や多くの国で量的緩和策(QE)の導入によって経済の救済の試みが見られますが、量的緩和策だけではその可能性が限られており、USTCの再ペッグには大きなリスクがあります。Andersen氏は、Taxバーンという形での量的引き締めが、ステーブルコインの再資本化のためのより持続可能なツールになると考えています。同時にこれがMEXCがLunaのバーニングメカニズムを支持してきた理由であり、Terraコミュニティが今後再生し、共ににエコシステムを再構築できると信じています。MEXCではTerraのステーブルコイン(USTC/USDT – ここで取引)とLuna Classic(LUNC/USDT – ここで取引)を業界最安値水準の取引手数料でお取り引きいただけます!

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Blog
Articles: 632