ETHの無許可制レンディングプロトコルEuler Finance(EUL)の市場分析

I. プロジェクトの紹介

Euler Finance(EUL)は、オックスフォード大学の研究者Michael Bentleyが考案し、Euler XYZが開発した無許可制レンディングプロトコルです。

Eulerは、CompoundやAaveのような従来のレンディングプロトコルとは異なり、次のような特徴があります。

1. 無許可の上場の仕組み

Eulerはカストディアンを持たず、ユーザーは自分自身の資産を管理する必要があります。主にロングテール資産を対象とした融資プラットフォームを提供し、ユーザーは誰でも、承認プロセスなしに、プロトコル内で独自の融資マーケットプレイスを作ることができます。

2.ダイナミック金利モデル

金利定価の感度と精度を向上させることを目的とし、PIDコントローラを用いて、資金利用が目標金利を上回った場合と下回った場合の金利の変化率を増幅・抑制します。Eulerは秒を単位とし、1秒に1回の複利計算を行うが、これはブロックを単位とするCompoundやAaveとは異なります。

3.ダッチオークション清算機構

Eulerは、CompoundやAaveの固定割引清算方式ではなく、ダッチオークション形式の清算機構を採用しています。

CompoundとAaveのプロトコルでは、清算人に報いるために担保の5%~10%の割引をする仕組みになっています。この戦略の問題点の一つは、清算人が利益を得るために優先ガスオークション(PGA)に参加せざるを得ないことが多く、「採掘者抽出価値」(MEV)の問題が浮上することです。そこで問題になるのが、「MEV(Miner Extractable Value)」です。

もう一つの問題は、固定割引は大規模な清算にはコストがかかりすぎて借り手の継続的な借入を抑制し、小規模な清算にはコストがかからずインセンティブが低くなることです。 つまり、1億米ドルのポジションを清算するコストと1000ドルのポジションを清算するコストが同じでは、金融資産の効率やロングテール利用者の妨げになります。

Eulerのダッチオークション形式の清算メカニズムは、清算人の共通入札を緩和すると同時に、担保提供者の清算損失を低く抑える可能性があり、清算人がダッチオークションを行う前に担保提供者が自己清算を達成するための割引加速メカニズムを提供し、担保提供者への損失を軽減します。

そのため、Eulerは清算基準値をある程度最適化し、マイナーが過剰なMEV手数料を獲得するのを制限しています。

4.複数担保付ステーブルプール併用の清算プロトコル

EulerはLiquiyプロトコルから「ステーブルプール」モデルを借りて、複数担保付ステーブルプール併用清算プロトコルへ拡張し、貸し手が各借入市場のステーブルプールに流動性を提供することで清算をサポートできるようにします。 債務者が清算基準に達した場合、清算人は第三者のプラットフォームで資産を交換することなく、内部の流動性源を利用して直ちに清算することができ、清算人の取引コストを軽減することができます。

ii. 経済モデル

EULの初期供給量は27,182,818枚で、以下のように配分されます。

25% (6,795,704 EUL):4年間にわたり契約ユーザーに配分します。

1%(271,828EUL):Eulerのソフトローンチ期間中にEulerに資産を預けたり借りたりしたすべてのユーザー(貢献者)に配分します。

2.5% (679,570 EUL) :4年以内にセキュアプレッジプールにEULをステーキングしたユーザーに配分します。

20.54% (5,585,389 EUL):EUL保有者がDAOの形で運用、エコシステム基金プールに配分します。

26.2% (7,122,577 EUL) :投資家に18 ヶ月間でリニアにアンロックします。

20.75%(5,640,434 EUL):48ヶ月間リニアにアンロックし、Euler XYZ LtdまたはEuler Foundationの従業員およびコンサルタントに配分します。

4% (1,087,312枚 EUL):48ヶ月間リニアにアンロックし、将来のEuler XYZ LtdまたはEuler Foundationの従業員およびコンサルタントに配分します。

4年後のEULは年率2.718%のインフレになります。10年後のEULの分布は以下のとおりです。

III. 資金調達

プライマリーマーケット:2021年8月、EulerFinanceは、Lemniscap(シードラウンドの主導者)、Anthony Sassano、その他多くの金融機関の参加を得て、Paradigmが主導する800万ドルのシリーズAラウンドを完了しました。

今年に入り6月、Euler FinanceはHaun Venturesが主導し、Variant、FTX Ventures、Jump Cryptoが参加した3200万ドルの資金調達ラウンドを発表しました。 EULの第三者割当増資の費用を示す公開情報はありません。

セカンダリーマーケット:現在、EULはMEXCで上場中で、現在の価格は4.78USDT、最高価格は9.8USDTです。

IV. リスク

1. 機関投資家によるアンロック売却のことです。

2.チームや財団による資金調達の可能性があります。

3.マクロ市場の金利上昇政策により、DeFiやCeFiからの資本逃避が発生し、各貸金プラットフォームにおいて、プロトコルユーザー(借り手と貸し手)は、ある程度、清算に直面する可能性があります。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch