MEXC上場パブリックチェーンTOP10と共に振り返る2年間の強気市場

出典:MEXC Global

パブリックチェーン市場の実績

2022年、ブロックチェーンの世界ではマルチチェーン化が顕著に表れた年となりました。しかしながら、Ethereumネットはスマートコントラクトのパブリックチェーンで最大かつ最も重要なプラットフォームであることに変わりはありません。そんな中、多くのアプリケーションは、性能が基準に満たないことやガス代などのコストパフォーマンスを考えるとEthereum上で稼働することが必ずしも適しているとは言えません。新興パブリックチェーンは、このEthereumの盲点とも言える機能を、その性能とコストの優位性で取り込んで来つつあります。下記より、上位パブリックチェーンのMEXCでの価格推移を見ていただくことができます。

Footprint Analyticsによると、昨年初めに11社だったパブリックチェーンは、現在120社になり、その数は約10倍に増加しています。

パブリックチェーン数(出典:Footprint Analytics)

2020年初頭、Ethereumは96%の市場優位性を持ち、DeFi、NFT、GameFi、SocialFiの数百に及ぶ新しいDAppsは、トランザクションの混雑具合とそれに比例して高騰するガス代によってネットワーク単独で全機能を担うことが難しくなりました。

Ethereumの市場シェアが2021年末までに62%に低下したため、新興ブロックチェーンは、Ethereumエコシステムと競合するブロックチェーン、協力体制を取るブロックチェーン両者ともに2022年の暗号資産を彩るであろう大きな話題の一つになっています。

2020年~2021年のブロックチェーン別TVL市場シェア(出典:Footprint Analytics)

一方、2022年にはEthereumのシェアが62%から72%に回復しており、Ethereumの市場での優位性が証明されています。

2022年ブロックチェーン別TVL市場シェア(出典:Footprint Analytics)

パブリックチェーン展開の概要 

4つの異なるタイプからなるパブリックチェーン:

  • Layer1の技術は、パブリックチェーンを改良してパフォーマンスを向上させることでEthereumと競合しています。Layer1では、ブロックサイズやデータ構造を大きくしたり、シャーディング技術や分離証人を用いてトランザクション処理能力を向上させるソリューションが提供されます。L1には、Solana、Avalanche 、Fantom、Cardano、Algorand,、Near、Harmonyなどのパブリックチェーンが含まれます。

上記のチャートは、強気相場におけるLayer1ブロックチェーン6社の最高上昇率を示したものです。最高上昇率1位はFantom(FTM)の30024%、2位はSolanaの26872%となっています。

また、Layer1ブロックチェーンの最高益がうまく分散していることがわかります。

  – Tier 1 100倍:Fantom 30024%, Solana 26872

  – Tier 2 :  Harmony、 Avalanche、Near と Avalanche は、最大の増加幅が100倍以内

また、このグラフは6つのLayer1ブロックチェーンの最大出金額を示しており、その多くは2021年2月から5月にかけて最大出金額を記録し、6月から8月にかけて安定して反発し、平均出金期間は69日、平均出金幅は59.9%となりました。

  • サイドチェーンは、Ethereum Virtual Machine(EVM)と互換性のあるEthereum拡張で、主にネットワーク上の過剰なトラフィックに対処するために構築されたものです。BSCは、最初のETHサイドチェーンの1つです。Polygonネットワークは、2021年5月に運用開始された主要サイドチェーンのうちの1つです。

上記グラフは、BSCとPolygonの強気市場における最高上昇率を示しています。Polygon(MATIC)は最高上昇率20836%を記録し、BSCは最高上昇率4822%を記録しました。

しかし、BNBの最大引き出し率は36.9%にとどまり、強気市場において最も回復力のあるパブリックチェーンとなりました。

  • Layer2ソリューションは、オフチェーンでの部分取引(ロールアップと呼ばれる)を処理することでEthereumを補完するものです。 最も人気のあるL2プロジェクトには、ArbitrumとOptimisticがあります。ArbitrumとOptimisticはいずれも2021年後半に運用が開始されました。
  • チェーン間の相互運用性の欠如を解決するために作られたのが、Cross-chainです。そこで登場するのが、PolkadotとCosmosです。どちらのプロトコルも、そのブロックチェーン上に相互運用可能なオープンネットワークをホストするメタブロックチェーンの構築を試みています。

上記グラフから、Polkadot(DOT)は1744%という高い利回りで強気市場において高いパフォーマンスを示したのに対し、Cosmos(ATOM)は939%の上昇にとどまったことが分かります。Layer1やサイドチェーンに比べ、クロスチェーンは明らかにパフォーマンスが落ちます。その理由は、開発に時間がかかっている点とエコシステムの規模にあると言われています。

パブリックチェーンを成長させたDeFi

現在、各パブリックチェーンにおけるDeFiプロジェクトの数は、約1,300件に上ります。

DeFiのブロックチェーンへの影響(出典:Footprint Analytics)

2020年6月のDeFi Summerの後、スマートコントラクトの需要が激増し、Ethereumのガス代高騰を招きました。Compoundの流動性マイニングはDeFiそのものを吹き飛ばしてしまい、7月には食べ物にちなんだトークン・マイニングでハイリターンが得られるということで暗号資産業界全体に火をつけましたが、ハイリターンを獲得できる期間はそう長くは続きませんでした。第4四半期、DeFiは再び上昇に転じ、年末には、多くの新しいプロジェクトが運用開始されただけでなく、既存の主要プロジェクトがより活性化しました。

各パブリックチェーンのエコシステムには、DEX、イールドファーミング、レンディング、資産運用、ステーキング、マイニングなどのプロジェクトなどがあります。現時点においてそれらTVLの大部分は、DEX、レンディング、イールドファーミングで成り立っています。

DeFiの台頭が、現在のパブリックチェーンを形作ったと言っても過言ではありません。

パブリックチェーン隆盛のきっかけとしてのNFT・GameFi

2021年、2022年の暗号資産業界のトレンドとしてNFTとGameFiが挙げられ、これらに特化したパブリックチェーンも出現しました。

2020年下半期から2021年第1四半期にかけて、NFTはパブリックチェーンの最大の需要源となりました。2021年第2四半期には、NFTはDeFiを引き継ぎ、大きな取引需要をもたらす第2のアプリケーション分野となりました。著名人の参加により、NFTは波及する一方、その選別が始まり、多数の投資家やプロジェクトが相次いで出現することでNFTの取引規模は拡大の一途を辿りました。Ethereumは最初のパブリックチェーンとして、資本、開発者の数、エコシステムの規模において絶対的な優位性を持っているため、NFTプロジェクト数が最も多いチェーンとなっています。一方、他のパブリックチェーン上のNFTプロジェクトも急速に発展しています。例えば、Solanaは、2021年5月の市場低迷期にNFTの出来高を増加させ、トレンドに逆行する動きを見せました。現在ではイーサリアムに次いで2番目に大きなNFTエコシステムとなっています。

NFTのブロックチェーン別取引量(出典:Footprint Analytics)

高い利回り、操作性、流動性が求められるGameFiの分野では、それと同じくして高いパフォーマンスと取引手数料の最小化も要求されます。GameFiでは、Ethereum、BSC、Polygon、Fantomが月間アクティブゲーム数で最も人気のあるチェーン群となっています。

ブロックチェーン別月間アクティブゲーム数(出典:Footprint Analytics)
パブリックチェーン隆盛の一因となった、NFTとGameFiブーム。

各パブリックチェーンの現状

以下では、 Layer1のEthereum、Solana、Avalanche、Fantom、Algorand、Near、Harmony、Layer2のArbitrum、Optimistic、サイドチェーンのBSC、Polygon、サイドチェーンのPolkadot、Cosmosなど各分類から代表的なパブリックチェーンを分析します。

Ethereum

Ethereumは時価総額で暗号資産市場・第2位に位置し、長期的な時価総額は17%〜22%となっており、暗号資産市場全体にとって大きな意味を持ちます。2022年第1四半期のEtherum Reportのデータによると、Ethereumには4,011の安定して稼働するDAppsと7,220以上のスマートコントラクトが存在することが分かっています。

Ethereumは、高度な分散化と安全性、多くのユーザーと開発者を抱える主要パブリックチェーンです。完全なインフラ(ウォレット、予測変数、開発者ツール)、豊富なアプリケーションとネットワークの充実といったイノベーションに欠かせない要素を持ち備えたチェーンとして、ブロックチェーンアプリケーションのトレンドを常にリードしてきました。

  • (2017-2018)2015年末にEtherumがERC20規格を導入し、2017年のlCO発行による強気市場に直結した形になりました。2017年、スマートコントラクトの発行によりブロックチェーン技術の領域が拡大し、ブロックチェーンが基盤技術の主流になりました。この市場では、Etherumの市場価値が第2位にランク付けされ、他のスマートコントラクトプラットフォームやインフラ分野での評価を牽引しました。Ethereumのエコシステムでは、DAPPの数が爆発的に増え、NFT、GameFi、フォークコインの価格が上昇するケースが顕著に増加しました。
  • (2020年〜2021年)暗号資産の時価総額は3兆ドルに達し、イーサネットの取引高は3.6兆ドルを突破しました。Etherumの市場価値におけるシェアは、2021年初頭の11%から約20%に上昇し、この期間市場ではEtherumのエコシステム内において、DeFi(DEX、AMM、流動性マイニング、担保ローン)、NFT、meme、GameFi、Metaverseなどが市場で見受けられました。
  • (2020年〜2021年)暗号資産市場という枠組みの中では、NFTとDeFiがEtherumの注目株として存在しています。 この暗号資産市場の再構築が、パブリックチェーン市場の全体的な上昇を促進しました。

上記のプロセスにおいて、Etherumエコシステムの各プロジェクトは、弱気市場において投資家から選別されていき、10%〜20%のプロジェクトだけが生き残り、次の転換期に重要な優良プロジェクトや共通インフラへと成長します。

マルチチェーンの流れに伴い、レイヤー2拡張ソリューションの台頭により、Etherumネットワーク上のTVLのシェアは希薄化しました。新しいパブリックチェーンが開発者、ユーザー、アプリケーションをEtherumから逸らし続ける中、Etherum自体はEIP-1559のアップグレードによりGASのボラティリティとETHの付加率を低下させています。

EtherumTVL(出典:Footprint Analytics)

Solana

SolanaプロトコルのメインネットBetaは2020年3月に運用が開始されました。今日現在、Solanaチェーンには2700近くのプロジェクトがあり、DeFi、ウォレット、NFT、インフラ、分散型ゲームなど8つの主要分野と、ステーブルコイン、DEX、先物など15の分野を網羅しています。

Solana TVL(出典:Footprint Analytics)

Solanaは、プロジェクトツールや取引市場など、比較的完成度の高いNFTエコシステムを展開しています。特筆すべきは、これまでEthereumしかサポートしていなかったOpenseaが、昨年4月からSolanaのサポートを開始したことです。

SolanaNFTトレーダー(出典:Dune Analytics)

Solanaのネットワーク手数料は比較的低いため、dAPPや利用率の増加、手数料の増加などがない限り、キャッシュフローベースの評価モデルをサポートすることはできないかもしれません。BNBチェーンと同様、Solanaのネットワークは中央集権的です。

昨年から今年にかけて、Solanaは複数回のクラッシュを経験し、最長で30時間以上継続したこともありました。このような事故が続くと、Solanaの革新的な仕組みは「ペンローズの三角形(不可能図形の一種)」を解決するものではなく、「安全」を犠牲にして「効率」を確保しただけなのではないかという疑念を拭いきれません。

Web2と比較して、Web3では中央集権化によるセキュリティの問題が注目されています。

Avalanche

Avalancheは2021年に最も注目されたパブリックチェーンの一つです。TVLは2021年の最高上昇率を記録した銘柄の一つであり、そのTVLは全パブリックチェーンの中で4位にランクされています。Avalanche財団は8月18日にAvalanche Rushを開始しました。これは、Avalancheエコシステムの4つの主要分野(Defi、エンタープライズアプリケーション、NFT、カルチャーアプリケーション)に使われる1億8000万ドルの流動性マイニングインセンティブプログラムで、Avalanche初の価格高騰を牽引しました。それ以来、このプロジェクトのインセンティブメカニズムは強化されています。

AvalancheTVL(出典:Footprint Analytics)

Avalancheは、数千のトランザクションを確認するEthereum dAppsの開発をサポートしています。トランザクションの速度は、市場の他のブロックチェーンプラットフォームよりもはるかに速く処理することが可能です。これは、ネットワークのコンポーネント、仮想マシン、EthereumのRPCコールなどの組み合わせによるものです。この速度により、ユーザーにとって全体的にはるかに優れた体験が可能になります。

AvalancheのTVLとブロックチェーン上のトークンが急速に成長したことで、根本的な強みであるセキュリティが見落とされがちになりました。EthereumのProof of Workはより長い検証期間を経てその信頼を積み重ねてきましたが、Proof of Stakeを持つ他のスマートコントラクトはまだ新しく、今後検証にはまだまだ時間が必要です。

Fantom

SolanaとAvalancheに続き、FantomはDeFi愛好家の間で人気を博しました。分散型取引、融資、デジタル収集品に焦点を当てたプロジェクトを含め、このネットワーク上に構築された200以上のプロジェクトが、ネットワークの成長に貢献しています。

現在、DeFiとNFTの両方で最も利用されているブロックチェーンはEtherumですが、FantomはEVMとの互換性を提供する最も有望なスケーラブルな Layer1プラットフォームの1つとして位置付けられています。Fantomのトランザクション速度は、DAG技術により最大で毎秒30万トランザクションを実現しています。

Fantomネットワークは、Curve FinanceやSushiSwapといったEtherum系DEXを含む、最も人気のある優良DeFiプロトコルのいくつかを提供しています。

Fantom TVL(出典:Footprint Analytics)

Fantomのパフォーマンスそのものは良好と言えますが、Fantomにはあまり新しいプロジェクトがありません。 どんなプロジェクト・エコシステムでも、成長を続けるためには、常に最新の新規プロジェクトの流入が必要です。

Fantomにはそれが50件程度しかなく、成熟した主要パブリックチェーンとしては比較的少ないと言えます。その結果、Fantomは比較的グローバル性が低く、牽引される要素が少なく、信用性が不十分であると言わざるを得ない状況です。それは同時に、TVLに影響を与えるDeFiプロトコルを引き寄せるには、分散化が十分ではないことを意味します。Fantomはバリデーターノードを追加する必要があります。

Algorand(アルゴランド)

Algorandは、スケーラビリティ、セキュリティ、真の分散化を達成する可能性を秘めた、初めて公に承認されたPure PoSブロックチェーンプロトコルです。Algorandプラットフォームのパフォーマンスは、セキュリティや分散化を損なうことなく、主要グローバル決済ネットワークのスループットと同等の5秒未満のレイテンシで1秒当たり1000トランザクション(TPS)を超えています。

Algorandは、AMM DEXs、Lending、Stablecoin、NFTなど、そのエコシステムのために基本的なDeFiツールを集めています。実際、AlgorandのDeFiエコシステムは、SolanaやAvalancheといった他のエコシステムほど発展していません。

Algorand TVL(出典:Footprint Analytics)

AlgorandのDeFiエコシステムは、まだ開発の初期段階にあることがよくわかります。AMM DEXやLendingのような基本的なレイヤーは開発されていますが、DeFiがブームになるにはまだまだ不十分であると言えます。

Near and Harmony

Ethereumのスケーラビリティの課題を考慮し、HarmonyとNearプロトコルは共にベースレイヤーの決済ワークロードを軽減するためにシャーディング技術を実装しています。Harmonyはシャードサイズを250ノードとするRandom Stateシャーディングを、Near protocolはNightshadeシャーディングを採用しています。前者はスケーラビリティを確保するだけでなく、シングルシャードアタックを防ぐことでセキュリティ面への対策もしっかりなされています。一方、NearプロトコルのNightshadeシャーディングは、全シャードのトランザクションを1ブロックにまとめて決済することを最優先課題としています。 

HarmonyのDeFiプロジェクトは、DEXのカテゴリに集中しており、レンディング、イールドファーミングなどはまだ比較的未開発の分野として留まっています。

HarmonyTVL(出典:Footprint Analytics)

Near protocolは、そのスケーラビリティソリューションに加えて、ERC-20トークンとsolidityスマートコントラクトをサポートするパーミッションレスブリッジを特徴としています。Ethereumブロックチェーンで構築されたプロジェクトは、Near protocolブロックチェーンと簡単に統合し、他のオープンなWebアプリケーションにアクセスすることができます。

Near TVL (出典:Footprint Analytics)

Arbitrium と Optimisim

2021年に運用が開始されたArbitrumとOptimisimは、EthereumのLayer2ネットワークで、運用開始以来、暗号資産ユーザーと開発者から大きな注目を集めています。Footprint Analyticsによると、Arbitrumは7月24日現在、全Layer2 TVLの53.41%、総額23億ドルに貢献しているとのことです。OptimismはLayer2 TVLの2位で、市場シェアは20.78%、7月24日現在で総額9億600万ドルとなっています。

Layer2プロトコルの市場占有率(出典:Footprint Analytics)

Arbitrumの稼働中のプロジェクトは44件と少なく、大きな規模感はありません。その中でもDeFiカテゴリは、DEX、レンディング、アセットカテゴリで占められています。

Arbitrum TVL(出典:Footprint Analytics)

Arbitrumは、Optimistic Rollupスケーリングソリューションを採用しており、高いスループットを実現し、開発者が信頼できるセキュリティを維持しながら、低コストでスマートコントラクトを導入・運用することができます。Arbitrumは独自の仮想マシンArbitrum Virtual Machineを持っており、EVMへの依存を低減しています。

Arbitrumが直面している2つの課題として1.  潜在的な詐欺の課題によるオンチェーン取引の長い待ち時間、2.Arbitrumで資金の安全性が損なわれる可能性がある方法はほとんどないこと 。その上、Arbitrumは現在暗号資産自体を運用しているわけではなく、まだ初期段階であり、今後もエコシステムを充実させ、より多くの開発者や投資家を惹きつけると予想しています。

Optimismでは、すべてのトランザクションはEVMを通じて処理されます。これは、Optimismが現在、EVMと同等の役割を果たすために、新しい詐欺防止検証モデルに向けて取り組んでいる理由を説明しています。

Optimismのエコシステムは、Synthetixエコシステムを中心に20以上のdAppsで構成されています。OptimismのDeFiプロジェクトの種類を見ると、ほとんどすべてのTVLがDEXで占められており、明らかにバラエティに欠けています。

OptimismTVL(出典:Footprint Analytics)

Optimismの開発が遅れている背景には、以下のような理由があります。

  • Optimismは100%EVM未対応:

Optimismは、オフチェーンのEVM互換命令を受け入れて実行できるOVM(Optimistic Virtual Machine)を介してオンチェーンのスマートコントラクトを実装したいため、OVMバイトコードを1つずつEVMにマッピングできることを保証しています。ただし、このマッピングは20バイトコード程度にとどまる可能性があり、Optimismが100%EVMに対応するわけではなく、開発コストも若干高くなります。

  • Optimismのホワイトリストによる起動の仕組み:

Optimismがホワイトリストを使用する主な理由は、新しい詐欺防止システムを作りたいからですが、それは簡単な作業ではなく、多くの時間と経験を必要とします。

  • 現在の暗号資産コミュニティの「アンチVC」文化:

Optimismの成長は、Paradigmやa16zといった著名なVCによって支えられてきた。Arbiturmと比較すると、後者はより草の根的であると考えられています。

Binance Smart Chain

BSCは2020年9月に正式にローンチしました。2021年第2四半期にBSCのTVLが150億ドルを超えた直後、BNBとその派生商品であるCAKEやXVSなどの価格が急上昇したため、10日間でTVLが2倍以上の350億ドルになりました。

5.19の暗号資産市場の暴落後、BSCはハッカーにとって最も活発な攻撃プラットフォームとなり、6回の攻撃が立て続けに発生した。フラッシュローンが主な攻撃方法であり、損失額は概して大きく、トークン価格に短期的に大きな影響を及ぼした。2億ドルのVenus清算や4500万ドルのPancakeBunnyフラッシュローン攻撃など、一連のネガティブな出来事で市場に悲観ムードが強まり、過去最高値によって生じた強気ムードはすぐに消え去りました。セキュリティの脆弱性をついた攻撃の増加によりユーザーの信頼が失われ、トークン価格とTVLが急落したのです。2021年3月から2021年9月まで、TVLの平均市場シェアは15%前後で推移しています。

BSC TVL(出典:Footprint Analytics)

BSCチェーンのメリットは、ユーザー数が多く、Binanceの資本・技術などのサポートが受けられることです。デメリットは、ネットワークの中央集権化が進んでおり、エコシステムがEthereumの開発者コミュニティに大きく依存していることです。

Polygon

2021年4月〜5月に爆発的に普及したPolygonもEVMに対応しています。Polygonは、Ethereumブロックチェーンネットワークの上に存在するサイドチェーンセカンダリーネットワークです。Polygonは2021年4月末に1億5000万ドルの流動性マイニングインセンティブプランを開始し、その中でEthereum DeFiプロトコルAaveのリーディングカンパニーに直接導入し、TVLは2ヶ月で最大68倍まで上昇しました。

PolygonTVL (出典:Footprint Analytics)

Polygonは様々なスケーリングソリューションに取り組んでおり、Ethereumネットワークに焦点を当てています。このプラットフォームの高速性と低い取引コストの組み合わせは、ますます多くの開発者を惹きつけています。こうしたことから、Aave、Curve、Sushiswapなど、Ethereum上の多くのプロジェクトがPolygonに配置され、着実に成長を続けているのです。しかし、Ethereumのサイドチェーンとしては、やはりノードの中央集権性が高いことが問題です。数兆円以上の資本をどう負担するかは、Web3上での最大の関心事と言えます。

Polygon TVL(出典:Footprint Analytics)

一方、Polygonのネットワークは、Ethereumよりも安全性が低く、中央集権的です。そのため資産が失われる可能性が出てきます。スピードを重視するため、抑制と均衡が上手く取れていません。その上、2021年12月、 Polygonネットワークは何のニュースも警告もなく、全く予告なしにプロジェクトのハードフォークを実施しました。一連のPolygonブロックチェーンの突然のハードフォークは、Polygonが無視できない規模の暗号資産の一つであるため、懸念を引き起こす自体となりました。

PolkadotとCosmos

CosmosとPolkadotの両プロトコルは、その上に相互運用可能なブロックチェーンのオープンネットワークをホストするメタブロックチェーンを構築しようとするものです。CosmosとPolkadotの決定的な違いは、その設計アーキテクチャにおいて1つの中央ハブではなく、複数存在することです。

Cosmosには、Hub、Zone、IBCという3つの重要な要素があります。

  • Hub:基本的に公式に維持されているリレーチェーンで、クロスチェーンメッセージのトラストセンターとして機能します。
  • Zone: Cosmosネットワークに参加するさまざまなLiskの種類
  • IBC(Inter-Blockchain Communication Protocol):ブロックチェーン間通信プロトコル。Inter-Blockchain Communication Protocol(ブロックチェーン間通信プロトコル

Cosmosの主要プロダクトは、Tendermintコンセンサスメカニズム、Cosmos SDK、クロスチェーンIBCプロトコルとなります。プロジェクトが上記3つのカテゴリのいずれかを採用している限り、Cosmosエコロジープロジェクトとして分類されます。現在、Cosmosエコシステムの繁栄と実装は、Ethereumエコシステムの直系として位置付けられています。現在までに、Cosmosには260を超えるDappsが存在します。

Cosmosエコシステムは、Ethereumとは異なり、状態や取引の転送を促進する単一のブロックチェーンではなく、共有のCosmos SDKツールキットを使用して構築されたチェーンの分散型ネットワークです。Cosmos SDKでは、新規開発者が新しいブロックチェーンを設計する際に、特定のニーズに基づいて、あらかじめ構築されたモジュールの中から選択することができるようになっています。

インターチェーンセキュリティは、IBC(Inter-Blockchain Communication)を使用する共有セキュリティに対するCosmosのソリューションです。CosmosとPolkadotのもう一つの違いは独立したセキュリティで、それぞれのチェーンが維持・検証され、チェーンは自由に接続されます。ただし、この方法ではセキュリティを保証することはできません。

Cosmosは、2022年に共有セキュリティを開始することを目標としています。共有バリデーターでZoneとHubを繋ぎます。HubとZoneをCommunity of Interestにすることで、Zoneのセキュリティを向上させ、ネットワーク全体のセキュリティを向上させます。

CosmosTVL(出典:Footprint Analytics)

Polkadotは、よりパーソナライズされたブロックチェーン、チェーン間の相互運用性とアップグレード、チェーンのセルフガバナンスを可能にすることで、スケーラビリティ、スピード、コストの問題を解決しようとするものです。

Polkadotは、主に3つのネットワークインフラを備えています。

  • リレーチェーン:Polkadotのマスターチェーンと呼ばれ、ネットワーク共有のセキュリティ、コンセンサス、チェーン間の相互運用性を担当し、100個のスロットを持つプラグコンセントと考えることができます。
  • パラチェーン:データ操作や取引情報を処理するもので、コンセントに接続された別の電化製品と考えることができます。これらはブロックチェーンの拡張を可能にし、ブロックチェーンの性能問題を解決します。
  • ブリッジ:これらは、パラチェーンやパラスレッドがEthereumやBitcoinなどの外部ネットワークと接続し、通信することを可能にします。

Kusamaは、Polkadotが本稼働する前のカナリアネットワーク、つまりテストネットワークとして知られています。これは、Polkadotの初期の未監査・未承認バージョンのようなものです。Polkadotをテストするために導入され、実際のPolkadotの環境に近づけ、Polkadotネットワークの安全性を確保するためのものです。

Polkaprojectの統計によると、現在、インフラ、ウォレット、ステーブルコイン、DAppsなどのカテゴリで510以上のプロジェクトがあります。プロジェクトにとって、Polkadotのネットワーク上で開発することは好ましいことではないかもしれません。ネットワークアーキテクチャの利点、特にPolkadotのネットワークの堅牢性を享受するためには、パラチェーンがリレーチェーンに接続する必要があるため、どのパラチェーンがどの順番で接続できるかを決定する方法が必要なのです。パラチェーン枠を確保したいプロジェクトは、分散型オークションでKSM/DOTトークンを入札することでオークションに参加できます。

Kusama TVL(出典:Footprint Analytics)

DOTの価格上昇の主な理由は、スロットオークションのためのロックアップで、一方ATOMの価格上昇の主な理由は、報酬を得るためのステーキングにあります。しかし、PolkadotとCosmosは、共通チェーンの技術的な難しさと着地の遅さ、Ethereumに接続するための別のブリッジを構築する必要があるため、強気相場の恩恵を受けられませんでした。

概要

今回の強気相場では、パブリックチェーンはDeFiとNFTアプリケーション人気とEthereumの処理能力の不足から恩恵を受け、新しいアプリケーションに必要なパフォーマンスサポートと資金サポートを提供できる人は、急速に成長することが予想されます。

異なるパブリックチェーンでは、差し迫ったWeb3.0の問題を解決することを目的としており、その比較的低い開発コストは、多くのパブリックチェーンを持つことを可能にしています。しかし、このような細分化は、開発者やユーザーに新たな課題をもたらし、相互運用性のソリューションの必要性も生み出しています。

注:この記事はMEXCコミュニティによって書かれたものです。この記事は、MEXCの意見を代表するものではなく、投資アドバイスを構成するものでもありません。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱えるデジタル資産取引のプラットフォームであり、現物、信用、レバレッジETF、無期限先物取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報をTwitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

Twitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch