プロジェクトギャラクシー(GAL)、Web3における信用情報データ・ネットワークの投資市場調査分析

背景:Project Galaxy(以下、GAL)はBinanceから出資を受けており、ローンチパッドも提供されています。一方、GALトークンはMEXCで早々に上場し、取引市場で購入できるようになりました。台湾出身の歌手、Annie YiもGALについてTwitterでリツイート、拡散しています。(下記参照)

この記事では、STEPNのブームが記憶に新しい中、暗号資産界隈で話題になっているプロジェクトを分析、紹介するものです。

Source: Annie Yiのソーシャルメディアキャプチャー

プロジェクトの紹介

Project Galaxy(以下、GAL)は、オープンで協働的な通信基盤からなる、Web3における信用情報データ・ネットワークです。開発者とプロジェクトがWeb3上でデジタル・信用情報を介してより優れた製品とコミュニティを構築するのに役立ちます。

一般的に、GALは分散型のデータプラットフォームであり、オンチェーンおよびオフチェーンの複数のデータソースを分析および管理し、DEX取引、DeFiマイニング、NFT購入などの信用情報、多様な開発者/ユーザー専用のNFTにおける信用情報を生み出すことが可能となります。

開発者/ユーザーは、NFTに関する信用情報を介して、Web3上でその他のプロジェクトに対応するアクティビティに参加することができます。多くのプロジェクトでは、これらの信用情報を介してユーザーの興味を引くことも可能です。

Web2では、データ・アイランドが原因で不具合が起きた際に、異なる第三者のアカウントを使用してアプリまたはウェブに登録/ログインすることがあります。

GALは、統一されたGalaxy ID(分散型IDシステム)を構築し、個々の信用情報を接続して信用情報のデータ・ネットワークを作成することができます。ユーザーがウォレットを公式ウェブサイトに接続すると、Galaxy IDを生成できます。これにより、ユーザーの過去の行動に応じて、「Uniswap V3 Trader」、「OpenseaTrader」などのラベルが自動的に表示されます。

 Galaxy IDを使用することで、ユーザーは自分のIDを権限のある機関にコントロールされるのではなく、自ら認証と承認を行うことが可能になります。

トークンエコノミー

総供給量2億枚の$GAL のうち、割り当て比率は下記の通りです。

-1.5%:完全にロック解除されたTGEのBinanceローンチプールに使用されます。

-4.5%:完全にロック解除されたTGEエコシステムに使用されます。

-2%:完全にロック解除されたTGEの早期利用者への報酬に使用されます。

-5%:CoinListでのパブリックセールに使用され、TGEから12か月の均等なロック解除に毎週使用されます。

-10.63%:プロジェクトサポーターラウンド 1、TGEで3か月間のロックアップがあり、その後3年間四半期ごとに均等にロック解除に使用されます。

-10.14%:プロジェクトサポーターラウンド 2に使用されます。またそのうちの12%がTGEでロック解除され、その後3年間均等に四半期ごとのロック解除が行われます。

-6.23%:投資家とパートナーに配布されます。またそのうち12%がTGEでロック解除され、その後3年間均等に四半期ごとのロック解除が行われます。

-15%:マーケティングに使用され、そのうちの20%はTGEでロック解除されます。その後3年間均等に四半期ごとのロック解除が行われます。

-10%:財団に配布され、そのうちの18%がTGEでロック解除されます。その後4年間均等に四半期ごとのロック解除が行われます。

-15%:チームに割り当てられます。TGEでは3か月間のロックアップがあり、その後6年間均等に四半期ごとのロック解除が行われます。

-20%:コミュニティ運用資金として配布されます。そのうちの12%はTGEでロック解除され、その後5年間均等に四半期ごとのロック解除が行われます。

プロジェクトの背景

資金調達:Project Galaxy(以下、GAL)は、MulticoinCapitalとDragonflyCapitalが主導する資金調達ラウンドで1,000万ドルを調達しました。資金調達ラウンドには、Spartan Group、Sky9 Capital、Coinbase Ventures、C-Squared Ventures、Lattice Capital、Mirana Ventures、Folius Ventures、Solana Ventures、Jump Capital、AlamedaResearchなどが参加しました。

チーム:GALの共同創設者兼プロジェクトリーダーであるHarryZhangは、かつてClub Factory(当時インドで3番目に大きいeコマースプラットフォーム)のデータ製品リーダーを務めた経歴があります。

Harryは、LinoNetworkの共同創設者兼COOを務め、ブロックチェーン業界でDLive.tvの共同創設者も務めています。彼はかつてチームを率いており、月間1,000万人以上のアクティブユーザーにサービスを提供する製品を構築していました。

CharlesWAYNは、GALの共同創設者兼戦略ディレクターであり、DLive.tvの共同創設者兼CEOでした。 2019年にDLiveがBitTorrentと合併した後、CharlesはBitTorrent Interactive Entertainmentの副社長になり、DLive.tv、DLiveProtocol、TwoAppなどのいくつかのストリーミングビジネスを管理した経歴を持っています。

ユーティリティ

GALトークンは、Project Galaxy(以下、GAL)エコシステム内の支払いでの利用、およびガバナンストークンとして機能します。

ユーティリティ:

  1. コミュニティガバナンス:GAIトークン保有者は、GalaxyDAOプロジェクトの投票とガバナンスに参加する資格を有します。またプラットホームによって請求される料金、コミュニティ運営の資金等を管理することができます。
  2. 支払い:Galaxy上での信用情報とアプリケーション機能を利用する際に、開発事業者は、プラットフォーム料金をGALトークンで支払う必要があります。要するに、開発事業者は、GalaxyOracleEngineおよびGalaxy上のAPIを介してユーザーの信用情報に関する開示請求をする際に、その代金としてGALトークンでの支払いが必要になります。
  3. デジタル上の信用情報の選別

リスクとビジネスモデルに関する分析

Project Galaxy(以下、GAL)の主なリスクは、主要投資家、アドバイザー、および機関のロック解除と撤退にあると言えます。ビジネスモデルに関しては、GALは原則としてデータサービスを提供します。 Web2からWeb3への移行が加速しているため、ユーザーが生成するオンチェーンデータは急成長しています。 

GALは、ユーザーが重要なデジタル上の信用情報を確立できるようにすることで、Web3におけるDIDシステムを構築することが期待されています。マルチチェーンIDをユーザーに提供するだけではなく、過去の自身の実績/証明を通じて他のユーザーに自分自身についてもっと知ってもらうことができます。

依然としてWeb3はインフラストラクチャーを構築している段階にあります。ユーザーの規模とアプリケーションシナリオがGALのビジネスモデルの要件を満たすことができるかどうかは、今後実際に市場で試行されていく必要があります。

一方でGALの2Bシナリオは、2Cシナリオよりもはるかに重要となります。つまりこれはGALがバックエンドユーザーにとってより有益なものであると言えるでしょう。

関連リンク

公式サイト:https://galaxy.eco/

ツイッター:https://twitter.com/ProjectGalaxyHQ

Discord:https://discord.com/invite/projectgalaxy

Telegram:https://t.me/ProjectGalaxyHQ

ブログ:https://blog.galaxy.eco/

GAL先物アドレス:

ERC-20:0x5fAa989Af96Af85384b8a938c2EdE4A7378D9875

BEP-20:0xe4Cc45Bb5DBDA06dB6183E8bf016569f40497Aa5

注:この情報は共有のみを目的としており、投資アドバイスではありません。市場でのリスクにご注意くださいますよう何卒よろしくお願いします。

MEXCについて:

MEXCはワンストップ暗号資産サービスのプラットフォームであり、現物、証拠金、ETF、先物取引、ステーキングなどのさまざまな商品やサービスを提供しています。 MEXCは現在、インターネット上で暗号資産の数が最も多いプラットフォームであり、新しいプロジェクトを順次迅速に立ち上げています。現在、現物取引は1200種類以上の暗号資産を取り扱っており、レバレッジETFおよび先物商品は約200種類がご利用いただけます。このプロジェクトは、Ethereum、Polkadot、Solana、Avalancheプロトコル、Fantom、その他のパブリックチェーンプロジェクト、NFT、Metaverse、GameFi、DeFi、Layer2、DAOなどの暗号資産のすべての領域を対象としています。 詳しい内容は、こちらのMEXC公式ウェブサイトをご覧ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch