【5/16-5/20】MEXC週刊・暗号資産速報

MEXC リサーチによると2022年5月16日から20日までの時点で、暗号資産市場内で17の主要な公的資金調達ラウンドがあり、総資金調達額は7億6,850万ドルに達した。メタバース、NFT、GameFi分野では1億50万ドル、DeFiおよびWeb3分野で1億700万ドル、またインフラ分野では5億6100万ドルの資金調達を完了した。

今週注目すべき重要なイベントとして、Terra Revival Plan、およびOptimismによる新しい分散型ロールアップの導入が含まれる。

Ⅰ.メタバース・NFT・GameFi 

1.デジタルアートグループのUnicornDAO、資金調達ラウンドで450万ドルを調達

5月20日、デジタルアートグループのUnicornDAOは、World of Women and Moonbirds NFTシリーズ、MoonPay、Polygon、Yuga Labsなどが参加した資金調達ラウンドで450万ドルを調達した。この資金は、DAOを促進し、初期の投資家に取締役会の議席を提供するために使用される。

このプロジェクトは、ロシアのアートグループであるPussy RiotのNadya Tolokonnikova氏が主導し、女性とLGBTQNFTクリエイターに社会的地位を与えることを目的としている。

2.ブロックチェーンゲームスタジオAzraGames、a16z主導のシード資金調達ラウンドで1500万ドルを調達

5月19日、P2EゲームスタジオのAzra Gamesは、a16z主導のシード資金調達ラウンドで1500万ドルを調達した(暗号資産ファンドと最新の6億ドルのゲームファンドを介して)。この資金は、24人のメンバーからなる現在のチームの拡大及びゲーム製品に焦点を合わせ、ブランド開発および構築するために使用される。同社は、ゲーミフィケーション機能を備えた最初のPFPゲームを数か月以内に発売する予定。

3.ゲーミングクリッププラットフォームFreshCut、GalaxyInteractive主導の資金調達ラウンドで1500万ドルを調達

5月18日、ゲームクリッププラットフォームFreshCut、Galaxy Interactive、Animoca Brands、RepublicCrypto主導の資金調達ラウンドで1500万ドルを調達した。このラウンドには、Hashed、SkyVision Capital、Tamarack Global、C2X、Polygon、Twitchの共同創設者であるKevinLin氏らが参加した。この資金は、製品の開発、クリエイターの獲得、メンバーシッププランの強化、プラットフォームの拡張に使用される。

4.ブロックチェーンゲーム開発者兼、発行者のN3TWORKStudios、GriffinGamingPartners主導のシリーズAラウンドで4600万ドルを調達

5月18日、ブロックチェーンゲームの開発者兼、発行者のN3TWORK Studiosは、GriffinGamingPartnersが主導するシリーズAラウンドで4600万ドルを調達した。このラウンドには、Kleiner Perkins、Galaxy Interactive、KIP、Floodgate、LLL Capital、およびN3TWORKが参加した。この資金は、スタジオからの最初の2つのWeb3ゲーム、[Legendary:HeroesUnchained]と[Triumph]をさらに開発して公開するために使用される。

5.ファントークンプラットフォームFanhouse、a16z主導するシリーズAラウンドで2,000万ドルを調達

5月18日、ファントークンプラットフォームであるFanhouseは、a16zが主導するシリーズAの資金調達で2,000万ドルを調達した。 Fanhouseを使用すると、クリエイターはソーシャルメディアを使用し、ライフストーリーを投稿し、収入を得ることが可能になる。 Fanhouseのクリエイターの現在の総収入は約1,000万ドル。プラットフォームのクリエイターには、音楽バンド— The Chainsmokers氏(プラットフォームのシード資金調達ラウンドの投資家でもある)、チェスのKOL Andrea Botez氏、俳優のYoshiSudarso氏らが含まれる。

II.DeFi&Web 3

1.Web3情報基盤プロバイダーNodeReal、Sky9Capital主導のシリーズAラウンドで1600万ドルを調達

5月20日、ワンストップWeb3情報基盤プロバイダーであるNodeRealは、Sky9Capital主導のシリーズAラウンドで1600万ドルを調達した。 NodeRealは、シンガポールに本社を置くブロックチェーンおよびWeb3テクノロジーの新興企業。 NodeRealは、革新的なWeb3アプリケーションと大規模なWeb2アプリケーション向けのスケーラブルなソリューションを使用し、開発者がブロックチェーンに権限を与えることができるようにすることを目的としている。

2.Web3メディア会社のTallyLabs、a16zCrypto主導の資金調達ラウンドで1200万ドルを調達

5月18日、Web3メディア企業のTally Labsは、a16z Crypto、Sterling VC、Dapper Ventures、DapperVenturesのCEOであるRohamGharegozlou氏、Odell Beckham Jr氏、AllysonFelix氏らが主導するシード資金調達ラウンドで1200万ドルを調達した。この基金は、NFTプロジェクトであるJenkins the Valetの知的財産と商業化をより幅広いエンターテインメントメディアに拡大し、新たな6つの米国内の掲載先とリモートワークでの支援に使用される。

3.Web3アクセラレーターSeedClub、1億5000万ドルの評価で1500万ドルの資金調達ラウンドを終了

5月18日、Web3アクセラレーターSeed Clubは、Multicoin Capital、Union Square Ventures、Placeholder Ventures、Blockchain Capital、10人の個人が参加した資金調達ラウンドで1500万ドルを調達した。ラウンドは、100万のCLUBトークン(トークンの総供給量の10%)を1500万のUSDCと交換することで完了し、シードクラブの評価額は約11億5000万ドル。このラウンドは、世界を急速に変えることのできるWeb3コミュニティを開始するために、優秀な人材を集めることを目的としている。協力者に対するシードクラブの取り組みを強化し、シードクラブコミュニティの新世代の世界クラスの投資家や開発者を巻き込むことが可能になる。

4. Web3情報基盤Coinshift、TigerGlobal主導のシリーズAラウンドで1500万ドルを調達

5月17日、Web3インフラストラクチャのスタートアップであるCoinshiftは、TigerGlobalが主導するシリーズAラウンドで1500万ドルを調達した。このラウンドには、Sequoia Capital(インド)、Alameda Ventures、Spartan Group、Ethereal Ventures、PolygonStudiosなどが参加。 Coinshiftは現在、イーサリアムとポリゴンの財務管理プラットフォームを提供している。これは、マルチシグニチャのスマートコントラクトプラットフォームであるGnosis Safeに基づいて構築されており、暗号資産サポーターへの大規模な支払い用途に役立てることができる。

5. Web3ソーシャルグラフプロトコルCyber​​Connectは、AnimocaBrands主導のシリーズAラウンドで1500万ドルを調達

5月17日、Web3ソーシャルグラフプロトコルCyber​​Connectは、AnimocaBrandsとSky9Capitalが共同で主導するシリーズAラウンドで1500万ドルを調達した。 Cyber​​Connectはこの資金を使用して、プロトコルの構築を継続し、チームを拡大、新しいWeb3プロジェクトを開始する。 Cyber​​Connectは、Web3dapp間のユーザーデータの相互運用性を作成することを目的としている。

6.Web3情報基盤サービスプロバイダーGustoCollective、AnimocaBrandsとGawCapitalが共同で主導するSeedPlus資金調達ラウンドで1,000万ドルを調達

5月17日、テクノロジーサービスプロバイダーのGusto Collectiveは、AnimocaBrandsとGawCapitalが共同で主導するSeedPlusの資金調達ラウンドで1,000万ドルを調達した。この資金は、1)アジアの他の地域への地理的拡大におけるGustoCollectiveの成長サポート。 2)Web3サービス、メタバース、および製品開発。 Gusto Collectiveは、Web3マーケティングサービス、ARエクスペリエンスプラットフォーム、メタヒューマン作成プラットフォーム、充実したマーケティングサービスに重点を置いている。資金調達ラウンドが終了した後GustoCollectiveは2020年以来、資金2300万ドルを累積している。

7. Web3インタラクティブメディア企業Metatheory、a16z主導のシリーズAラウンドで2400万ドルを調達

5月17日、Twitchの共同創設者Kevin Lin氏によって設立されたWeb3インタラクティブメディア会社Metatheoryは、a16zが主導するシリーズAラウンドで2400万ドルを調達した。 Metatheoryは2021年の第3四半期に開始され、ゲーム自体を超えたフランチャイズIPの構築に重点を置いてWeb3ゲームと仮想世界を構築することを目的としている。 Metatheoryは今年、NFT、ゲーム、コンテンツをリリース( 2022年の第4四半期の無料ゲームとP2Eシステム)

Ⅲ.情報基盤(インフラストラクチャー)

1.暗号資産ウォレットサービスプロバイダーCoins.ph、RibbitCapital主導のシリーズCの資金調達ラウンドで3000万ドルを調達

5月19日、暗号資産ウォレットサービスプロバイダーCoins.phは、CRabbitCapital主導のシリーズC資金調達ラウンドで3000万ドルを調達した。このファンドは、Web3エコシステムと東南アジア市場での拡大に使用される。 Coins.phには1600万ドル以上のユーザーがおり、暗号資産、e-ウォレット、支払いまたは交換サービスを提供している。 Coins.phは、フィリピン中央銀行のBangko Sentral ng Pilipinasによって規制されており、中央銀行の暗号資産とデジタル通貨の発行ライセンスの両方を保有する最初のブロックチェーン企業である。

2.暗号資産のスタートアッププロジェクトKaJLabs、シード資金調達ラウンドで4億ドルを調達

5月18日、暗号通貨のスタートアッププロジェクトKaJ Labsは、LITHOトークンを販売することにより、シード資金調達ラウンドで4億ドルを調達した。このラウンドはGEMDigitalが主導し、2022年に2番目に大きなシード資金調達ラウンド。この資金はLithosphere(LITHO)の開発と利用に使用される。LithosphereのKaJLabsの傘下にあるブロックチェーンプラットフォームは、AI、ディープニューラルネットワーク(DNN)、その他の技術を駆使し、アプリケーションのクロスチェーン相互運用性を実現する。

3.スマートコントラクトセキュリティ会社のCertora、JumpCrypto主導のシリーズBの資金調達ラウンドで3600万ドルを調達

5月17日、イスラエルのスマートコントラクトセキュリティ会社Certoraは、JumpCryptoが主導するシリーズBの資金調達ラウンドで3600万ドルを調達した。 Certoraは、テルアビブ大学のコンピューターサイエンス学部長であり、フォーマル検証のパイオニアでもあるShmuelSagiv氏が率いるプロジェクトで現在、Certoraチームには65人が在籍している。 Certoraを使用すると、スマートコントラクトの開発者は、監査後のコードを展開する前に間違いを検出できる。

4.プライベートコンピューティングネットワークOasis、エコシステム開発基金に対して追加3,500万ドルの寄付を受け取り、基金に2億3,500万ドルを累積計上

5月17日、プライベートコンピューティングネットワークであるOasisは、Newman Capital、Seven X Ventures、およびその他の投資機関から追加で3,500万ドルの寄付を受けた。エコシステム開発基金は現在、総額2億3500万ドルを累積計上している。以前は、AME Cloud Ventures、FBG、Pantera Capital、Dragonfly Capital、Binance Labs、その他のパートナーの支援を受け、OasisはDeFi、データDAO、NFT、Metaverse、その他のプロジェクトの開発をサポートするために2億ドルのエコシステム開発基金を設立した。オアシスのエコシステムとその充実を図るものである。

5. Voyager Digital 、AlamedaResearch主導のプライベート応募枠で6000万ドルを調達

5月16日、暗号資産ブローカーであるVoyager Digitalは、AlamedaResearchが主導するプライベート応募枠で6000万ドルを調達した。このオファーには、Galaxy Digital、Blockdaemon、Digital Currency Group(DCG)などが参加した。同社は約1億7500万ドルの現金と5000万ドルの暗号資産を含む2億2500万ドル以上の流動性を持つことになる。さらに、Voyager Digitalは、3月31日に終了した会計年度の第3四半期に1億270万ドルの収益を報告し、前年同期から70%増加した。

今週の注目すべき2大イベント: 

1.TerraTerra Ecosystem Revival Plan 2 [Amended]を発行、初期流動性を高め、攻撃後のUSTトークン保有者への分配を低減

5月20日、TerraはTwitterで、コミュニティのフィードバックを取り入れた後、提案1623の3つの修正を発表した。

1.初期流動性を高める。初期流動性パラメーターは15%から30%に変更され、ローンチ時のトークン供給を増やし、将来のインフレ圧力を緩和する。

2.攻撃前のLUNAトークン保有者向けの新しい流動性プロファイルの導入。これにより、個人のLUNAトークン保有者が同様の初期流動性プロファイルを持つことが保証される。

3.攻撃後のUSTトークン保有者への配布を減らす。攻撃後のUSTトークン保有者の割り当ては、ペグ解除関連の割り当てが元の利害関係者(攻撃前のLUNAトークン)と同等になるように、20%から15%に減らされた。

2. Optimism、新しい分散型ロールアップ構造であるBedrockを導入

5月20日、イーサリアムのレイヤー2ネットワークであるOptimismは、新しい分散型ロールアップアーキテクチャであるBedrockを導入した。イーサリアムのコード、情報基盤、およびデザインパターンを可能な限り再利用するように意図して設計されている。Optimismはまた、EVMの等価性が歴史になり、次はBedrockがEthereum 等価性 をもたらす時が来たとツイートした。 Optimismによると、Bedrockは、相互に作用する障害防止システムであるCannonのアーキテクチャとしてリリースされる予定。その利点として、トランザクションコストの削減、最大情報量の向上、ノードの同期速度の向上などがある。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引プラットフォームで、現物取引も含めたワンストップサービスをユーザーに提供しています。中心メンバーは、国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界の経験があります。より詳しく知りたい場合は、MEXCの日本語ホームページ公式ブログをご覧ください! TwitterLINE、および Telegramからも色々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch