OptimismがOPトークンエコノミーとエアドロップメカニズムの詳細を発表

プロジェクト詳細

Optimismはイーサリアムで最も重要なレイヤー2、スケーリングネットワークの1つです。Optimismは、4月27日付けでトークンの経済性とガバナンスのメカニズムとともに、 $OP をリリースすることを発表しました。またこのプロジェクトは、オプティミズムコレクティブ(Optimism Collective)として知られる分散型ガバナンスにおける大規模な実験も開始しました。

詳細によると、$OPの初期供給量は4,294,967,296トークン。総発行量の19%がエアドロップに使用され、260,000以上のアドレスがエアドロップの要件を満たすことになります。 MEXC Researchは、Optimismからの公式発表に基づいて、プロジェクトのエアドロップ基準とトークンエコノミーをまとめています。

OP Economic Model

トークンの総供給量は、年間2%の割合で増加します。

初期のトークン総供給量の64%(つまりは、メインとなる貢献者たちに予約されていないOPの合計)は、上記のようにコミュニティに配布されます。これらの配布は、オプティミズムコレクティブの財政管理的な役割でオプティミズム財団によって長期的に管理されます。

1年目には、初期のトークン総供給量の30%が財団側で利用可能になります。当該の1年後、トークン保有者は財団の年間OP配布予算を決定するために投票することができます。また、財団は以下の年間割り当てを得ることを期待しています:

  • 2年目:初期トークン総供給量の15%
  • 3年目:初期トークン総供給量の10%
  • 4年目:初期トークン総供給量の4%

財団によって承認されたOP支出が初期トークン総供給量の10%を下回った場合、追加割り当てを要求することが期待されます。

合わせて、ロック解除されたOPトークンの総供給量は下記のグラフに近づくと予想されます:

具体的な割り当てに関しては、トークンの25%をエコシステムの資金として、20%が以前からの公共財の資金へ、19%がユーザーへのエアドロップとして、19%はメインとなる貢献者たちに、そして残りの17%が投資家に配布される形となります。

エアドロップの基準

Optimismは、2022年3月25日付けでアドレスのスナップショットを取りました。以下の6つの条件を満たしたユーザーがエアドロップを受け取る資格を得ます:

1.

  1. オプティミズム 早期利用者

Optimismチームは、暗号資産体験の一環として、Optimism上のアプリケーションを積極的に利用したことのあるユーザーを特定しようと試みました。

① オプティミズム ユーザー

この対象としては早期利用者と新規ユーザーの両方を含む、Optimismを使用したことのあるアドレスとする、とは定義しているが、実際はOptimismを複数回使用したことのあるグループに絞られることになります。

基準: メインネットの初期段階(2021年6月23日以前)にL1からOptimismにブリッジしたアドレス、またはOptimismを1日以上利用し(最初の取引と最後の取引の間に24時間以上)アプリを使って取引を行ったアドレス(2021年6月23日以降)とする。

② オプティミズム 複数回利用者

Optimismエコシステム内のアプリケーションを繰り返し利用する、最もアクティブなOptimismユーザー層

を選出する段階です。

基準: Optimismユーザーで、4週間の間に1回以上Optimismのアプリケーションを利用していること。また上位20%にあたるOptimismユーザーを選出します。

2. イーサリアムのアクティブユーザー

これらのルールは、「積極的な貢献とそれを含む様々なPositive-sumを、DAppを世界に符合するように調整していく」というイーサリアムとオプティミズムの両価値観に合致する活動をターゲットにすることを目的としています。

① DAO 投票者

Optimismは、分散型システムを調整していくために、積極的に関わっているガバナンスが重要であると考えています。この基準に合致するアドレスは、ガバナンスに参加することで積極的にDAOに貢献することを選択することになります。

基準: オンチェーンでは1つ以上、スナップショット(オフチェーン)では2つ以上の提案に投票または提案の作成をしたことがあるアドレス。

  • Optimismは、少なくとも5つの提案に対して最低でも5票を投じた「アクティブなDAO」に絞り込んでいます。
  • オンチェーンのガバナンス契約は以下の通り:Governor AlphaとBravo、Aave、Maker、Curve、Aragon、DAOHaus、DAOStack、およびforks。
  • スナップショットの票はオフチェーンであるため、名目上の投票権を持つ投票者によって時折発生するスパム/ファーミングの影響を受けやすいと認識しました。これを軽減するために、我々はスナップショット投票を各DAOの総投票権の上位99.9%を構成する投票者にフィルタリングしました(つまりは投票権の0.1%以上がすべての小規模投票者の合計で構成されていることになります)。

② マルチシグの署名者

マルチシグの署名者は、より大きな資本プールまたは主要なプロトコル機能の制御を委託されています。多くの場合彼らは現在(および将来)のDAOリーダーでありビルダーです。

基準:アドレスは、少なくとも10のトランザクションを実行済のマルチシグの現在の署名者です(この構成されるまとまりの中には、すべてのマルチシグトランザクションの95%が含まれています)。

マルチシグウォレットには、Gnosis Safe v0.1.0-1.3.0、MultiSigWithDailyLimit、MultiSigWalletWithTimeLock、および所有者アドレスを取得する機能を備えたEtherscanの「Multisig」ラベルのアドレスが含まれています。

③ Gitcoin Donors

Gitcoin貢献者は、公共財に資金を提供することにより、 positive-sumな方法で行動することを選択しました。これらのアドレスは、資金調達履歴を過去にさかのぼって確認することで公共財の持続可能な資金源を構築するという、Optimism本来の目標とも一致する可能性があります。

基準:アドレスはGitcoinを通じてチェーン上の寄付を行われている必要がある。

これには、マッチングラウンド中かどうかに関係なく、どんな形の寄付でも対象となります。

  • ラウンド1〜5の期間、Optimismには、Gitcoin契約とやり取りしたlegacy ExecuteSubscription callsを送信した、またはGitcoinの貢献者APIに表示されたアドレスが含まれていました。
  • ラウンド6〜13(現在)の期間、Gitcoinの「BulkCheckout」契約トランザクションログに寄付者のアドレスを含めました。

④ イーサリアムに価値を付与されたユーザー

イーサリアムDAppsのアクティブユーザーは、エコシステムの成長に不可欠であると考えます。これらのアドレスの多くは、高額な料金のために他のチェーンとのブリッジを始めており、好奇心と探求に報いる一方で、イーサリアムエコシステムでそれらを維持できるように支援したいと考えています。 Optimismのエアドロップは、イーサリアムへの忠誠に報いるためにも設計されており、イーサリアムを完全に放棄したユーザーはエアドロップを受け取ることができません。

基準:別チェーンにブリッジされていたとしても、ブリッジ後も毎月イーサリアムでトランザクションを実行し、週に少なくとも2回の平均レートでトランザクションを実行しているアドレス(一致するアドレスの上位60%)。

  • ブリッジには、TVLの上位L1が含まれています:Terra、BSC、Fantom、Avalanche、Solana、Polygon。および多目的用途に使用されるL2:Arbitrum、Optimism、Metis、Boba。
  • アクティビティをサンプリングするのに十分な期間を確保するために、スナップショットの少なくとも90日前にアドレスがイーサリアムからブリッジされている必要があります。

3. 追加ボーナス

複数のイーサリアムでの基準にも一致するOptimism初期ユーザーは、Optimismエコシステムの重要な参加者になる可能性が最も高いため、これらのアドレスには追加ボーナスが与えられます。

基準:アドレスは「Optimismの早期利用者」の基準に一致し、合計で少なくとも4つの基準群(Optimismの基準を含む)に一致する必要があります。

  • より多くの基準が一致するに伴って、追加ボーナスが増加します(つまり、5つの基準のボーナスは4つの基準のボーナスよりも大きくなるといった具合です。)

資金

今年3月18日付けにて、OptimismはシリーズBの資金調達ラウンドで1億5,000万ドルを調達し、評価額は16億5,000万ドルとなりました。資金提供は、a16zとParadigmが共同で主導しました。

プロジェクトの価値

Optimisms Collectiveのエコシステムの経済学は、以下の3つの構成要素の価値を生み出すことを目的としています:

  • シーケンサー収益の生産的な再展開を通じて、トークン所有者に価値が発生します。シーケンサーの収益は主に公共財への資金提供に向けられており、これがエコシステムの価値を生み出し、ブロックスペースの需要の促進につながります。ブロックスペースへの権利は、OPのトークンエコノミーとネットワーク自体の成長を推進する持続可能な収入源です。
  • プロジェクトの価値は、以前の公共財の資金提供とそれが可能にする市場から直接、貢献者とビルダーに対して共に発生します。またビルダーには共生的な意味合いでもメリットがあります。よって、十分な資金を備えたツール、教育、アプリ、インフラストラクチャを備えたエコシステムを構築することをお勧めします。
  • OPの継続的なエアドロップ、OPエコシステムの資金提供によって可能になったプロジェクトのインセンティブ、および公共財が提供する利益によって、ユーザーとコミュニティメンバーに価値がもたらされます。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch