【8/22 – 8/28】過去7日間のMEXC注目銘柄TOP10

MEXCの現物取引、ETF取引、先物取引の総合取引データから、最も人気のある主要銘柄はBTC、ETH、XRP、SOLで、その他の人気銘柄としてDC、ARTEQ、SUZUME、SWP、RUX、CHZ、VIM、CAW、CENNZ、NXD、MXが挙げられます。     

1.

Dogechain(DC)はミームコインとWeb3の間の橋渡しになるように設計されています。DogechainはDogecoinを強化し、NFT、ゲーム、DeFiなどの暗号資産アプリケーションをDogecoinコミュニティーにもたらしました。しかし残念ながら、Dogecoin自体はこれらのアプリケーション(あるいは他のdApps)にはサポートしませんが、Dogechainを使うことで、Dogecoinのホルダーは単にDogecoin価格が上昇するのを待つだけではなく、その他のオプションが提供される予定です。

Dogecoinは、MEXC Globalに上場後、最高で3575%の上昇率を記録しました。

出典:MEXC Global

2.

artèQ(ARTEQ )はNFTの代表的なプロジェクトやデジタルアート作品に投資する、業界初の投資プラットフォームです。ArtèQへの投資を通じて、業界をリードする専門家チームによる、専門的な審査を経た作品を中心に、多様なポートフォリオを構築しています。

3.

Shita-kiri Suzume (SUZUME)は、日本の伝統的な寓話である舌切り雀の物語をベースにした作品です。この物語は、貪欲、友情、嫉妬というテーマを軸に、道徳的な教訓を与えてくれます。Suzumeは現在取引が可能です。Suzumeの狙いは、分散型コミュニティ主導のプロジェクトとなって、DogeやShibaのような暗号資産のミームトークンの先駆け的存在になることを目指しています。

4.

StepWatch(SWP)は、NFT Move-to-Earnとソーシャルネットワークの要素を組み込んだWEB3版フィットネス、健康促進を推進するモバイルアプリです。StepWatchは、2022年5月17日に上場し、ウォーキング、ジョギング、ジムなどを通じて、ユーザーが報酬を獲得できます。ユーザーは、本プラットフォームに参加するために無料のWatchが必要で、まずはNFTのWatchを購入することが前提です。歩いたり、走ったり、体を鍛えたりすることで、プラットフォーム上で暗号資産やNFTを手に入れることができます。獲得した暗号資産は、アプリ内での活動や取引に利用できます。StepWatchは最近、Sunmiya Club、Game Tree (Black Squad Classic NFT)、TOXIC APE、Polygon Studiosと戦略的パートナーシップを構築しています。

5.

Chiliz(CHZ)は、マルタに拠点とする、同名のFinTech会社によるスポーツと娯楽のための主要なデジタル通貨です。「Chiliz」という会社は、ブロックチェーンを活用したスポーツ娯楽用のプラットフォーム「Socios」の運営を通じて、ユーザーが自分の好きなスポーツブランドとの繋がりを提供します。スポーツクラブや協会にとって、ファン・トークンは、ファンとつながり、新たな収益源を確保する手段となります。

来たるワールドカップの効果もあり、Chilizとそのファントークンのエコシステムは驚異的な上昇率を記録しました。。8月から現在までの上昇率トップ5は、POR(397.62%)、SANTOS(226.15%)、PORTO(174.09%)、LAZIO(146.52%)、OG(85.68%)、またCHZは8月から現在までに72.73%の伸びを記録しました。

6.

VicMove(VLM)は、NFTゲームとSocial-Fiの要素を組み込んだWeb3版のフィットネス&ライフスタイルを提供するモバイルアプリで、ユーザーはウォーキング、ランニング、サイクリングなどの動きをするだけで暗号資産またはNFTで報酬を獲得できます。まず、スニーカーの形をしたNFTを作成し、歩いたり、走ったり、サイクリングしたりすることでゲーム内の暗号資産を獲得、獲得したトークンをゲーム内の活動に使用したり、現金化することで利益を得ることができます。

7.

Hunters Dream (CAW) は分散型アルゴリズ ムによるステーブルコーイン決済ネットワークです。現在、このプロジェクトはミームトラックに属しており、公式ウェブサイト、ホワイトペーパー、ソーシャルメディアはありません。しかし、当時のコミュニティではかなり高い人気を誇っており、その性質は初期のSHIBとやや似ています。 

8.

CENNZnet (CENNZ)は、分散型アプリケーション(dApps)用のプラットフォームを提供するパブリック・ブロックチェーン・ネットワークです。新規開発者や一般のエンドユーザーが簡単にブロックチェーンを体験できる、使いやすいdAppを目指しています。CENNZは、独自のデュアル・トークン・システムを採用して、CENNZnetにおけるネイティブ・トークンの1つです。これは、ブロック報酬とは別で機能するステーキングトークンとして役立ちます。つまり、CENNZの価格は、開発者やユーザーがdAppsを利用する際に支払う金額とは無関係に上昇し続ける可能性があるということです。

9.

The Nexus Project (NXD)は、Polygonエコシステム上のNFTとデジタル決済のプロジェクトです。The Nexus Projectの公式ニュースによると、ドバイの地元の小売店やレストラン、企業数社と協力し、NXDを決済手段とするエコシステムを構築しているとのことです。

10.

Ethereum(ETH)は、Vitalik Buterin氏によって構築された分散型オープンソースブロックチェーンシステムです。スマートコントラクトやDappsを動作させることができます。2022年には、最も注目すべき暗号資産の一つとして、ETH2.0ネットワークのアップグレードが注目されています。EthereumはEthereum 2.0へのアップデートでproof-of-stake(PoS)に切り替わる予定です。これはインフラを変えるだけでなく、効率面でも大きく改善されます。Ethereum開発者はマージ日を9月6日にすると発表しました。

最後のテストネットのProof-of-stakeへの移行では、GoerliはPraterと合併する予定です。合併後のGoerli/Praterネットワークは、Goerliの名称を引き継ぎます。合併は2つのステップで行われます。1つ目は、Prater Beacon ChainのBellatrixアップグレードで、これは2022年8月4日12時24分(UTC)に開始される予定です。実行レイヤーのParisは、2022年8月6日から12日の間にGoerliのTerminal Total Difficulty (TTD) が10790000に達すると移行が開始されると予想されます。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引のプラットフォームであり、現物、信用、レバレッジETF、無期限先物取引、NFTインデックス、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報をTwitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch