【5/30-6/5】MEXC人気暗号資産トップ10

MEXCの現物レバレッジETF、先物取引データによると、今週最も人気のあった主要な暗号資産はBTC、ETH、XRP、SOL、USDC、BNBで、その他人気のあった暗号資産は、OP、HATI、LUNA、JASMY、NXD、MX、CAW、ZOA、MANA、FITFIとなりました。その中でもHATIは上場してから5日間で16倍に急騰し、執筆時でも800%の上昇を続けています。

1. OP

Optimism(OP)は、ETHレイヤー 2ブロックチェーンとして初めて、Ethereum Virtual Machine(EVM)互換のOptimistic Rollupソリューションの開発をリードしています。Optimismは、ETHのメインネットから直接セキュリティを導き出し、ETHチェーン上のトランザクションを大規模的処理することができます。Optimismのメインネットは2021年にローンチされました。ユーザーが11億ドル以上のガス料金を節約するのを助け、6,800以上のコントラクトを展開し、174億ドル以上の取引高を促進し、2450万ドル以上の収益を上げています。時間、リアルユーザー、インタラクション頻度、基盤となるETHエコサポートを参考に、ネットワーク全体に対して公正なエアドロップが実施されました。そのガバナンストークンOPは、MEXCに上場後、1568%の最高収益率を記録しました。

2. HATI

Hati(HATI)は、北欧神話のレンズを通して説得力のあるストーリーを提供し、コミュニティの自己統治を強調するプロトコルです。Hatiというキャラクターは、悪いキャラクターでいっぱいの空間で良いことをするために作られました。目標は、分散化、アクセス性、そして有機的に成長する強力なコミュニティを具現化することです。そのトークンHATIがMEXCに上場された後、最高収益率は1600%に達しました。

3. LUNA

Terra(LUNA)は、アルゴリズムステーブルコインを取り除いた新しいTerra2.0チェーンで、そのネイティブステーキングトークンのLUNAは、5月28日にMEXCで上場されてから最大2800%上昇しました。 Terra2.0は、単純なフォークチェーンではなく、旧Terra(Terra Classic)と歴史を共有するものではありません。 なお、Terra 2.0チェーンのガバナンストークンはLUNAとなり、旧TerraチェーンはTerra Classicと改名され、同時にそのガバナンストークンがLUNCと改名されています。

4. JASMY

Jasmy(JASMY)は、チップ暗号化技術とブロックチェーン技術を組み合わせて、「情報を民主化する」を目的とし、安全なプラットフォームを構築する日本発のIoTプロジェクトです。 Jasmyはすでに、コールセンター最大手のトランスコスモス、ノートパソコンで有名なVAIO、自動運転用統合制御システムのサプライヤーであるWitz、政府機関などの企業顧客と実運用プロジェクトを開始しています。

5. NXD

The Nexus Project (NXD)は、PolygonのエコシステムにおけるNFTとデジタル決済のプロジェクトです。 The Nexus Projectによると、ドバイの小売店やレストラン、企業などと提携し、NXDを決済手段として利用するエコシステムを構築しているとのことです。

6. MX

MXはMEXCのプラットフォームトークンで、MXエコシステム内で、MXは取引、取引手数料の控除、MX保有者はKickstarter、M-Day、MX DeFi、MEXC Votingなどのイベントに参加でき、プロジェクトの早期参加機会、新規銘柄のエアドロップ、プレッジ収入などの包括的なメリットを享受することが可能です。

7. CAW

Hunters Dream(CAW)は、分散型アルゴリズムステーブルコイン決済ネットワークで、memeトラックの一部となっております。現在、公式ウェブサイトやホワイトペーパー、ソーシャルメディアはありませんが、当時のコミュニティの話題性は比較的高く、初期のSHIBにやや似た性質を持っています。

8. ZOA

Zone of Avoidance (ZOA) は、PVPとPVEゲームプレイが可能なNFT星間バトルチェーンゲームです。プレイヤーはゲーム内でNFTの宇宙船とヒーローを購入し、新銀河から回避ゾーンへのミッションを開始することができます。

9. MANA

Decentraland(MANA)は、The Sandboxと競合する代表的なメタバースプロジェクトの1つです。Decentralandのメタバース内では、ユーザーは自分の土地を購入し、ゲームや展示会、オープンショップなど、コミュニティと娯楽空間を構築することができます。 MANAは2020年2月にMEXCで上場し、2021年に暗号資産業界でパフォーマンストップ10に入り、最大の利回りは6483%に達しました。

10. FITFI

Step.App(FITFI)は、STEPNの次にMEXCで上場される「Move to earn」モデルの銘柄です。 このプロジェクトでは、NFTのジオロケーション技術を利用して、一連の「X to Earn」製品を開発し、ユーザーが歩いたり走ったり、交流したり、楽しみながらお金を稼ぐことができるフィットネス経済のためのゲーミングメタバースを構築しています。 MEXCにFITFIが上場して以来、最大182倍にもなっています。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch