【6/6-6/12】MEXC人気暗号資産トップ10

MEXCの現物レバレッジETF、先物取引データによると、今週最も人気のあった主要な暗号資産はBTC、ETH、XRP、USDC、BNBで、その他人気のあった暗号資産は、SHIT、LUNCH、HOP、RUN5KM、MOVEZ、OP、HATI、MX、CAW、FITFIとなりました。その中でも SHIT は上場してから3日間で1488%の上昇を記録しています。

1.  SHIT

ShitCoin(SHIT)は、数日前からOpenseaのトップ10に入っている新規コミュニティのホットNFTで、そのコンテンツは糞の山で、そのコアコンセプトは、これまでのBAYCやAzukiに対する挑戦である「すべてが糞である」ことです。市場に対する不満をあざ笑うように表現したShitCoinの上場は、暗号資産市場とそのユーザーの心に響きました。

ShitCoinチームは、その優れたマーケティングとロードマップ提供能力を活用し、登場してからわずか1週間で価格と取引高の面でOpenSeaのトップ3に入りました。39.05兆枚のエアドロップと25兆枚のVitalikのウォレットアドレスへの送金、合計100兆個のSHITトークンのボリュームで、ShitCoinはMEXCに上場してから3日間、一時は1488%の上昇率を見せ、市場に大きな関心を呼びました。

ShitCoin NFTの初期世代は、I will poop it NFT、Genesis ShitBeast、ShitBeastの3種類です。 I will poop it NFTの総量は10000枚で、初期に無料でミントでき、最大価格1.45ETHを超えます。Genesis ShitBeastは合計3,900枚、最大価格3.4ETH以上です。2枚のI will poop it NFTを1枚のGenesis ShitBeastに合成できる同時に、1億のSHITトークンを獲得することができます。ShitBeastの総量は6100枚で、最大価格1.15ETH以上、入手にはミントする必要があります。Genesis ShitBeastとShitBeastは、ステーキングによってSHITトークンを採掘できるだけでなく、便器クリーナー(合成剤)によってレベル3のNFTにアップグレードすることが可能です。

ShitCoinは比較的明るいパフォーマンスで、短期間でブルーチップNFTの人生を経て、糞からブルーチップ、ブランドIP、そしてコインとNFTのデュアルトラックで互いの実績、今フローと話題性を持っています。第3世代NFTやX to earn段階の企画は、まだ市場の想像力に大きな余地を残しています。

2.  LUNCH

LunchDao(LUNCH)は、DAOガバナンストークン「LUNCH」の発行により対象資金を調達し、調達した資金を「バフェットとのランチ」オークションに使用し、バフェットとその背後にある伝統的金融勢力を暗号資産産業に促進することを目指し、コミュニティ自立型DAO組織であります。 LunchDaoは、今年4月1日にJuicebox上で総募集目標2000ETHで正式上場され、5月28日 9:00(日本時間)現在、850ETH以上、約150万ドルを調達しています。

今回が最後のバフェットランチで、競売は6月12日から17日まで開催されると報じられています。LunchDAOのガバナンストークン「LUNCH」は、今回MEXCに上場し、一時は1330%の上昇を記録しました。 今回のオークションは、現在の世界的な経済と政治環境を鑑み、低入札となる可能性が高く、市場の関心が高いLunch DAOの落札が予想されています。

3.  HOP

Hop Protocol(HOP)はクロスチェーンプロジェクトで、その製品はRollupトークンブリッジ「Hop Protocol」とブリッジ上の「Hop Exchange(DEX)」が含まれています。Hop ProtocolはAMMベースのBondersにより、ユーザーはクロスチェーンの取引を迅速に送信し、マーケットメイクによりユーザーに流動性を提供しながら手数料を獲得することができます。 ソリューションとしては、Hop ProtocolがLayer2間の仲介資産としてhトークン(hETH、hDAIなど)を作成し、異なるレヤー2ネットワーク間でAMMベースのDEX「Hop Exchange」を作成、hTokenとそのネットワークに基づく他の資産間で自由に交換できるようにして、最終的にトークンを譲渡できるように、ネットワークから別のネットワークに移行することができます。

クロスチェーンブリッジの「Hop Protocol」は、ガバナンストークンHOPのエアドロップの請求受付を開始しました。HOPの初期流通供給量は5480万枚となっています。ユーザーはエアドロップを請求する前にガバナンスの担当者に委託する必要があります。5月に入り、「Hop Protocol」はHop DAOの設立と、HOPトークンの発行を発表しました。初期の経済モデルでは、HOPの総供給量は10億枚であり、その8%が初期ユーザーにエアドロップされることになっていました。一方、MEXCに初上場して以来、最大収益率は1900%を記録しています。

4.  RUN5KM

FiveKM RUN(RUN5KM)は、スニーカーなどのスポーツ用品NFTを履いて、ウォーキング、チームランニングなどでトークンを獲得できるETHベースのMove to earn ゲームです。

FiveKM RUNは、Web3と連動して、すべての人に運動するきっかけを提供することを目的とし、人々がアクティブになり、健康的なライフスタイルを楽しむことができる分散型スポーツコミュニティの創造を目指しています。

FiveKM RUNのガバナンストークン「RUN5KM」は、Web3ベースのスポーツコミュニティ全体の発展のために使用され、総発行数は70億枚で、再発行は行われません。トークンの30%はスポーツとガバナンスに参加するユーザーに分配され、30%はエアドロップとコミュニティのモチベーションのためにエコファンドに分配される予定です。

5.  MOVEZ

MoveZ(MOVEZ)は、BSCに基づくWeb3のスポーツアプリです。 MoveZチームは、ユーザーが室内外で動く、ジョギング、歩く、走る、泳ぐだけでトークンを獲得でき、それを幅広い慈善団体への寄付や利益への交換ができる持続可能かつ有効なM2E(Move to Earn)モデルを構築、実装しています。

MoveZのモバイル収益エコシステムに参加するために、ユーザーはNFT資産を所有する必要はなく、参加者はMoveZアプリ内の様々なフィットネス活動に参加することで直接MOVEZトークンの報酬を獲得することができます。 MoveZは、独自の分散型プラットフォームを通じて、より多くの人々が健康を増進し、フィットネスの目標を達成することを奨励し、オーナーからプラットフォームユーザーへと利益を移行させることで、フィットネス業界に革命をもたらすことを目指しています。

6. OP

Optimism(OP)は、ETHレイヤー 2ブロックチェーンとして初めて、Ethereum Virtual Machine(EVM)互換のOptimistic Rollupソリューションの開発をリードしています。Optimismは、ETHのメインネットから直接セキュリティを導き出し、ETHチェーン上のトランザクションを大規模的処理することができます。Optimismのメインネットは2021年にローンチされました。ユーザーが11億ドル以上のガス料金を節約するのを助け、6,800以上のコントラクトを展開し、174億ドル以上の取引高を促進し、2450万ドル以上の収益を上げています。時間、リアルユーザー、インタラクション頻度、基盤となるETHエコサポートを参考に、ネットワーク全体に対して公正なエアドロップが実施されました。そのガバナンストークンOPは、MEXCに上場後、1568%の最高収益率を記録しました。

7. HATI

Hati(HATI)は、北欧神話のレンズを通して説得力のあるストーリーを提供し、コミュニティの自己統治を強調するプロトコルです。Hatiというキャラクターは、悪いキャラクターでいっぱいの空間で良いことをするために作られました。目標は、分散化、アクセス性、そして有機的に成長する強力なコミュニティを具現化することです。そのトークンHATIがMEXCに上場された後、最高収益率は1600%に達しました。

8. MX

MXはMEXCのプラットフォームトークンで、MXエコシステム内で、MXは取引、取引手数料の控除、MX保有者はKickstarter、M-Day、MX DeFi、MEXC Votingなどのイベントに参加でき、プロジェクトの早期参加機会、新規銘柄のエアドロップ、プレッジ収入などの包括的なメリットを享受することが可能です。

9. CAW

Hunters Dream(CAW)は、分散型アルゴリズムステーブルコイン決済ネットワークで、memeトラックの一部となっております。現在、公式ウェブサイトやホワイトペーパー、ソーシャルメディアはありませんが、当時のコミュニティの話題性は比較的高く、初期のSHIBにやや似た性質を持っています。

10. FITFI

Step.App(FITFI)は、STEPNの次にMEXCで上場される「Move to earn」モデルの銘柄です。 このプロジェクトでは、NFTのジオロケーション技術を利用して、一連の「X to Earn」製品を開発し、ユーザーが歩いたり走ったり、交流したり、楽しみながらお金を稼ぐことができるフィットネス経済のためのゲーミングメタバースを構築しています。 MEXCにFITFIが上場して以来、最大182倍にもなっています。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch