X to Earnが流行る、Web3の健康生活への新しいアプローチ

x to eran

最近では、Solanaをベースにしたランニングアプリ「Stepn」が注目を集め、「Move to Earn」トラックだけでなく、異業種の起業家がゲームや英語学習、歌、睡眠などをしながらお金を稼ごうという「X to Earn」の分野でも注目されています。 DeFiを使って従来の様々なアプリケーションの場面を組み合わせることを試みは数多くあり、プロジェクトはまちまちですが、X to Earnモデルは実生活で静かに普及し、Web3.0ベンチャーの新しい方向性として注目されています。

X to Earnとは

X to Earnのモデルは、X to Earnの原型であるDeFiのステーキングによるトークン報酬「Stake to Earn」に遡ることができます。 現在、その概念はより広い範囲に及び、Web3 で収益を獲得できるものはすべてX to Earnと理解されています。ここで、Xはある特定な行為を表し、Earnはユーザーがその行為を行うとトークンを報酬として獲得することを表します。X to EarnがDeFiと異なる点は、資産の量よりも、ユーザーが投資した時間のコストを重視していることです。

X to Earnは特定の産業やトラックではなく、その性質上、Web3.0をサポートするために存在しており、集客するための効率的な方法です。適応した経済モデルを用いて、Earnを利用してユーザーにX行為を起こさせることで、プロジェクトを継続的に拡大し、ネットワーク効果を増幅させます。

X to Earnが実社会で人気の理由

Play to Earnの代表的なプロジェクトであるAxie infinityは、昨年夏に爆発的に普及し、ピーク時には日次アクティブユーザー数が270万人を突破し、2021年をあるべき「GameFi」の元年となったと言えるでしょう。 人々がゲームをする理由は、ゲーム体験からお金を稼ぐための目的へと移行し、Play to Earnのモデルは、ユーザーがゲームをする理由とプレイヤーがゲームに期待することを根本的に変えました。

Axie infinityを初め、X to Earnモデルに基づいた様々なプロジェクトの熱狂を引き起こした。 これは要するに、既存のさまざまなシナリオで多くの参加者が当然の利益を得ていないことが主な原因です。 X to Earnの本質は、この不公平感を解消し、参加貢献者それぞれが公平に報酬を得られるよう、利益を再配分することにあります。 トークン・エコノミーを導入することで、プレイヤーの行動と製品との間に経済的なつながりを確立し、トークン報酬によって需要と供給を促進し、製品の高速的な作動を実現するという、これまで実証されてきた道筋を実現し、現実世界のさまざまなシナリオにおける利益の不公平な配分を解決するものです。

最も人気なMove to Earn

Axie Infinityが爆発的にヒットした後、市場に多数のP2Eゲームが出現し、それらは次第に同質化し、Axie Infinityの模倣となり、ユーザーの倦怠感を招きました。 ゲーム体験や収益性が低いため、これらのゲームの多くは市場から淘汰されました。 多くの開発者は、トークン報酬モデルをオンラインからより現実的なオフラインに移行することを考え始め、Move To Earnというコンセプトを打ち出しました。

Move To Earnモデルは比較的よく理解されており、ユーザーは現実世界での動きに対して報酬を得ることができます。 プロジェクトはGPS、NFT、DeFiを組み合わせることで、人々の動きを追跡し、収益を提供します。 例えば、Move To Earnの代表的なプロジェクトである「Stepn」は、屋外で運動すると報酬がもらえるMove To Earnのアプリです。 ユーザーは Stepn のNFTマーケットプレイスからバーチャルスニーカーを購入し、屋外でウォーキングやランニング、ジョギングをするとトークンを獲得できます。また、バーチャルシューズとして売上が百万レベルに到達することで、上場する同時に市場の注目を集め、運営開始からわずか2ヶ月で日次アクティブユーザー数が50万を超え、有名スポーツブランドのアシックスとのパートナーシップにより、ステップンは一躍トップとなりました。 現在、Stepnは多くのユーザーが健康的な運動習慣を身につけるのに役立っています。

Stepnは、オンチェーンの世界が現実の世界と密接に統合された素晴らしい例となりました。 分散型金融が単純なゲームに隠されている代わりに、ユーザーは収益を得るためだけにほぼ同様のページを退屈にクリックする必要がなく、Stepnはユーザーに運動をする動機を十分に与え、運動しながら収益を得ることができます。 運動しながら稼ぐということは、稼ぐための遊びと健康的なライフスタイルや社会との関わりをリンクさせることで、普及や爆発をしやすくしていると言わざるを得ません。

MEXCに上場の「Move to Earn」プロジェクト

STEPNFITFIGENE、BRT、CALO、RUN5KM、MOVEZなど、すでに数十のMove To Earnアプリが市場に登場しています。 MEXCで上場されたMove To Earnのプロジェクトを精査し、市場で注目されているいくつかのプロジェクトを紹介します。

Stepn(STEPN)

Stepnは、SolanaとBSCをベースにGameFiとソーシャル属性を併せ持つWeb3ランニングアプリで、Play to earnモデルを人々の日常生活に広げることを目指しています。Stepnは、ブロックチェーンがスポーツアプリを強化する試みの先駆者で、ユーザーはNFTマーケットプレイスでスニーカーを購入後、歩く、ジョギング、走ることで毎日収益を獲得することができます。 Stepnの関係者によると、Stepnの日次のアクティブユーザー数は70万人を超え、公式Discordは1ヶ月で15万人から50万人に達し、Twitterのフォロワー数は20万人から58万人に増え、市場から大きな注目を集めました。

Stepnには、スニーカー、宝石、宝石スロット、シューズボックスなどのNFTがあります。スニーカーには複数の属性、異なるレベルなどがあり、歩行中にランダムに宝箱を落とすゲーム要素や、アップグレードによる属性調整も加わり、「遊ぶ・稼ぐ・鍛える」の3つの体験を可能にするゲームとなっています。

公式サイト:https://www.stepn.com/

Step App(FITFI)

Step App(FITFI)は、Avalancheチェーンに基づくランニングゲーム、FitFi(Fitness Finance)の開発プロトコルです。FitFiは、NFTとGPS技術の使用により、メタバースへの没入感を高めるために現実を拡張し、現実とバーチャル化の交差点にあります。 Step App(FITFI)の 仕組みはStepnと同様で、ともに運動しながら稼ぐモデルを売りに、フィットネスエコノミーのゲーム化メタバース世界を作り、NFTゲームと現実世界の架け橋を目指すものです。

Step App(FITFI)は、Web2のユーザーを低コストでWeb3に移行させることができます。 プレイヤーにランニングシューズNFTを与えた後、現実世界を歩くと、システムがおおよその歩数を計算してそのまま仮想世界に持っていき、スタミナをトークンに変換して、歩くことや走ることで収益を獲得することができるようになります。

公式サイト:https://step.app/

Genopets(GENE)

Genopetsは、Solonaチェーンで構築された無料のNFTゲームで、人生をよりアクティブに、楽しく、やりがいのあるものにすることを目指しています。 ユーザーのモバイル端末からの歩数データとブロックチェーンのPlay-to-Earnモデルを統合し、現実の行動を、仮想ペットの世話をすることで身体、心、精神を鍛える幅広いゲームプレイに変換するものです。 ユーザーの運動や認知をゲームプレイに変換しながら、トークンを獲得することができます。

Genopetsに必要なのはスマートフォンだけです。 GenopetNFTは無料で獲得でき、プレイヤーの携帯電話やウェアラブル端末のレコーダーを常に携帯して、プレイヤーのゲーム歩数を同期して経験点に変換することが可能です。 Genopetsは、ポケモンgoのトレーニングや戦闘機能に加え、アップグレードや装備のクラフトといったゲーム共通の機能を持ち、プレイヤーは自由に「Genoverse」を探索することができ、Genopetと戦いながら、トークンを獲得することができます。

公式サイト:https://www.genopets.me/

Bikerush(BRT)

BikeRushは、Game-FiとSocial-Fiの要素を組み込んだWeb3ライフスタイルDAppで、世界で最も人気のあるスポーツの1つであるサイクリングを中心に構築されています。ユーザーは自転車という形のNFTを装備し、屋外でサイクリング、レース、スプリントをしてBSTトークンを獲得することができます。 BSTは、ゲーム内で使用することも、売却して利益を獲得することもできます。

BikeRushは、フィットネス、グリーン、楽しさ、そして稼ぐを組み合わせた、さまざまな健康コンセプトの製品です。 Game-Fiにより、BikeRushは、何千万人もの人々の健康的なライフスタイルを促進し、気候変動に対処し、フィットネス愛好家をWeb 3.0につなぎ、さらにユーザー生成型Web 3.0コンテンツを促進するための持続的なプラットフォームを構築することを目指しています。

公式サイト:https://bikerush.io/

Move to Earnのメリットとリスク

メリット

Move to Earnは、国境、宗教、文化を超えたコミュニケーションの形です。世界のランニングユーザーは4億人以上、運動としてウォーキングやジョギングする人は10億人以上という数字もあり、コロナウィルスにより心身の健康の重要性をより多くの人に認識させることにもなっています。Move to Earnは、より広いユーザー層と発展の余地があるスポーツと健康市場をベースにしており、巨大な市場潜在力を含む現段階で、爆発可能性が高いトラックでもあります。

リスク

1、ブロックチェーン資産の中には、現実的な価値のマッピングがなく、需要と供給のみに依存し、大きな価格変動が生じる可能性があります。

2、他の付加価値がなく、ユーザーは単に投資回収のため稼ぐ場合、ビジネスは良性な循環を形成することができなくなります。新規ユーザー数が追いつくことができないと、資金供給が資金需要より少ないと、プロジェクトは簡単にデススパイラルに陥ってしまう可能性があります。

注:この記事は情報共有のみを目的としたものであり、投資アドバイスを行うものではありません。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch