MEXC週刊暗号資産速報|資金調達額が3億1000万ドル到達、MEXC:トレードマイニングを開始 

MEXC Researchをフォローし、新規銘柄と最新の市場動向をつかもう!

*本記事中のドル記号は米ドルを指す。

MEXC リサーチの統計によると、2022年8月22日から8月28日にかけて、Web3全体で23のプロジェクトが総額3億1,000ドルを調達した。その中で、Metaverse、NFT、GameFi分野は7,120万ドル、DeFi、Web 3分野は4,625万ドル、インフラ分野は3,310万ドルの資金を調達、ブロックチェーンファンドは1億5,945万ドルの資金調達を完了した。

MEXC先週の重要イベント

1. MEXC:PHCHA/USDTとARCADE/USDTのトレードマイニングを開始

2. DogeChainのコミュニティ主導トークンである、DogeCoin(DC)がMEXCに上場

3. ワールドカップ開催に伴い、ファントークンが驚異的な上昇率を記録。。8月から現在までの上昇率トップ5は、POR(397.62%)、SANTOS(226.15%)、PORTO(174.09%)、LAZIO(146.52%)、OG(85.68%)

I. MetaverseとNFTとGameFi

1. NFT Genius、Dapper Labs、Spartan Labs、Commonwealth Asset Management、Fundamental Labs主導のもと、1億5,000万ドルの評価額でシリーズA資金調達を実施

NFTプロジェクトとマーケットプレイス技術を提供するNFT Geniusは、1億5,000万ドルの評価額でシリーズAラウンドをを終了したことを発表した。

このラウンドは、Dapper Labs、Spartan Capital、Commonwealth Asset Management (CWAM)、Fundamental Labsが主導し、One Football、Unibancoが参加したものである。

2021年6月、NFT GeniusはDapper LabsのCEO Roham Gharegozlou、Mark Cuban、Ashton Kutcher、ビットコイン提唱者のAnthony Pompliano氏の支援のもと、400万ドルのシードラウンドの資金調達を完了している。

2. SKネットワークス、メタバース開発企業Com2Verseに300万ドルを投資

SKネットワークスは、関係筋によると、韓国のゲーム開発会社Com2uSのメタバース専門子会社Com2Verseに40億ウォン(300万ドル)を投資し、メタバースの世界でのビジネスチャンスを探ると先週火曜日に発表した。

SKネットワークスは、Com2Verse’sのメタバースプラットフォームにビジネスゾーンを設置し、顧客にさまざまなサービスを提供する予定だ。SKネットワークスの事業領域は、車や浄水器のレンタル、ホテル関連事業などである。

3. Ready Player Me × Andreessen Horowitz、a16zが率いる5,600万ドルのシリーズB資金調達完了を発表

Ready Player Meは、a16z GAMES FUND ONEとa16z cryptoが主導し、Plural、David Baszucki、Robloxの共同創設者、Justin Kan氏、TwitchとFractalの共同創設者、Robin Chan氏が参加した、$56MシリーズBの資金調達を完了したことを発表した。Fractalの共同創業者であるRobin Chan氏、Ecoの共同創業者であるHenry Ault氏、King Gamesの共同創業者であるSebastian Knutsson氏 & Riccardo Zacconi氏、 Collab Currency、Endeavor、Kevin Hart’s Hartbeat Ventures、 D’Amelio family、Punk6529、 Snowfro、 Nordic Ninja、 Konvoyなど、多くの企業及び著名人が参加している。

4. INDEX GAME、The Sandboxからの170万ドルの出資提供を発表

INDEX GAMEは、Sandboxと投資契約を締結した。The Sandboxは、INDEX GAMEのメタバース、NFT、GameFi、Web 3.0における優れた開発を継続的に支援し、相互接続された仮想領域の可能性を広げるPlay-to-Earnのコンテンツを作成するために、最大170万ドルの投資を行う。

II. DeFi & Web 3

1. マネー・ストリーミング・プロトコルのZebecが850万ドルを追加調達、Circle Ventures、Shima、Resoluteが投資

Solanaネットワーク上初のプログラム可能な・キャッシュフロー・プロトコルであるZebecは、10億ドルの評価額で850万ドルを調達した。投資機関にはCircle Ventures、Shima、Resoluteが含まれます。今年初め、同プロトコルはトークンセールにより、個人および一般投資家から$2,800万ドルの資金調達に成功している。

2. 打倒Discordを掲げるWeb3のスタートアップComm、CoinFund主導のもと500万ドルを調達

Web3のメッセージングアプリCommは、CoinFundが率いる500万ドルのシードラウンドの資金調達を完了しました。当該スタートアップは打倒Discordを掲げ、資金確保に奔走しています。

消費者向けプライバシー保護のスタートアップとして、現在SignalやWhatsappなどのチャットアプリでしか機能しないエンドツーエンド(E2E)暗号化の拡張に取り組んでおり、最終的には集中型バックエンドを置き換えることを念頭に置いている。

3. Haun Ventures、Web3開発者向けプラットフォームThirdwebに2,400万ドルを出資

Katie Haun氏が率いるHaun Venturesは、開発者がWeb3アプリを簡単に作れるようにすることを目的としたプラットフォームThirdwebに対して、1億6,000万ドルの評価額で2,400万ドルのシリーズA資金調達ラウンドを終了した。

先週木曜日の発表によると、コインベースベンチャーズ、Shopify、プロトコルラボ、ポリゴン、シュラッグVC、ミリオネアのジョセフ・ラコブ氏もこのラウンドに参加し、先月ラウンドを終了した。同社は、Beboの創業者であるFurqan Rydhan氏と、Dragon’s Den UKの起業家Steven Bartlett氏によって設立された。

4. Mellow Protocolは、Robot Ventures、Arrington Capital、ParaFiが主導する275万ドルのシードラウンドを終了

P2P Capital、Lemniscap、Focus Labs、Principle Ventures、Primitive Ventures、NEMO Venturesも参加している。

Mellow Protocolは、自動化ツールの強固なエコシステムを構築することを目的に、Uniswap V3流動性に最適化されたソリューションです。コアチームを12人に拡大し、プロトコルの正式リリースに向けた最終準備を進めている。

5. Saison Capital、SGのWeb3メディアスタートアップの200万ドルのプレシードラウンドを支援

シンガポールに拠点を置くWeb3メディア新興企業のAviumは、Saison Capitalの主導で200万ドルのプレシードラウンドに応募し、大口資金を調達した。

今年初めに設立されたAviumは、クリエイターやアーティストを集め、Marvel Comics、Valve、Netflix、Prime Video、Tencentといった組織のために働いてきたSEAベースのスタジオが開発したアニメーションコンテンツを制作・生産している。

6. Growfitter、Venture CatalystsとシンガポールのBaksh Capitalが主導するプレシリーズAラウンドで50万ドルを追加調達

インド最大のインセンティブ・ウェルネス・プラットフォームGrowfitterが、Venture CatalystsとシンガポールのBaksh Capitalが主導するプレシリーズAラウンドで50万ドルを追加調達した。この資金は、技術インフラの構築と事業拡大に活用され、雇用とプラットフォームのブランディングに注力する予定である。

7. Quivrは、Infinity Ventures Cryptoが主導するシード資金調達で355万ドルを調達したことを発表

この資金調達は、Infinity Ventures Cryptoが主導し、Jason Zeng氏(Tencentの共同創業者)、C2 Ventures、Sfermion、FBG Capitalが参加して行われた。

そのため、この資金を利用して、一般消費者向けのプラットフォームを立ち上げ、消費者に自分だけのソーシャルグラフを作成する機会を与え、バッジによって行動や追求を確認する「デジタル履歴書」として機能させる予定である。

III. インフラストラクチャー

1. SBIグループ主導・ブロックチェーンエクスプローラーのSolanaFMが450万ドルを調達

ブロックチェーンエクスプローラーとインデックスプロバイダーのSolanaFMは、日本の金融サービス会社SBIグループの暗号資産オポチュニティファンドが主導するシード資金調達ラウンドで450万ドルを調達した。

2. Spectral、General CatalystとSocial Capital主導のもと、Web3クレデンシャルスコア作成貢献のため2,300万ドルを調達

信用リスク評価インフラのweb3スタートアップであるSpectralは、General CatalystとSocial Capitalが主導する資金調達ラウンドで2,300万ドルを調達したことを、同社の共同創業者兼CEOのSishir 

Varghese氏がTechCrunchに向けて独占的に語った。

この資金調達ラウンドには他に、Samsung、Gradient Ventures、Section 32、Franklin Templeton、Circle Ventures、Jump Capitalが参加している。Varghese氏は現在までに、同社は約3,000万ドルを調達していると述べた。

3. Mural、560万ドルを調達し、DAOトレジャー展開を支援

DAOのインフラに焦点を当てた暗号資産会社Muralは、シード資金として560万ドルを調達したと、同社の共同創業者であるSinclair ToffaとKevin Alvarez-Fung両氏がTechCrunchの独占インタビューに答えた

これは、Mike Novogratz氏のGalaxy Ventures、Barry Silbert氏のDigital Currency Group、Firstminute Capital、186 Ventures、および少数の創業者から成る投資家を通じた同社初の外部資金調達となった。アルバレス・フォンは、この資金は新しい人材の獲得と、DAOの作成と利用を希望する世界中のブランドとの協働に使われると述べた。

IV. ブロックチェーンファンド

1. Animoca Brands、4,500万ドルを調達し、Web3事業を拡大へ

Animoca Brands Corporation Limitedの子会社であるAnimoca Brands Japanは、Web3事業を拡大する。同社は先日、MUFG銀行とアニモカ・ブランズ・コーポレーションとの間で、評価額を5億ドルに設定し、4,500万ドルの資金調達を完了した。

2. EsportsとWeb3の成長企業であるAmpverse 、フィリピン市場に1億ペソ規模の投資

アジアで成長中のEsportsとWeb3企業であるAmpverseは、5番目の市場としてフィリピンに正式に進出を開始する。現地のゲームとesportsエコシステムを強化するために、Ampverseはフィリピンに1億ペソ以上を投資し、esports、人材、商業、Web3の4つの柱を中核とする予定である。

3. Y Combinatorの卒業生、暗号資産スタートアップを支援するDAOで8,000万ドルを調達

Orange DAOは、主に2つの戦略的投資家:Layer1ブロックチェーンのALGORANDとNEARから8,000万ドルの資金を調達したばかりで、ゼネラルパートナーのBen Huh氏はTechCrunchのインタビューに応じ、『彼らは、より多くの起業家をWeb3にもたらすという私たちの使命を支援したかったのです。 彼らにとって、私たちと協力して起業家の前に露出することは本当に重要です。私たちのメンバーの1人が10億ドルのDeFiプロトコルを構築した場合、彼らが私たちに行った投資は、彼らがそこから得るアップサイドの量と比較して些細です』と述べた。

4. Distributed Finance、250万ドルのシードラウンドとAlgorand NFTマーケットプレイスRand Galleryの買収を発表

Distributed Financeは、250万ドルのシードラウンドとAlgorand NFTマーケットプレイスRand Galleryの買収を発表した。

先週火曜日の発表よると、この新しいベンチャーはAlgorandエコシステムにおける非代替性トークン(NFT)と分散型自律組織(DAOs)の成長を促進することを目的としているとのことだ。

MEXCについて

MEXCは700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引のプラットフォームであり、現物、レバレッジETF、信用、ステーキングサービス、NFT Indexなどのワンストップ暗号資産取引サービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。2021年10月Crypto Expo Dubaiで、MEXC Globalは「アジアトップ評価の暗号資産取引所」の評価を得ました。現在、1,400以上の暗号資産銘柄の取り扱いがあり、新規銘柄の上場スピードが最も早く、暗号資産の取り扱い数が最も豊富な取引所です。

詳細については、弊社公式ウェブサイトブログをご覧ください。また、その他の最新情報を随時発信しておりますのでMEXC JapanMEXC Research公式Twitter、及びTelegramLINEをフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いいたします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch