【7/25-7/31】MEXC週刊・暗号資産速報:資金調達額が​​​14.61億ドルに到達・MX/USDT無期限先物取引の取扱を開始


MEXC Researchをフォローし、新規銘柄と最新の市場動向をつかもう!

MEXC Researchの統計によると、2022年7月25日から7月31日までに暗号資産業界で28の資金調達ラウンドにて総額14億6100万ドルの資金調達が完了した。 その中で、Metaverse NFT&GameF分野iは4000万ドル、DeFi&Web3分野は1億8100万ドル、インフラ関連分野は1億9300万ドル、ブロックチェーンファンドは12億4000万ドルの投資ラウンドを完了した。

MEXC先週の重要イベント

1.MX/USDT無期限先物取引の取扱を開始

2. オンライン競馬ゲーム「Zed Run(ZED)」上場

3. 7月29日のニュースによると、Optimism上のTVLが5億5千万ドル超で過去最高を記録した。 イーサリアムエコシステムの上昇率トップ5は、LDO(278%)、OP(256%)、ETC(220%)、CELR(100%)、ENS(86.9%)となっている。

I. Metaverse & NFT & GameFi

1.NFT関連企業のCenter、Founders Fundから1100万ドルの資金調達ラウンドを終了

7月28日、NFTツール企業のCenterは、米国のベンチャーキャピタルであるThriveとFounders Fundから、1100万ドルのシード資金調達ラウンドを完了した。同社は、すべてのブロックチェーン上のNFTをインデックス化し整理しようとしており、これまでに1億2千万件のNFTを記録しているという。 Centerの5人のチームは、NFTレンディングAPIやマルチチェーンの相互運用支援など、開発者向けのNFTツールも開発している。

2.メタバース業界のスタートアップであるCondense、LocalGlobeが主導する450万ドルの資金調達ラウンドを終了

7月28日、スポーツ・音楽ライブのメタバース・スタートアップであるCondenseは、ロンドンのベンチャーキャピタルLocalGlobeが主導し、7% Ventures、Deeptech Labsなどが参加した450万ドルのシード資金調達ラウンドを終了したことを発表した。 Condenseは、メタバースにおけるスポーツや音楽のライブ体験の実現を支援するメタバースインフラ・スタートアップで、主に開発者、放送局、レコード会社、スポーツブランドや試合のライセンス放送局などを顧客としている。

3.スタートアップ企業のMagicaveがBITKRAFT Venturesが主導する640万ドルの資金調達ラウンドを終了

7月27日、キッズ家電、ゲーム、ホビー関連グッズのスタートアップ企業であるMagicaveは、BITKRAFT VenturesとFabric Venturesが共同主導する560万5000ドルのシードラウンド、GeometryとNFT投資会社のSfemionが参加した資金調達ラウンドにて総額640万ドルの資金調達を完了した。Magicaveは、NFTとブロックチェーン技術を使用し、ゲーム・プレイヤー経済圏を軸として分散型web3ゲームを作成することに注力しており、デジタルアイテムを実物より近づけ、より楽しいメタバースゲーム体験ができるを作り上げることを目標にしている。

4.NFTのレンディングプロトコルreNFT、Mechanismが主導する500万ドルの資金調達ラウンドを終了

7月26日、 NFTレンディングプロトコルであるreNFTは、MechanismとGumi Cryptos Capitalが主導し、Gemini、The Sandbox、OpenSeaなどが参加した500万ドルの資金調達ラウンドを終了した。 この資金調達ラウンドで調達した資金は、スタッフの雇用、複数のブロックチェーンの統合、製品の拡張及び開発に使用される予定だ。

5.NFTアートプラットフォーム構築を目指すスタートアップ企業Artfiが、Raza Beigを中心に326万ドルの資金調達ラウンドを終了

7月26日、NFTアートプラットフォームの構築を目指すスタートアップ企業Artfiは、UAEランドマークグループのディレクターRaza Beig氏などのエンジェル投資家が参加し、1億ドルの評価額で326万ドルの資金調達ラウンドを完了した。 同社は、今回の資金調達により、チーム拡大を目指している。 Artfiは、分散型NFTの保有に基づくアート取引プラットフォームを構築しており、今年8月に最初のアートコレクションを発表する予定だ。

6.ゲームスタジオ「Mighty Bear Games」がFramework Venturesが主導した1,000万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月26日に、シンガポールを拠点とするマルチプラットフォームゲームスタジオMighty Bear Gamesは、Framework Venturesが主導し、Dune Ventures、Polygonなどが参加した1000万米ドルの資金調達ラウンドを終了したと発表した。 今回の資金調達は、ブロックチェーンゲーム分野への参入に割り当てられる予定だ。 Mighty Bear Gamesは以前、初のWeb3ゲーム「Mighty Action Heroes」を今年後半にリリースすると発表しており、このゲームは「躍動感のある、手に汗握るゲーム体験を提供すること」に重点を置いたマルチプレイヤー型・バトルロイヤル」と説明されている。

II. DeFi & Web 3

1.DeFiレンディングプロトコルのAurigamiがPolychain Capital主導の1200万ドルの資金調達ラウンドを完了

 7月29日に、Aurora上のDeFiレンディングプロトコルであるAurigamiは、Amber Groupなどが参加したトークンラウンドにて1200万ドルの資金調達を終了し、950万ドルをプライベートセールにてで調達した。 今回の資金調達は、チームの拡大とエコシステムの開発に充てられる予定だ。 Aurigamiは、NEARエコシステムのEVMスケーリングネットワークAurora上のDeFiレンディングプロトコルで、Aurigamiは年内にNEARエコシステムのステーブルコインUSNを借入可能資産として、クロスチェーン融資をサポートする予定だ。

2.Web3生体認証ソリューションのReltimeが、GEM Digitalらが参加した5,000万米ドルの資金調達ラウンドを完了

7月29日に、Web3生体認証ソリューションのReltimeは、GEM Digital Limitedが参加した5000万米ドルの資金調達ラウンドを完了したことを発表した。 今回の資金調達は、コールドストレージ付き生体認証決済カードやデジタルIDを含む、Layer1のWeb3金融エコシステムのグローバル展開に活用される予定だ。 ReltimeのWeb3金融エコシステムには、Certificate of Depositプロトコル、Reltime DEX、NFTマーケットプレイス、Web3 Banking as a Serviceソリューション、Metaverse SDKも含まれるとされている。

3. Quasar FinanceがPolychain Capitalの参加を得て600万ドルの資金調達ラウンドを完了

 7月28日に、Cosmos を拠点とするDeFiを活用した投資商品を提供するQuasar Financeは、Polychain Capital、Blockchain Capitalなどから600万ドルの資金調達を完了したと発表した。 Quasar Financeは、投資家の預け入れられた資産を運用することに特化した企業だ。

4.Sweatcoin開発会社Sweat EconomyがSpartan Capital主導する1300万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月28日に、ヘルス・フィットネスアプリSweatcoinを開発するSweat Economy社は、Web3に特化した機能の充実を目指し、1300万ドルを調達した。 このラウンドはSpartan Capitalが主導し、Electric Capital、OKX Blockdream Ventures、Goodwater Capital、GSR Capitalが参加した。 Sweat Economyはこの資金を利用して、ネイティブトークンのSWEATの使用を拡大し、毎日の歩数に応じて、割引やチャリティへの寄付などに使用できるオフチェーン通貨でユーザーに報酬を与えることを目標に掲げている。

5.Web3情報集約プラットフォーム「Coinfeeds」、Coinbaseが参加する200万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月28日に、Web3ニュース・アグリゲーションプラットフォームCoinfeedsが、FTX VenturesとCoinbase Venturesの参加を得て、200万ドルのシード資金ラウンドを完了したと発表した。 Coinfeedsは現在、Web3やNFTプロジェクトに関するソーシャルメディアの動きを随時監視できる暗号ニュースダイジェストBOTとAPIを開発したと言われてる。

6.Web3メディア「Trustless Media」がAlameda Research主導の325万ドルの資金調達ラウンドを完了

Web3メディア企業であるTrustless Mediaは、Alameda Researchが主導し、Ava LabsとRed DAOが参加した325万ドルのシード資金調達ラウンドを終了したと発表した。Trustlessはコンテンツクリエーターや組織と協力し、NFTを活用してテレビ番組のトークン化を支援することが発表された。 番組はNFTを通じてクラウドファンディングが可能で、ホルダーはコンテンツを視聴し、ブロックチェーン上で投票することで制作に参加することができる。

7.暗号資産取引戦略プラットフォーム「Sumo Signals」がOnDeck Venture率いる550万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月27日に、AIを活用した暗号取引戦略プラットフォームのSumo Signalsが、OnDeck Ventureが主導する550万ドルの資金調達ラウンドを終了し、製品開発と人材獲得、およびマーケティングに使用されることが明らかになった。 Sumo Signalsは、AIベースの裁定取引指標を提供し、数百の暗号資産を選出して売買シグナルを示すパターンを探し出し、暗号資産投資家の裁定取引実行を支援する。

8.Web3のデジタルIDプラットフォーム「Unstoppable Domains」がPantera Capital主導で6500万ドルの資金調達ラウンドを完了

Web3のデジタルIDプラットフォームであるUnstoppable Domainsは、水曜日にシリーズA資金として6500万ドルを調達し、その評価額は10億ドルに達すると発表した。Pantera Capitalがラウンドを主導し、Spartan Group、Polygon、CoinGeckoなどが参加した。 Unstoppable Domainsは、デジタルアイデンティティトークンを代替不可能のNFTとして構築する企業で、アプリ間の暗号資産決済の摩擦を減らし、評価ベースの報酬プログラムを構築するために資金を活用すると言われている。

9.Web3教育企業Nas AcademyがBECO Capitalが主導する1,200万ドルの資金調達を完了

7月27日に、 シンガポールを拠点とするWeb3教育スタートアップのNas Academyは、BECO CapitalとPitangoVenture Capitalが主導し、FTX Ventures、HOF Capitalなどが参加した1200万米ドルの資金調達ラウンドを終了したと発表した。 今回の資金調達は、同プラットフォームのグローバルなエンジニアリングおよびプロダクトチームの支援と、Web3サービスの拡大に充てられる予定だ。 教育クリエイターのコミュニティを基盤としたWeb3トレーニングサービス構築を目指すNas Academyは、これまでAxie InfinityやAlchemyなどのブロックチェーン企業とトレーニングやコース学習のパートナーシップを結び、Web3やコンテンツ制作に関する様々な教育コンテンツを発表してきた。

10.暗号資産投資プラットフォーム「Crypso」がHashed Emergent率いる300万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月26日に、コミュニティ主導の暗号資産投資プラットフォームであるCrypsoは、Hashed Emergent、Athera Venture Partners、Better Capital、Whiteboard Capitalが主導し、Sandeep Nailwalらが参加して300万ドルのシードラウンドを終了したと発表した。 資金は、主に製品の販促活動に使われる予定だ。 Cryspoは、第三者のポートフォリオや取引戦略を見たり、自分の興味のあるコミュニティに参加して投資体験を共有したりできるソーシャルトレーディングアプリだ。

11. “分散型Reddit “DSCVRが、Polychain Capital主導の900万ドルの資金調達ラウンドを終了

7月25日に、DFINITY、分散型ソーシャルコンテンツプラットフォームであるDSCVRは、Polychain Capitalが主導し、Upfront VenturesとBertelsmann Digital Media Investments(BDMI)が参加する900万ドルのシード資金調達ラウンドを終了した。 dscvr.oneにはカスタムガバナンスエンジンが組み込まれており、ガバナンストークンの投票によって今後の開発やコンテンツの見直しを決定し、「分散型Reddit」を目指して設計されています。 今回の資金調達は、現在のロードマップをサポートするほか、他のトークンやNFTエコシステムの統合、DSCVRコミュニティが自律分散型組織(DAO)となるためのガバナンスツールの立ち上げなどに活用される予定だ。

III. インフラの整備

1. 分散型データプラットフォーム「Space and Time」、Framework Ventures主導の1,000万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月28日に、分散型データプラットフォーム「Space and Time」、Framework Ventures主導の1,000万ドルの資金調達ラウンドを完了したと発表した。Space and Time は、2023年4月頃にベータ版のプラットフォーム(またはテストネットワーク)を開始し、9月にメインネットワークを立ち上げる予定だ。  Space and Time は、ブロックチェーンアプリケーションが分散型、低コスト、かつ安全な方法で分析的洞察を迅速に生成できるようにする、「SQL Proof」という新しい暗号資産プロトコルを開発していると報じられている。

2. サイバーセキュリティプロトコル「Naoris Protocol」がTim Draperの主導で1150万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月27日に、ブロックチェーンサイバーセキュリティプロトコルのNaoris Protocolは、Tim Draperが主導し、Holt Xchange、Holdun Family Officerなどが参加した1150万ドルの資金調達ラウンドを終了したと発表した。Naoriプロトコルのもう一つの要素は、暗号資産「CYBERトークン」で、ネットワーク参加者が保有し、各ノードが他のデバイスの脆弱性を常にスキャンするよう促すために使用されなければならないものである。 Naoris Protocolは、ブロックチェーンネットワークのセキュリティを改革すると言われています。Naoris Protocolは、ブロックチェーンとその分散型セキュリティの合意証明に依存し、各デバイスを、ネットワーク内の他のすべてのノードを認証する責任を負う、信頼できる認証ノードに変換します。つまり、ネットワークが大きくなればなるほど、認証者が増え、より安全になるのだ。

3.デジタル資産管理ソリューションプロバイダーのAtatoがAlphaLab Capital主導で600万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月27日に、シンガポールを拠点とする認可デジタル資産保管ソリューションのプロバイダーであるAtatoは、AlphaLab CapitalとFEBE Venturesが主導し、NGC Ventures、Huashan Capitalなどが参加した600万米ドルのシリーズA資金調達ラウンドを完了したことを発表した。 今回調達した資金は、小売の拡大、消費者の進出、地理的な成長、専門知識の獲得など、Atato製品の品揃え拡充し、現在のテスト開発の完了を加速させるために使用される予定だ。 Atatoは、主に企業や機関投資家向けに、より費用対効果の高いマルチパーティコンピューティング(MPC)ホスティングソリューションを提供し、Web3やDeFiと相互に作用するデジタル資産をサポートし、個人や企業のデジタル資産を保存、取引、管理できると言われている。

4.ブロックチェーンプロジェクトTopl、Mercury主導で1500万ドルの資金調達ラウンドを完了

7月26日、ブロックチェーンプロジェクトToplは、Mercury、Republic Asia、Cryptology Asset Groupが共同リードする1500万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了したと発表した。 新たな資金調達は、今後1年間のチーム拡大、コミュニティガバナンスのための更なる分散化、そして2つの新しいブロックチェーンベースのアプリ、来月開始するトレーサビリティ・サービス型アプリと来年開始予定のカーボン・クレジット登録サービス型アプリに充てられます。toplは、企業のソーシャルインパクト・イニシアティブの追跡とトークン化を支援します。 今年末までに、Toplエコシステムには約40~50のプロジェクトがオンチェーンする見込みだ。

5.パブリックチェーンプロジェクトAptos、Jump Cryptoが主導する1.5億ドルの資金調達ラウンドを完了

元Meta社員が設立した新しいパブリックチェーンプロジェクトのAptosは、FTX VenturesとJump Cryptoが主導し、Circle VenturesやSuperscrypt参加した1億5千万ドルの資金調達を終了した。 Aptosは今年、これまでに3億5,000万ドルを調達している。

IV. ブロックチェーン・ファンド

1.Upfront Venturesがフィンテック分野などに特化した3つの新ファンドで6.5億ドルを調達

7月30日、ロサンゼルスに拠点を置くベンチャーキャピタル、Upfront Venturesは、3つのベンチャーキャピタルファンドを通じて6億5千万ドルを調達し、「今後何年にもわたって」投資を続けることができると発表した。Upfrontは、新たに設立したアーリーステージファンドが、ヘルスケアと応用生物学、防衛技術、コンピュータビジョン、持続可能性、技術金融、企業ソフトウェアのコンシューマライゼーション、ゲームインフラなどの分野に焦点を当てていると述べています。Upfront Venturesのポートフォリオには、ブロックチェーンやWeb3関連のスタートアップが複数含まれている。

2.暗号資産ベンチャーキャピタルのVariant、2つの新規ベンチャーファンドで4.5億ドルを調達

7月28日、暗号資産ベンチャーキャピタルのVariantは2日、新たに2つのベンチャーファンドを立ち上げると発表した。 このファンドは、Web3や分散型金融市場を対象としています。 一つは、いわゆるオポチュニティファンドに3億ドル、アーリーステージのスタートアップに投資するファンドに1億5千万ドルを調達するものである。 Variantのポートフォリオには、Magic EdenなどのNFTプラットフォーム、分散型クレジットプラットフォームGoldfinch、分散型取引所Uniswapなど、暗号資産分野の企業が幅広く含まれている。

3.英国ベンチャーキャピタルConcept Venturesが約6000万米ドルのプレシードステージ専用ファンドを立ち上げ

7月27日、英国政府が支援するベンチャーキャピタルであるConcept Venturesは、5000万ポンド(6028万米ドル)のプレシードステージ専用ファンドを立ち上げると発表した。 このファンドは、プレシードステージ専用のファンドとしては英国最大規模になると言われています。 Concept Venturesは、これまでWeb3やゲーム分野のスタートアップに投資してきたが、今後4年間でさらに60社以上のスタートアップに投資する計画があるといわれている。

4.スタートアップ・コミュニティ「Launch House」が1000万ドルのWeb3ファンド「House Capital」を立ち上げ

7月27日、CoinDeskによると、「新しいシリコンバレー」の構築を目指すスタートアップ・コミュニティであるLaunch Houseは、火曜日に最初のファンド「House Capital」を立ち上げ、コミュニティ内の初期段階の企業や外部の高成長スタートアップに投資するために1000万ドルを拠出することを約束した。 このファンドは、Web3イノベーションを含む幅広い技術分野において、コミュニティ内のアーリーステージ企業や外部の高成長新興企業に1,000万ドルを投資しています。 同ファンドは、暗号会計ソフトのCoinbooksなど、すでに17社の新興企業に投資している。

5.Interplayが1000万ドルのブロックチェーンファンド 「Blockchain Fund I」を設立

7月26日、ニューヨークに拠点を置くベンチャーキャピタル、Interplayは、独自のブロックチェーン専用ファンド「Blockchain Fund I」を立ち上げると発表した。1000万ドルのマルチストラテジーファンドは、新しいパートナーのBrett Palatiello が主導し、初期段階のスタートアップ、トークン、特別な状況、その他のファンドに投資する予定だ。 新ファンドは、パブリックブロックチェーン、トークン、スペシャルシチュエーションなどのファンドの活用に注力する予定だ。 新ファンドは、パブリックブロックチェーンにおける機会活用に焦点を当てます。 同社の創業者でマネージングMark Peter Davisは、新ファンドのために1,000万ドルを調達する予定で、現在投資家と交渉中であると語った。

6.ベンチャーキャピタルAudacity、Web3クリエイターエコノミーなどに特化した6,000万ドルの新ファンドを設立

7月26日、ベンチャーキャピタルのAudacityは火曜日、Web2からWeb3へのギャップを埋める新時代のメディアテクノロジー企業への資金提供に焦点を当てた、6000万ドルの新ファンドを立ち上げると発表した。 このファンドはすでに、グローバルなコンテンツ編集プラットフォーム「VideoVerse」やインド最大級の「Generation Zコンテンツプラットフォーム」など4社に総額1200万ドルを投資しています。audacityはインドとシンガポールにオフィスを構え、インドと米国でファンドを運営しています。Audacityの創設者であるKabir Kochhar氏は、Web3アプリケーションレイヤーはまだ初期段階にあるが、メディアのエコシステムがユーザーを紹介するにつれて、Web3主流のペースは加速していくと述べている。

MEXC先週の重要イベント

1. MEXCがMX_USDTの無期限契約取引の取扱を開始!

MX(MX/USDT Perpetual Contract ここで取引)は、イーサリアムブロックチェーンに基づくMEXCプラットフォームで開発されたネイティブ分散型デジタル資産だ。2018年4月に設立されたMEXCは、現物、ETF、レバレッジ、コントラクト取引を世界中の700万人を超えるユーザーに提供する世界有数の暗号資産トレーディングプラットフォームだ。

⒉オンライン競馬ゲームZed Run(ZED)がMEXCに上場

ZED RUN(ゼットラン)は2019年に作成されたNFT競馬ゲームで、プレイヤーは購入、繁殖、取引、レース、そしてレースコースの建設まで行うことができます。 ZED(ここで取引)は現在MEXCでの取引を開始しており現時点で最大881%の上昇率を記録してる。

3. 7月29日、OptimismのTVLが5億5千万ドル超、過去最高を記録

イーサリアムエコシステムの上昇率トップ5は、LDO(278%)、OP(256%)、ETC(220%)、CELR(100%)、ENS(86.9%)となっています。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱えるデジタル資産取引のプラットフォームであり、現物、証拠金、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報を

Twitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch