MEXC:NFT Indexを通じてNFTの市場流動性を高めよう!

MEXC Global

ここ3年間、NFT市場は暗号資産業界を牽引するビッグウェーブを創り続けてきました。同時に、主要な暗号資産取引所は独自のNFT取引プラットフォームを立ち上げが多く見られた3年間でもありました。Coinbaseは既存のメリットを活用してNFT取引プラットフォームを立ち上げ、BinanceはBNB ChainをベースにしたNFT取引市場を立ち上げました。そしてMEXCも4月上旬にNFT Indexをいち早く立ち上げ、NFT Indexを通じてユーザーのNFT市場参入のハードルを下げ、NFT流動性不足を改善することを目指しています。

その一例として、MEXCはNFT Index であるPotatozの取扱を開始しました

MEXCはフロアプライスのサポートとして20点のThe Potatoz NFTを購入し、それを20,000,000単位のNFT Indexとして分割しました。

The Potatozは、老舗GIF & MEME画像フォーラム9gagが作成したNFTシリーズ、Memelandが立ち上げたサブプロジェクトです。NFT Index商品の$POTATOZは、ユーザーが購入参加権を獲得するためにMEXCの招待イベントに参加していただく必要があります。NFT Indexは、8月29日に販売を開始する予定です。

NFT Indexとは何か、MEXCはなぜNFT取引市場への参入形式としてNFT Indexを選んだのか。そこで、NFT市場とNFT Indexの現状ついて理解を深めるため、MEXCのNFT商品取扱い担当者であるAndrew氏に、今日のNFT市場やNFT Indexについてインタビュー質問を実施しました。

以下はその一部を記録したものです。

Q: CoinbaseとBinanceが独自のNFT取引マーケットプレイスを立ち上げましたが、MEXCはどのような形でNFTの分野に参入するのでしょうか?

A: MEXCは現在、主にNFT Indexという形でNFTの分野に参入しています。 これは、「NFT ERC-721の規格を破ることなく」、NFTを「オフチェーンで分割」することで、NFT資産の流動性を高めようとする、全く新たな試みです。現在、ほとんどのインデックストークンは次のような比率で分割されています:ー1つのNFTに対して、100万単位のインデックストークンに分割します。

Q:NFT Idexとは、またMEXCがNFT Idexを立ち上げるきっかけは何でしょうか?

A:Web3の入口として、NFTの活用方法について、一部のNFTの価格が緩やかに下降しているのは、NFT市場の脱バブル化の必然的な流れだと考えています。MEXCがユーザーの視点から、「オフチェーンでの分割化」を試み、ユーザーのニーズを実現しようという狙いがあります。それは:

1.NFT自体の流動性を高める。

2. 限られた予算内でブルーチップNFTの取引に参加する。

Q:NFT Indexのメリットは何でしょうか?

A:NFTの最大の問題点は流動性の低さです。 良質なプロジェクトは、市場のFOMO感情において、価格と流動性ともに影響を受けることは火を見るより明らかです。

しかし、時間が経つにつれてユーザー様の関心は他のNFTプロジェクトに移りやすく、その際に本来のNFTの流動性が問題となり、価格の「緩やかな下落」からFOMO感情を伴う「過度の下落」へと移行していくのです。 

そしてその変化の過程はとても短い時間で起こります。

MEXC Indexの価値は、まず質の高いブルーチップNFTプロジェクトを見極め、ユーザーの最初の監査役となり、「オフチェーンでの分割」により、ユーザーが限られた予算内で質の高いプロジェクトの成長プロセスに参加できるようにすることだと考えています。

万が一の場合、インデックストークンに分割されたNFTの価格が下落しても、ユーザー様はインデックストークンを売却することができ、流動性はNFTそのものを保有するよりも格段に高い流動性を確保することが出来ます。一方、NFT市場は、ユーザーがNFTそのものを保有する場合、その非分割性から、二次取引が大きな問題となります。「価格の暴落」が発生しやすく、その場合ユーザー様が大きな損失を被ることになります。

Q:NFT Index に関してのユーザーの反応は? 

MEXCはこれまでに、Moonbirds、Clone X、Azuki、Meebits、Doodles、Invisible Friendsなど10種類のブルーチップNFTコレクションを購入し、対応するNFT Index を立ち上げてきました。NCLONEX、NMOON、NDDS、さらに今回上場したPotatozが挙げられます。

これらのインデックスは、さまざまなNFTコミュニティの多くのファンから支持されています。私が知っている限り、NMOONをフロアプライス複数購入し、Moonbirdsの価格が高い水準のにある時にNMOONをMoonbirdsに交換し、最終的にはMoonbirdsを売って3ETH程度の収益を得たユーザー様がいらっしゃいました。

Q:最近Crypto Punksが、自身のIPプロトコルは既に有効であり、YugaLabsにはそれを修正する権利があるとツイートしました。 また、Crypto PunksがYugaLabsに買収されたとき、Crypto PunksのNFTホルダーの中には⒈Crypto Punksの分散化を望んでいたので、少しがっかりした人、⒉NFT文化の象徴としてだけ利用されれば十分だ、と考える人が少なからずいました。 これらの見解について、どのようにお考えでしょうか?

A:これは本質的に「中央集権化」と「分散化」というテーマで議論するべきだと考えます。

私たちは皆、DeFi、NFT、Web3、そしてこれらの初期成長-発展段階-ピーク期-低迷期というサイクルを経験してきました。最終的には、市場にある質の高いプロジェクトが、実際には「最も中央集権」的な方法で「分散型」の理想を語っていることに気づくのでしょう。Uniswapの初期のUISDT/ETHでさえ、プロのマーケットメーカーや大手組織の介入がありました。 ユーザー様の中にはこの現実を認めたくないと目を背けることもあるかもしれませんが、これが現在のweb3の現実です。

Crypto PunkがYugaLabsに買収された瞬間、このIPをめぐり新しい利益団体が生まれたことを意味し、YugaLabsが絶対的な主導権を持つようになりました。その現状に納得できないホルダーは、自由に売却できることが公正なホルダーの権利であることを認識することになりました。

Q: Moonbirdや DoodlesなどのブルーチップNFTのフロアプライスが徐々に下降傾向にありますが、その原因は何でしょうか?

A: Moonbirdのフロアプライス下落の主な原因は、著作権を撤廃して運営するという戦略です。これは権力の委譲であり、現在ETHの価格が大きく変動しているときにCC0戦略を立てることは、一部のユーザーからは「プロジェクト担当者」の無責任な行動とみなされかねません。 これがフロアプライス下降ののきっかけになることは現在のNFT分野において珍しくないことだと考えています。

Doodlesのフロアプライスが下降した主な原因は、ETHが1000USDTから1900USDTに上昇したことです。 USDT本位で計算すれば、資金が戻るたびに「投げ売り」する人が出てきます。

NFTの価格には段階性があるんです。 例えば、あるプロジェクトのNFTが販売されるとき、すぐ価格が30ETHで安定し、同時にETHの単価が3000USDT近く、NFTのフロアプライスが2ETH前後で推移している時、ホルダーの感情が大きく動くことはありません。

しかし、このときETHの価格が大きく変動すれば、NFTの価格にも大きな影響を与えることになります。ETHは流動性が高いため、ユーザー様はいつ、どの時点で離脱するかを自由に選択することができます。でもNFTを保有するのであれば、「流動性」による値崩れを考慮しなければなりません。

このような場合でも、MEXC Indexであればこの流動性問題を有効に解決することが出来ます。

Q:BAYC、Moonbird、DoodlesなどのNFTは、いずれも第2世代、第3世代のNFTをホルダー向けにエアドロップをしてきました。 これらのイベントが終わった後、ほとんどのブルーチップNFTのロードマップが終焉を迎えたように見えますが、このような流れをどのように考えますか?

A:「NFTを取り巻く物語」は決して終わらないと考えています。後ろ向きなのは「NFTのユースケース」だけです。

今現在のネスティングモデルは非常に時代遅れですが、誰もが使わなければならないモデルです。先日、ETHが2300USDTから881USDTまで急落したことを皆が経験し、弱気市場では市場の問題点を分析することに没頭した人も少なくなかったのではないでしょうか。もし、NFTと金融関連の組み合わせがもっと可能になれば、NFTを取り巻く物語はまったく新しいものに生まれ変わるはずです。 しかし、残念ながら今はみんなの注目がETH2.0に集中しているため、新しいNFTの物語を語るタイミングではありません。しかし、きっとNFTに関する最新の、魅力的な物語がこれからたくさん用意されていることを信じて止みません。

Q:現在のNFT市場はどのような段階にあるのでしょうか?

A:現在、NFTは文化の象徴としての資産から金融資産への移行する段階にあると考えています。 成熟していく流れにある資産は金融化に必ずつながっていきます。NFTも例に漏れずこのプロセスを辿っています。 例えば、P2Eタイプのゲーム、NETFi、MEXC Indexなど、根本を辿ればすべてNFTの流動性に最適化されたものです。

NFTは2年ほど前からFOMOの時期を迎え、収益をあげたほとんどの人が離脱(利益が出たら売る)し、NFT市場では悪意のある詐欺行為、望まない競争が蔓延っています。 よって、現段階では、NFTの金融化問題を一挙に解決する方法は、ないと考えています。これからこの問題に対して参加者全員が 一歩ずつ構築及び改善していく必要があり、現時点においてこのMEXCインデックストークンのアプローチが、NFT金融化に対する早期かつ良質な解決策の一つだと考えています。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引のプラットフォームであり、現物、信用、レバレッジETF、無期限先物取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報をTwitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

注記:当記事は情報共有のみを目的としており、投資アドバイスを提供するものではありません。市場のリスクには常にご注意ください。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch