ウォレットへ暗号資産を入金

Step 1.MEXCアカウントにログインし、[ウォレット] – [ 概要 ]をクリックします。

Step 2.[入金]ボタンをクリックしてください。入金するトークンを選択します。

下記に、手順を説明するための一例としてTether(USDTを取り上げます。

Step 3.「USDT」を選択すると、[ネットワーク]欄に「USDT利用可能なネットワーク」が表示されます

ここで必ず正しいネットワークが選択されていることを確認してください。誤ったネットワークを介して入金すると、資金損失が発生する可能性があります。これらブロックチェーンネットワークに関するお問い合わせについては、MEXCの公式オンラインカスタマーサービスにご相談ください。

これまでに入金アドレスを取得したことがない場合は、[こちらをクリックするとアドレスが生成されます]をクリックし、ネットワークの下段に記載されているアドレスと選択したトークンを取得してください。

Step4.入金ネットワークとして「USDT」と「TRC-20」を選択したとすると、次のQRコードと文字列はMEXCアカウントのUSDT-TRC20アドレスに対応します。コピーボタンをクリックして、USDT-TRC20の入金アドレスをクリップボードにコピーし、トークンを送信する場所から出金アドレスバーに貼り付けてください。

※また、出金した取引所でQRコードを読み取ることで、MEXCに入金することも可能です。

Step5.XRPなどの一部のトークンとネットワークでは、ユーザーがアドレスと宛先タグの両方を同時に入力する必要があります。注意書きに:入金するアドレスと宛先タグの両方を入力してください。必ずこの宛先タグを記入してください。記入しないと、トークンそのものが失われます。

この入金画面の下部にある「資金履歴」から過去の入金記録を表示し、現在の入金の進捗状況を確認することができます。

入金を実行するには、ネットワークの確認が必要です。確認が完了すると、出金した場所から送金した資金がアカウントに入金されます。 「現物取引口座」でご確認ください。

注意:

1.正しい暗号資産が指定されたアドレスに転送されていることを確認してください。記入を誤ったまま転送すると、資金損失が発生し、取り戻すことが出来なくなります。

2.最低入金額がありますのでご注意ください。最小金額未満を入金した場合に不測の事態があったとしても再度取り戻すことができません。

3.入金毎に、入金先アドレスとネットワークを確認してください。ごく一部の入金アドレスに限り、トークンの名前変更または更新中に変更される可能性があります。

4.入金を開始した後、ブロック確認を必ず行う必要があります。 ERC20のアドレスを選択すると、12ブロックのネットワーク確認が必要であるという旨の注意書きが表示されます。確認が完了するまで、トークンは記帳されません。入金後にトークンが届かない場合は、ブロックネットワークで取引が確認されておらず、ブロック取引のネットワーク確認時間が不明な場合がありますので、しばらくお待ちください。また、入金履歴で入金状況を確認することができます。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch