「ウンチ」の台頭:NFTの新勢力銘柄ShitCoin (SHIT)の市場分析

ill poop it nft図1

暗号資産市場が低迷する中、NFT市場において、goblintownill poop it nftという2つの新勢力が突如出現し、低迷していたNFT市場に新しい息吹を吹き込んでいます。

「ill poop it nft 」:

ill poop it nft は元々、明確なロードマップもなく、匿名のチームによるミーム型NFTプロジェクトでしたが、優れたマーケティング力、緻密な計画、ロードマップ提供力により、わずか1週間で価格と取引高が一気に「OpenSea」のトップ3に入りました。そのトークンである ShitCoin(SHIT)はMEXCに上場した後、最高上昇率は6125%に達しました。

ill poop it nftはロードマップの頻繁な更新により、DeFiの性質を持つNFTプロジェクトとなり、その後、NFTのステーキングプラットフォームへと発展していく可能性があります。

現在、ll poop it nftの進行は4つのステップに分けられています。

1.  ill poop it nft :総発行量は10,000枚で、最初はフリーミント、最高値は0.6ETH以上です。

2.  Genesis ShitBeastとShitBeast :Genesis ShitBeast は2枚の ill poop it nfから合成され、合計3,900枚で最高価格は1.4ETH以上に達しています。ShitBeastの入手にはミントを必要とし、合計6,100個、最高価格は0.4ETH以上となっております。

3.  ShitCoin(SHIT):2枚のill poop it nftを1枚のGenesis ShitBeastに合成できる同時に、100枚のSHITトークンを獲得することができます。

4.  便器クリーナー:Genesis ShitBeastとShitBeastは、「便器クリーナー」(合成ポーション)により、NFTレベル3にアップすることができます。

ShitCoin(SHIT)のDeFiモデル:

ill poop it nftからGenesis ShitBeastに合成してSHITトークンを得るパートは既に終了しています。これが ill poop it nft がフリーミントから0.5ETHまで急騰する理由でした。公式にはill poop it nftに与えられた他の権利や機能があると言われているため、始値は一時期0.6ETHを超えていました。ill poop it nftを通じて合成されたGenesis ShitBeastは、第3世代NFTにアップグレードするために便器クリーナーを無料でエアドロップしてもらうことができ、どちらもステーキングすることでSHITを採掘することができ、NFTレベルが高ければ高いほど採掘の収益が大きくなります。一方、ShitBeastは、第3世代NFTにアップグレードするには、便器クリーナーと燃料としてのSHITを購入する必要があります。

採掘収益はShitBeast< Genesis ShitBeast<第3世代NFTとなります。

発行されたSHITの総量は100兆枚で、そのうち約39兆枚が3900枚のGenesis ShitBeastエアドロップの合成に使われ、25兆枚がVitalikウォレットに転送され、残りがNFTのステーキングユーザーに収益として授与されます。

この情報は現在、ill poop it nftの公式サイトをもとに獲得できましたが、これからのill poop it nftは、NFTのステーキングプラットフォームやメタバース型のプロジェクトを作るのでしょうか。 現時点では不明です。

ill poop it nftの見どころ:

1. goblintownのように、ill poop it nftにはホワイトリストやダッチオークションがなく、完全に無料でミントが利用できるため、早期的に多くのユーザーを獲得できる一方、これまでの有料ミントの融資モデルに大きな影響を与える可能性があります。

2.文化的な観点から、ill poop it nftは、彼らが表現したかったNFTの最初の世代に見られるように、反主流意識を持っています: “すべてがクソで、LUNAはクソ、Azukiはクソ、Stepnはクソ、トップストリームNFT BAYCもクソとして彼らに馬鹿にされているだけではありません” 。 この反主流派のマーケティング戦略は、市場でも反響を呼びました。”あなたの手元にはクソであるブルーチップがあるが、クソもブルーチップに変えることができるよ”と意味されています。

3. ill poop it nftの素早いデリバリー能力も印象的でした。 たった1週間で、ニュースを出し続け、ロードマップを次々と更新し、SHITを上場し、第2世代NFTを更新し、多くのNFTプロジェクトが半年から1年かけて完成する道を歩んできたのです。

ill poop it nft 図2

しかし、ill poop it nftのNFT素材から見ると、実は長い間ロードマップが隠されていたことがわかり、例えば図1と図2では、SHITの上場だけでなく、エアドロップに関する情報も暗示されています。 これは、ill poop it nftがすでに計画され、明確なロードマップを持ったプロジェクトであることを示唆しています。

そのため、ill poop it nftは、ロードマップ計画、マーケティングの位置づけ、実現力において、多くの地味なプロジェクトの中で、自主的なロードを際立って新鮮です。

リスクに関する注意:

1.NFTの価格の変動が激しいです。例えば、ill poop it nftでは0.5ETHに達した後、一時的0.1ETHを下回る水準でしばらく下落し、ロードマップの発表に従ってリバウンドしています。

2.SHITは現在、便器クリーナーを購入して第三世代のNFTを合成すること以外、現時点で他の価値のある情報はなく、ミーム型に近いものと見られています。

3.現在のill poop it nftのロードマップは、SHIT、Genesis ShitBeastなどの価格に大きな影響を与えるため、その持続性はプロジェクトと市場の双方で試されることになります。

注:この記事は情報共有のみを目的としたものであり、投資アドバイスを行うものではありません。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引プラットフォームで、現物取引も含めたワンストップサービスをユーザーに提供しています。中心メンバーは、国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界の経験があります。より詳しく知りたい場合は、MEXCの日本語ホームページ公式ブログをご覧ください! Twitter 、LINE、および Telegramからも色々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch