【5/30-6/03】MEXC週刊・暗号資産速報

MEXC Researchの統計によると、2022年5月30日から6月2日の時点まで、暗号資産業界では23件の重要な公開投資ラウンドが発生し、その資金調達額は3.67億ドルに達しました。このうち、Metaverse & NFT & GameFiセクターは0.56億ドル、DeFiとWeb3セクターは1.04億ドル、インフラ整備セクターは2.07億ドル、ブロックチェーンセクターは12.43億ドルの投資ラウンドを終了しております。

先週注目すべき重要なニュースとしては、OptimismがガバナンストークンOPのエアドロップを開始し、MEXCに上場後、最高収益率が1560%を記録したことです。

I. Metaverse&NFT&GameFi

1.  P2Eゲーム「Revoland」がPolygon Venturesを中心とした投資ラウンドで1060万ドルを調達

6月1日、P2Eチェーンゲームの「Revoland」は、HashKey CapitalとPolygon Venturesが主導する1060万ドルのシードラウンドとプレセールラウンドを完了しました。Tian Ge Interactive、AKG Venture、LinkVC、Arcanum Capital、Atlas Capital、Crypto Nord、PlayPark、MX Investment、One Block Capital、AW Capital、Phemex Venture、Winston International、Gene Vision、Yield Masterが投資に参加しました。調達した資金は、製品と事業開発、ゲームデザイン、スタッフ採用のほか、ゲームギルドとの提携に充てられます。「Revoland」は、ブロックチェーンに基づいたマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)ゲームであり、プレイヤーは友達を集めてチームを作り、他者と戦い、スキルに応じたトークン報酬を受け取ることができ、P2Eモードを通じてプレイヤーを魅了することができます。

2. P2Eゲーム「Kryptomon」がNFX主導の投資ラウンドで1,000万ドルを調達 

5月31日、NFT主導のP2Eゲームプロジェクトである「Kryptomon」は、1000万ドルの私募ラウンドを完了したことを発表しました。NFXが投資を主導し、PLAYSTUDIOS、Griffin Gaming Partners、Tal Ventures、元シティグループCEOのVikram Panditが参加しました。この資金は、同社のNFTゲームの推進と加速に使用される予定です。「Kryptomon」は、ポケモン、CryptokittiesとTamagotchiなどの要素を含むメタバースゲームであります。BinanceのNFTマーケットプレイスで開始された2回のブラインドボックス販売の恩恵を受け、「Kryptomon」は5ヶ月未満で1300万ドルのNFT取引を生み出しました。

3. Web3 ARゲーム企業「Jadu」、Bain Capital主導の投資ラウンドで3600万ドルを調達

5月30日、Web3 ARゲームのスタートアップ「Jadu」は、Bain Capitalが主導し、General Catalyst Partners、LG Tech Ventures、Alumni Venturesが参加した3600万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了と発表しました。同社はこれまでに4500万ドル以上の資金を調達しました。「Jadu」が開始したARモバイルアプリは、ユーザーがETHのウォレットをリンクすることをサポートすると報告されています。そのゲーム内ツールには、ジェットパックやホバーボードなどのNFTが含まれています。ユーザーは、ETHウォレットをJaduアプリに接続し、NFTをアバターとして選択することができます。現在、Deadfellaz、CyberKongz、FLUFs、VOIDs、ChibiApes、Meebitsなどのコレクションの3D NFTアバターに対応しております。

II. DeFi & Web 3

1. ファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」を提供するGaudiyが投資ラウンドで約1922万ドルを調達、SBIとバンダイナムコエンターテインメントが出資に参加

6月2日、Gaudiyは、25億円(約1,922万米ドル)のシリーズB投資ラウンドを完了したことを発表しました。SBI Investment、バンダイナムコエンターテインメント、日本の通信大手KDDI、STRIVE、ジャフコグループなどが投資に参加しました。資金使途は、人材獲得、Gaudiy Fanlinkの既存サービスにおける技術投資の拡大、メタバースなどの新規事業の追加、およびグローバル展開に充当する予定です。

2. メタバースアプリの「Tripp」がAlexa Fundが参加する投資ラウンドで1120万ドルを調達 

6月2日、瞑想メタバースアプリの「Tripp」は、1120万ドルの投資ラウンドを完了したことを発表しました。AmazonのベンチャーキャピタルファンドであるAlexa Fund、Qualcomm、Bitkraft Ventures、HTC、Niantic、Mayfieldが投資に参加しました。調達した資金は、ユーザーのメンタルヘルスケアニーズに応えるため、「Tripp」における拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、モバイルアプリケーションの開発に充てられます。

3. Move to Earnモードのアプリ「Walken」がShima Capital主導の投資ラウンドで470万ドルを調達

6月2日、SolanaエコのMove to Earnアプリ「Walken」は、Infinity Ventures CryptoとShima Capitalが主導する470万ドルの投資ラウンドを完了と発表しました。Morningstar Ventures、Ghaf Capital Partners、Huobi Ventures、Dex Ventures、YGG、YGG Southeast Asia、Big Brain Holdings、Moonchain Capital、Moon Holdings、OliveX、Genblock Capital、NFT Tech、SmackClubなどが投資に参加しました。この資金は、ゲーム開発、製品および経済モデルの改良に使用される予定です。

4. 暗号資産スタートアップの「Size」がThree Arrows Capitalが主導する投資ラウンドで600万ドルを調達

6月1日に暗号資産スタートアップの「Size」は、シンガポールの暗号資産ヘッジファンドThree Arrows Capitalとマーケティング企業のWintermuteとMgnrが主導するシードラウンドで600万ドルを調達しました。 Alameda Research、D1 Ventures、Genblock Capitalは投資に参加しました。「Size」は、ユーザーに「確定または未確定のトークンの封印入札オークションに簡単に参加する」方法を提供します。現在、コミュニティの規模を拡大し、「エコシステムの同業者」をサポートすることに取り組んでいると発表しました。

5. DAO管理プラットフォームの「Dework」、Paradigmが主導する投資ラウンドで500万ドルを調達

6月1日、 DAO管理プラットフォームの「Dework」は、500万ドルのシードラウンドを完了したと発表しました。ParadigmとPace Capitalが共同で投資を主導し、元Coinbase CTOのBalaji SrinivasanとPolygon創業者のSandeep Nailwalが投資に参加しました。新たな資金は、チームの拡大に充てられる予定です。

「Dework」は、Web3ネイティブのコラボレーションツールで、DAOはその中で社内外のチームを組織し、タスクや報酬を透明性を持って管理できるほか、新しいメンバーの参加にも支援することができます。その目標は、”Web3のTrelloとLinkedIn “になることです。このプラットフォームは、OpenDAO、AragonDAO、CityDAO、ShapeshiftDAOなど、いくつかのDAOで使用されています。

6. DeFiプラットフォーム「Alloy」がHeadline Ventures主導の投資ラウンドで300万ドルを調達

5月31日、ドイツのDeFiプラットフォーム「Alloy」は、Checkout.comの創業者Guillaume Pousazの支援を受け、Headline Venturesが主導する300万ドルのシードラウンドを調達しました。「Alloy」によると、Pousazは彼のファミリーオフィスであるZinal Growth、Sorare創業者のNicolas Julia、Seedcampを通じて投資していることを表明しました。

7. DeFiプロトコルの「SmartChain Defi」がBinance Labs主導の投資ラウンドで1600万ドル(約16億円)を調達

5月31日、流動性アズ・ア・サービス(BaaS)のDeFiプロトコル「SmartChain Defi」は、Binance Labsが主導し、非管理分散型取引所Domination Financeの創設者Adrian Kolodyが参加して、1600万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了しました。「SmartChain Defi」はBNB チェーンのワンストップ流動性サービス(LaaS)DeFiプロトコルで、エンジェルラウンドではBinanceの10億成長ファンドが資金を提供したとされています。「SmartChain Defi」はPancakeSwapと10以上のプロトコルに流動性サービスを提供し、パートナーやトークンにオンチェーン流動性を提供することを目指しています。

8. スタートアップ「Merge」、Octopus Ventures主導の投資ラウンドで950万ドルを調達

5月30日、英国に拠点を置くWeb3スタートアップの「Merge」は、Octopus Venturesが主導し、Hashed、Coinbase Ventures、Ethereal Venturesが参加した950万ドルの投資ラウンドを調達しました。「Merge」は、元PayPal幹部のKebbie Sebastianによって昨年末に設立され、アプリケーションプログラミングインタフェース(API)を通じて、Web3企業に銀行、決済、リスク管理、コンプライアンスへのアクセスを提供しています。

9.DeFiプラットフォーム「QUINT」、eスポーツ大手のGalaxy Racerの投資ラウンドで2500万ドルを調達

5月30日、ドバイを拠点とし、eスポーツなどに注力するトランスメディア大手のGalaxy Racerは、DeFiプラットフォーム「QUINT」との提携を発表し、2500万ドルを投資しました。Galaxy Racerは「QUINT」を同社のウェブサイトの決済システムに統合し、暗号資産をeスポーツ競技、イベント、商品販売にどのように利用できるかを探求する予定です。「QUINT」とGalaxy Racerは、暗号資産とWeb3をコミュニティとファンに宣伝するコンテンツシリーズを共同で作成します。

10. メタバースARスタートアップ「LivingCities.xyz」がAli Temaseb参加の投資ラウンドで400万ドルを調達

5月30日、メタバースARスタートアップ「LivingCities.xyz」は、400万ドルのプレシードラウンドを完了し、DCVCのベンチャーキャピタルAli Temasebが投資に参加と発表しました。「LivingCities.xyz」は、ARクラウドインフラの6D.aiの創業者Matt MiesnieksとFoursquareの共同創業者Dennis Crowleyらによって、オープンなWeb3プロトコルによる3D空間を実現するために設立された企業です。Matt Miesnieks氏が以前設立した6D.aiは、ポケモンGOの開発元であるNiantic社に買収されています。

III. インフラの整備

1. インフラストラクチャープロバイダー「InfStones」がSoftBank Vision Fund Phase II主導の投資ラウンドで6,600万ドルを調達

6月1日、インフラストラクチャープロバイダーの「InfStones」は、SoftBank Vision Fund Phase IIとGGV Capitalが主導し、Vision Capital、10T Fund、SNZ Holding、A&T Capitalが参加した6600万ドルの投資ラウンドを完了したと発表しました。このラウンドで得た資金は、「InfStones」のインフラソリューションの開発を継続するために使用されるほか、「InfStones」の新規市場への進出、さらなるパートナーシップの確立、規模拡大のためのM&Aの実施に役立てられます。

2. 暗号資産リスク管理プラットフォームの「Cloudwall」、Illuminate Financialが主導する投資ラウンドで630万ドルを調達

6月1日、シンガポールに拠点を置く暗号資産リスク管理プラットフォーム「Cloudwall」は、LocalGlobeとIlluminate Financialが主導し、IA Capital Partners、Eberg Capital、Nemo Ventures、およびDeFiと伝統的金融のエンジェル投資家が参加して、630万ドルのシードラウンドを完了しました。調達した資金は、今年末までにチームを15人に拡大し、早期体験プログラムを開始するためのプラットフォーム開発に充てられます。

3. ビットコイン還元企業「GoSats」がY Combinatorが参加する400万ドルの投資ラウンドを完了 

6月1日、ビットコイン報酬企業の「GoSats」は、Y Combinator、Accel、Gossamer Capital、Soma Capital、KubeVC、2am VC、Valhalla Capital、Trampoline Venture Partners、Dragon Capital、Leonis VC、DG Daiwa Ventures、C2 Ventures、Draper Dragonが参加して、400万ドルのプレA投資ラウンドを完了しました。GoSatsは新たな資金を、製品の改善やブランドの追加など、事業の拡大に充てる予定です。また、暗号資産をロイヤリティポイントに統合できるブランド向けの暗号資産ベースの報酬APIサービスを開発する予定です。

4. 暗号資産カストディアンの「Liminal」、Elevation Capitalが主導する投資ラウンドで470万ドルを調達

6月1日に暗号資産カストディアンの「Liminal」は、Elevation Capitalが主導する470万ドルのシードラウンドの完了を発表しました。このラウンドには、インドの取引プラットフォームCoinDCX、LD Capital、Woodstock、Nexus Ventures、Hashed、Cadenza Ventures、Vauld、Better Capital、Sparrow Capital、そしてAndreas Antonopoulos、Balaji Srinivasan、Sandeep Nailwal、Jaynti Kanani、Ajeet Khuranaなどのエンジェル投資家が参加しています。「Liminal」は、安全なマルチパーティ計算(MPC)とマルチシグネチャウォレットを提供するウォレット開発企業であると報告されています。同社は、創業開始から1年以内に25億ドル以上の取引を処理し、約5000万ドルの資産を保護したと公表しています。同社の顧客は主に取引プラットフォーム、カストディアン、銀行、トレーディングデスク、ヘッジファンドなどです。

5. DAO給与決済システム「Utopia」がParadigm主導で2300万ドルの投資ラウンドを完了

6月1日、DAO給与支払いシステムの「Utopia」は、Kindred Ventures, Circle Ventures, Gusto, Coinbase Ventures, Infinity Ventures Crypto, Distributed Global, Fourth Revolution Capitalが参加し、Paradigmが主導する2300万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了と発表しました。資金使途は、チームの育成と拡大、トークン所有、台帳設計、人材管理などDAOのさらなる機能向上です。

6. 暗号資産取引プラットフォームの「Mara」が投資ラウンドで2300万ドルを調達、Huobi Venturesが投資に参加

6月1日、暗号資産取引プラットフォームである「Mara」は、Infinite Capital、DAO Jones、Huobi Ventures、TQ Ventures、Distributed Globalが参加し、2300万ドルの投資ラウンドを完了したことを発表しました。報道によると、「Mara」は最近BTCを法定通貨として宣言した中央アフリカ共和国と新たなパートナーシップを結び、Sangoという暗号資産ハブの創設を計画しています。「Mara」はサハラ以南のアフリカの暗号資産システムの構築を目指しており、これにより同地域での暗号資産の大量導入が促進されることになります。

7. データ共有プラットフォームの「Vendia」、NewView Capital主導で3000万ドルの投資ラウンドを完了

5月31日、エンタープライズレベルのデータ共有プラットフォームである「Vendia」は、3000万ドルのシリーズB投資ラウンドを完了したことを発表しました。この資金は、NewView Capitalが主導し、Neotribe Ventures、Canvas Ventures、Sorenson Capital、Aspenwood Ventures、BMW iVenturesが参加しました。同社は最近、CRMデータ共有を軸とした新製品を発表しました。ブロックチェーン技術に基づくヴェンディアは、企業がデータの正確性、出所、トレーサビリティを確保するために、不変のサーバーレス台帳をユーザーに提供することを可能にします。

8. 暗号資産取引所「DTTcoins」が1000万ドルの投資ラウンドを完了、具体的な出資者は非公表

5月30日、DTTグループは、暗号資産取引所DTTcoinsの1000万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了したことを発表しました。具体的な投資家は明らかにされていません。今回の資金は、DTTcoinsのグローバルな拡大計画や、顧客ソリューションのさらなる強化や新商品の開発に向けた研究開発活動に使用される予定です。

9. 決済会社「Mondu」がValar Venturesが主導する投資ラウンドで4300万ドルを調達

5月30日、B2Bの「Buy Now, Pay Later (BNPL)」決済企業である「Mondu」は、米国のベンチャーキャピタルファンドであるValar Venturesが主導し、Cherry Ventures, FinTech CollectiveおよびKlarna、Zalando、SumUpの投資家が参加して4300万ドルのシリーズA投資ラウンドを完了と発表しました。新たな資金は、同社の事業をより多くの欧州諸国に拡大するために使用される予定です。

10. 香港の暗号資産カストディアン、「First Digital Trust」が投資ラウンドで2000万ドルを調達、Nogleも投資に参加

5月30日、香港の金融サービス企業Legacy Trust傘下の暗号資産カストディアン「First Digital Trust」は、2000万ドルの投資ラウンドを完了し、NogleとKenetic Capitalが投資に参加と発表しました。「First Digital Trust」は、新たな資金の一部を、シンガポール、英国、カナダ市場への進出と、非公開株式と暗号資産のセカンダリー市場の開拓に充当する予定です。また、この資金は、インフラの整備、暗号資産のセキュリティと投資保護の提供、さらに技術、マーケティング、ビジネス開発などの人材獲得に使用される予定です。

IV. ブロックチェーンファンド

1. オマーンの政府系ファンドが4月に暗号資産マイニング企業「Crusoe Energy」の3億5千万ドルの投資ラウンドに参加

6月2日、オマーンの政府系ファンドOman Investment Authorityは、4月にクリーンエネルギーマイニングスタートアップ「Crusoe Energy」の3億5千万ドルの投資ラウンドに参加しました。4月のニュースによると、「Crusoe Energy」が持続可能エネルギー投資に注力するG2 Venture Partnersが主導し、投資後の評価額17億5000万ドルで3億5000万ドルのシリーズC投資ラウンドを完了したことが報じられました。この投資には、Bain Capital Ventures、Polychain Capital、Winklevoss Capitalが参加しました。

2.「 Binance Labs」、ブロックチェーンやWeb3などの新技術を推進する5億ドルの投資ファンドを調達

6月1日、バイナンス傘下のベンチャーキャピタルおよびイノベーションインキュベーターである「Binance Labs」は、DST Global Partners、Breyer Capital、多数のファミリーオフィスなどの世界有数の機関投資家、および一部の企業を限定パートナーとして、5億ドルの投資ラウンドを調達しました。新資金は、暗号資産のユースケースを拡大し、Web3やブロックチェーン技術の普及を促進するプロジェクトに使用します。

3. フランスのベンチャーキャピタル「Alven」が6つ目の新ファンドで3億5000万ユーロを調達し、Web3計画 “Operation3 “を立ち上げ

6月1日、パリに拠点を置くベンチャーキャピタル「Alven」は、フィンテック、マーケットプレイス、エンタープライズソフトウェア、ソーシャル、エンターテインメント分野、そして暗号資産や気候技術を含む新しい分野を含む、ヨーロッパ全域のプレシードからシリーズAのスタートアップを支援する最新ファンドで3億5千万ユーロの資金を調達しました。このファンドは、フランスでこれまでに調達したアーリーステージファンドとしては最大規模であり、当初の目標であった3億ユーロを上回る6号ファンドとなります。米国にある欧州企業や欧州の創業者に数十万~1,500万ユーロを投資し、資金の約6~7割を保持してフォローアップ投資を行います。「Alven」は、主にフランスのユニコーン企業であるQonto、Dataiku、Algolia、Ankorstoreへの投資で知られています。

4. ゲーム開発会社「Akatsuki」、アジアのWeb3プロジェクトをサポートする2000万ドルの投資ラウンドを調達

5月31日、日本のゲーム開発会社アカツキが、Web3プロジェクト(特にアジアのプロジェクト)をサポートする2000万ドルのEmooteファンドを立ち上げました。2021年にシンガポールで設立されたEmooteは、Web2の経済モデルとIP構築産業をWeb3の暗号資産ファッションNFTプロジェクトに転換することを約束したと伝えられています。StepNやBreederDAOなどの暗号資産に投資に参加しています。

先週注目すべき重要なニュース

OptimismのガバナンストークンOPのエアドロップを開始

6月1日、Optimismの公式Twitterは、OPガバナンストークンのエアドロップの付与が正式に行われたことを発表しました。エアドロップが正式に開始される前に、一部のユーザーはすでにスマートコントラクトで直接OPトークンを受け取っていました。なお、Optimismブロックチェーンとリモートプロシージャコール(RPC)が高負荷により遅延した結果、負荷が落ち着くまで一時的にアーカイブノードの機能を制限していました。MEXCは既にOptimismガバナンストークンOPを上場させ、最高益は1560%を記録しました。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch