【上昇率No.1!】MEXCプラットフォームトークンとしてのMXトークンの全貌

I. プラットフォームトークンとしてのMXトークンの特長

昨今の暗号資産市場では、賢明な投資家は価値の高い暗号資産をできるだけ安い価格でで仕入れることに注力することは火を見るより明らかです。BTCトークンは強気と弱気市場を何度も経験した数少ない暗号資産の一つとして、市場で一定の地位を確立しており、絶望的な安値から何度も最高値を更新しています。 強気市場では最高値を更新する可能性があり、弱気市場では下落のリスクに耐えることができる投資対象は常に市場で人気があります。 過去2年間の市場パフォーマンスを見ると、BTCトークン以外に、市場から求められている暗号資産があり、それは暗号資産取引所が発行した独自のトークン、プラットフォームトークンです。

この2年間BTC/ETHおよび主なプラットフォームコイン価格一覧(データソース:CoinMarketCap )

BTCETHMXBNBOKBFTXKCSGT
7/28/20109123200.1318.35.753.150.850.55
7/28/214000022300.4829511.2328.439.852.87
7/28/222132016161.3726616.852910.154.26
過去1年間の価格上昇率-46.70%-27.53%185.42%-9.83%50.04%2.00%3.05%48.43%
過去2年間の価格上昇率95.38%405.00%953.85%1353.55%193.04%820.63%1094.12%674.55%
流通の時価総額438,379,076,531 196,801,704,196 137,004,840 43,009,804,423 1,002,596,212 3,910,996,064 997,203,982 328,419,821 
時価総額ランキング160 49 22 50 100 

7月28日のCoinMarketCapの統計によると、BTCトークンの価格は過去1年で-46.7%下落し、過去2年で95.38%上昇しました。ETHトークンの価格は過去1年で-27.53%下落し、過去2年で405%上昇しています。 プラットフォームコインと比べ、BNB、MX、FTX、KCSトークンは過去2年間で800%以上上昇しました。MXトークンはこの1年間、185.42%という驚異的な上昇率を記録し、BNBトークンは-9.83%、FTXとKCSトークンはそれぞれ2%と3.05%の上昇にとどまっています。

暗号資産取引所の規模では、MXトークンを除き、他のプラットフォームコインはその他の主要暗号資産取引所上位100位以内に入っています。 今までのMXトークンの流通時価総額は1億3700万ドルに過ぎず、BNBトークンの時価総額430億ドルと比べても、MXトークンはまだ313倍以上の余力を持っていることになります。 過去1年で最も好調なプラットフォームコインとして、強気市場時のMXトークンの時価総額上昇の余地は非常に大きいと言えます。

現段階では、多くの大口投資機関や暗号資産取引所が人材の解雇や組織再編などの苦境に立たされています。MEXCは人材の解雇なしに、国際的な採用活動を強化し、事業を成長させ続けてきました。現在、世界暗号資産取引所総合ランキングで世界トップ5、先物取引の出来高で世界No.1になり、暗号資産取引プラットフォームの新たな展望を予感させます。

データによると、プラットフォームコインの価格上昇率はBTCやETHよりも全般的に好調であり、MXトークンのパフォーマンスはプラットフォームコインで最も優れていると考えられます。MXトークンの躍進は、単なる「プラットフォームコイン」でとしてだけではなく、MEXCのエコシステム全体の価値を反映したものとなっています。

II.MXトークンの保有者のMEXCエコシステムにおける優待特典

MXトークンは、世界有数の暗号資産取引プラットフォームであるMEXCで発行されている暗号資産の一つです。 現在、MEXCは取引手数料の20%をMXトークンで補填できるほか、Launchpad、 Kickstarter、 M-Day、 MX-DeFiなどのエコシステムでMXトークンをご活用いただけます。

1、Launchpad

出典:MEXC GlobalにおけるLaunchpad「ローンチパッド」画面図

Launchpadは、MEXCプラットフォームが世界中のユーザーが初上場の銘柄をを低コストでつかむことのできる数少ないチャンスです。 これはMXトークンを保有することで簡単に参加できる、MXトークンを保有するユーザーだけの特別な優待特典です。

参加方法:スナップショット期間中、1日の平均保有額が10MX以上のユーザーは、上場する銘柄のトークン割り当てに参加することができます。 プラットフォームは、ある日のユーザーのMXトークンの保有枚数をランダムにスナップショットを取り、4~5日間の最小保有量の平均が、Launchpadに投資できるMXトークンの数となります。 プラットフォームは、投資した合計MXトークンの枚数に基づいて初上場のトークンをそれぞれ保有者に割り当てます。

過去のLaunchpadキャンペーンで、CBX、GENE、TRVL、CLYトークンを受け取ったMXホルダーがそれぞれ3080%、4633%、1642%、125%という最高上昇率を達成しました。MEXCのLaunchpadの費用対効果は極めて高いと言えます。。

2、Kickstarter

出典:MEXC GlobalにおけるKickstarter画面図

Kickstarterは、MXトークンホルダー向けの投票キャンペーンで、キャンペーン中のプロジェクトに投票することで、投票者が無料で暗号資産を獲得できます。 Kickstarterキャンペーンでは、ほぼ毎日複数の銘柄がプレローンチされ、MXホルダーによる投票が行われます。 上場基準を満たした銘柄のみが上場し、投票者には投票された銘柄のエアドロップが報酬として配布されます。

参加方法:Kickstarterキャンペーンのルールは簡単です。MXホルダーは公式サイトトップページのナビゲーションバーから[Kickstarter]を選択し、記載されている銘柄に投票するだけです。 キャンペーン中にMXトークンは短期間担保が必要となり、キャンペーン終了後にはすぐに差し戻されるので、安心してご利用いただけます。

注記:ポスター出典:MEXC Research、データ:〜2022年6月14日分

6月に、MEXCは2022年上半期の初上場銘柄の最高上昇率データを一覧で発表しましたが、その大半はKickstarterキャンペーンにて取扱のあったものでした。 6月14日までの統計データによると、ORBRトークンの最高上昇率は479,900%、GTCOINの最高上昇率は29,900%、FITFIの14,859%であり、15件が1577%超の上昇率を記録しました。

3、M-Day

MEXC Global上M-Dayの画面図

M-Dayは、世界中のMX保有者暗号資産トレーダーに向けて、新しい銘柄のトークンのエアドロップを無料で獲得するチャンスが得られる取り組みです。 ユーザーは、特定の暗号資産を取引したり、保有したりすることで、抽選に参加できます。新しい暗号資産を割引価格、あるいは無料で交換することができます。

参加方法:M-Dayに参加する方法は、一つはイベント開始の2~3日前にMEXCプラットフォームで取引し、規定の金額以上の取引をすることで抽選権を獲得する方法、もう一つはMXトークンを保有することで抽選の割り当てを取得する方法があります。 当選数に応じて、トークンの割り当てが可能となります。

4、MX-DeFi

MEXC Global上MX-DeFiの画面図

MX-DeFiは、新しいトークンが上場するときの特典です。ユーザーがMXやプロジェクトトークンを担保することで、新しいトークンを受け取ることができます。

参加方法:通常3日間程度の担保期間があります。特典を獲得するために、ユーザーはMX或いはプロジェクトトークンを少なくとも1日以上担保する必要があります。

6.買戻しとバーン

MEXC Global上MX Zoneの画面図

MEXCは、新しいMX [買戻とバーン] 計画を導入しました。MEXCプラットフォームからの全利益の40%を、四半期ごとに流通市場からのMXトークンの買い戻しとバーンに使用されます。よって市場では常に1億枚のMXトークンの流通量を維持することになります。

7.MX2.0

MEXCは、MX Token 2.0提案を通じて、MX Tokenに関するコミュニティ投票を実施しています。 (「MX Token 2.0: MEXC, Exchange the World Again」参照)。 投票の結果により、財団の積立金である4億5000万MXトークンが再配分され、そのうち1億は永久にバーンされ、残りはMEXCの開発およびチームの人材確保、MEXCラボへ投資、MEXC戦略パートナーシップなどに使われます。MX 2.0 はMEXCエコシステムの開発を促進し、MEXCの市場での地位の確立を盤石なものにします。

III. MXトークン年間収益率

注記:ポスターの出典:MEXC Global、データ:2022年6月時点

6月、MEXC Globalは1,000 MXのリアルタイムでのAPYに関するデータを発表しました。 統計によると、MEXCは6月に22件のすべての人を対象としたキャンペーンと6件のM-Dayキャンペーンを行いました。 各キャンペーンプロジェクトに1,000MXを投資して参加した場合の計算では、Kickstarterへの参加で226ドル、M-Dayへの参加で135ドルの収益を獲得することができた計算になります。 6月にLaunchpadキャンペーンプロジェクトがなかったため、当該月の収益のデータはありませんが、 収益の総額は約361ドルとなります。

MEXCの市場調査によると、6月のMXトークンの平均価格は1枚あたり約1.5ドル、1,000MXのコストは約1,500ドル、年換算ボーナスは約180.1%、MDayの年換算ボーナスは約100.8%、累計年換算ボーナスは約280.9%となりました。

MX VS BNB

Binance公式サイトによると、6月と7月はLaunchpad対象銘柄、Kickstarterなどによる日次収益がなく、現在はBNBトークンによるステーキング収益のみで、APYは12.99%となっています。 MEXCでは、BNBトークンは6月1日に320ドル/枚、6月30日に220ドル/枚で、6月の上昇率は累計-31.25%となりました。

MXトークンと比較すると、BNBトークン最大のメリットは、BSCのエコシステム全体に裏打ちされ、手続き料金各種に利用できることです。 実際、MEXCはBNBと多様な性質を持っており、MXトークンはプラットフォームトークンに用途を限定されていません。 今日のMXトークンの主な使用用途は、すべてMXトークンの価格を維持することができます。 MXトークンの流通時価総額が1億3700万ドルにすぎないことを考えると、今後期待通り、強気市場到来時に最高値を更新するような動きを見せる可能性が高いです。

IV. まとめ

現在、暗号資産市場全体が低迷気味であることから、弱気市場では、プラットフォームトークンやその他の主流暗号資産を自身のポートフォリオに組み込むべきだという流れが生まれつつあります。。 なぜなら、これらのプラットフォームコインや主流暗号資産は弱気市場を安全に乗り切れる可能性が高いのに対し、他のアルトコインは不確実性が拭えないからです。

プラットフォームトークンに投資することは、他の暗号資産と比べて、トークンに実用的価値とビジネス価値の両方の側面があります。更に、 暗号資産市場の投資戦略を見ると、市場が強気になる度に、暗号資産取引所のトークンが最初に取り扱われます。 プラットフォームトークンは、過去数回の強気・弱気市場を主要暗号資産と共に乗り越えており、一種のトレンドになっています。 資産を守ることや資産を増やす、とのどちらに注力するにせよ、プラットフォームトークンへの投資は大多数の投資ユーザーにとって最適な選択の一つであることは間違いないでしょう。 MXトークンは昨年最も上昇率の高いプラットフォームトークンとして、その価格を支える豊富な活用ケースを持っており、 投資対象としてご一考いただける銘柄の一つです。

注記:この記事は情報共有のみを目的としており、投資アドバイスを提供するものではありません。ここで出てくる統計データは参照用に弊社が抜粋したものです。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch