FTX、Visaと提携、40カ国で暗号資産による決済が可能に

世界最大手の暗号資産取引所の1つであるFTXは、金融サービス大手Visaと提携し、40カ国でデビットカードを通じた暗号資産による決済を導入することを公言しました。FTXのウェブサイトには、デビットカードの使用に際し、商品やサービスへの支払いにかかる手数料が無料である旨がと記載されています。さらに、デビットカードの所有に必要な費用も無料とのことです。

FTT価格(日足)MEXC Globalより

Cointelegraphによると、FTXはライトニングネットワークと提携する代わりに、従来の決済ネットワークと提携しています。これは、BTC価格が2万ドル前後で推移していることから、ビットコインを決済ネットワークとして使用することは実行不可能であるというSam Bankman-Fried氏の見解と一致しています。一方、FTXのネイティブトークンであるFTTの価格は、このニュースが流れた後7%上昇し、10月7日(金)に26.462ドルの高値を更新しました。

最初の暗号資産(BTC)が導入されてから10年以上が経過しているにもかかわらず、暗号資産の導入と決済サービスはまだ初期段階です。企業は価格変動を恐れ、ライトニング・ネットワークのようなスケーリング・ソリューションを試そうとしません。ー暗号資産は決済と金融の未来を変えられる、そう信じることはきっと世界に新しい可能性を与えてくれるでしょう。ここから新規登録してMEXC Globalで一緒に暗号資産の旅を始めましょう!

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Blog
Articles: 631