MEXC ブログ

MEXCや業界のトレンドニュース、ガイド、ヒントなど、新鮮な情報をいち早くお届けします。

日本ユーザー様限定:MEXC2022年版年次報告書で昨年の振り返りをして総額800ドルを山分けしよう!

この度、「日本ユーザー様限定!総額800ドル山分け」キャンペーンを実施いたします。公式MEXC日本アカウントをTwitterでフォローして、所定の投稿を引用リツイートし、MEXC公式日本Telegramコミュニティにご参加いただくと、本イベントの抽選に参加していただけます。抽選で合計31名様に、最大100USDT をプレゼントいたします。

MEXCユーザー数が1,000万人を突破!

11月18日、暗号資産取引所MEXCは、2022年9月にユーザー数が1,000万人を突破したことを発表しました。同時に、ブランドカラーを 「フォレストグリーン」から 「オーシャンブルー」にリニューアルしました。このブランドカラーのリニューアルは、同年6月に韓国市場で初めて実施されたものです。

米国赤十字社、ハリケーン「イアン」で被災された方々のためにNFTを発行

9月28日にフロリダ州に上陸したハリケーン「イアン」によって、多くの人々が家や車、尊い命が失われました。米国赤十字社は10月19日、マイアミ出身のアーティスト、Marlon Pruz氏と提携し、ハリケーン「イアン」で被災した人々を支援するために、1万点のNFTグッズを提供することを発表しました。

MEXC Global x ReadON Online Telegram AMAのまとめ記事

このTelegram AMAでは、ReadONプロジェクトについてより深く知ることができます。MEXCは定期的にAMAを開催していますので、参加したい方はMEXCのTwitterをフォローするか、テレグラムコミュニティに参加してください。

話題のAptosのトケノミクスを深堀りする

Aptosは今週月曜日、APTトークンの割り当てとインセンティブプランの概要を公にしました。その直後、Aptosは個人投資家が保有するAPTの数について、コミュニティから批判を浴びました。

Aptosは次期Solanaとなるのか?

Aptos(APT)は、数十億の評価額で技術革新に費やした4年後、今週月曜日にメインネットを立ち上げました。このプロジェクトのルーツは、2019年に遡り、Meta(旧Facebook)が独自のブロックチェーンプロジェクトであるLibra(後にDiemステーブルコインとして知られる)を開発していたことに由来しました。

Walmart:デジタルアセットを統合し、より良いカスタマー体験提供を目指す

昨年の同時期、世界的な小売業大手のWalmartが新しい商標を複数申請し、独自の暗号資産やNFTの収集、メタバースでのバーチャルアイテムの生産・提供を推進する意向を発表し注目を集めました。さらに、Walmartのグローバル最高技術責任者Suresh Kumar氏は、「Yahoo Finance All Markets Summit」に登壇し、次のように述べています。

米国CPI発表により、高いインフレ率が明らかに。BTCとETH価格が急落

10月13日、米国労働統計局は、9月の全都市消費者物価指数(CPI)が0.4%上昇し、過去12カ月で8.2%上昇したと発表しました。CPIは、消費財やサービス市場全体の購入価格を表す、インフレの重要な判断基準の1つです。CPIの上昇は、一般家庭での食品やガス代など、日常的な支出がより高くなっていることを示します。

XEN、プロジェクト発足でETHの供給がデフレに転じる

先週末、新しい暗号資産XENの立ち上げに伴い、今週月曜日にイーサリアムブロックチェーン上のガス代が約180万ドル消費されました。これは、XENがイーサリアム上で最もガス代を消費していることになり、ネットワーク上の取引手数料の約30%〜40%を占めています。

11の質問でXENトークンを徹底解説

2022年10月9日、暗号資産コミュニティはXENの話題で持ちきりになりました。XENはイーサリアムブロックチェーン上に構築されたERC-20トークンです。 暗号資産システムの主要原則である、分散化、自己規制、透明性、コンセンサスによる信頼性に基づいた暗号資産です。