ベアマーケットガイド | ベアマーケットで高品質の暗号資産を安く手に入れる方法

米連邦準備制度理事会(FRB)がハイパーインフレ抑制のために1994年以来、最も強力な上方修正を行ったことに加え、ダウンサイクル中の機関投資家の頻繁な金融問題による流動性危機が重なり、暗号資産市場は下落を続け、主要な暗号資産は昨年の話題とは対照的に大きく引き戻されたのです。

ベアマーケットは市場を構成するサイクルの一部であり、リスクと捉える人もいれば、チャンスと捉える人もいます。 過去数回の強気と弱気を振り返ると、本当の豊かさは弱気相場で生まれることが多いことがわかりますが、だからといってすべてのプロジェクトが成功するわけではなく、誰もが強気相場に転換するまで生き残れるわけではありません。 ある人は怖がり、ある人は混乱し、ある人は圧倒されます。 この記事を読むことで、ベアマーケットで高品質の暗号資産を安く手に入れるための一助となれば幸いです。

1、ベアマーケットを Builder(建設者)に、 ブルマーケットを Holder(保有者)にします。

Web3実務者であれば、自分の選んだキャリアを愛し、それに自信を持ち、専門的なスキルを向上させることが必要です。 投資家であれば、良いトラックを選び、活発な開発チームを追いかけ、次のブルマーケットでリーダーになる見込みのあるプロジェクトに投資してください。 もしあなたが開発者なら、様々な新しいプラットフォームや技術に特化し、もっと探求し、実験し、ベアマーケットに負けないようなプロジェクトを構築してください。 一般ユーザーであれば、プロジェクトの建設に携わり、プロジェクトを深く体験し、エアドロップの機会を待ちましょう。 高品質なエアドロップは、Arbitrum、zkSyncなどのLayer2に注目することができます。

ベアマーケットはプロジェクトの試金石であり、すべての人が学び、建設段階に参加できる絶好の機会です。BTCの半減期と強気と弱気の推移の歴史的データの組み合わせは、熱狂的な相場がいずれ戻ってくるというシグナルを市場に送っており、その時には新しい物語と価値の饗宴をもたらすことだろう。暗号資産業界に強固な自信を持っているのであれば、弱気相場を乗り切るための最良の方法は、優れたチームに参加するか、有望なプロジェクトを選択することです。

誰も尋ねないところで買い、人だかりができるところで売ります。今日の代表的なプロジェクトは、ほとんどの場合、少なくとも1回の強気と弱気のサイクルを経ており、多くの場合、弱気相場で誕生しています。 関連統計によると、2021年にネットワーク全体で暗号資産上昇率トップ10のうち、MEXCに初上場したは6つを占め、最大収益率はすべて10,000%を超え、そのうちSHIB、FTM、MANAはいずれも前回の弱気相場に誕生したものです。

2. 価値のあるプロジェクトを発掘

6月22日現在、各チェーンのDeFiプロトコルのTVL(預かり資産)合計は729.4億ドルで、過去最高だった2021年12月の1,868億ドルから60.95%減少しています。 その主な理由は、USTとLUNAの破綻に加え、stETHの価格乖離により、Celsiusやその他のDeFiプロジェクトが強制清算され、これも連鎖反応でその後爆発的に多くのプロジェクトが危機的状況に陥ったからです。 収益率の低下により資本が流出し、ETHやwBTCなどの広く連結された資産が減少し、DeFiプロトコルの総TVLは縮小を続けています。

市場の大幅な下落により、多くの悲観的な声が上がり、暗号資産業界全体への信頼を失う者まで出てきました。 BTCが暗号資産業界全体の基本とすれば、ETHはパブリックチェーンのエコシステム全体の基本だとすることができます。 現在のBTCとETHは、前回のベアマーケットの底値と比べるとまだ数十倍も上昇しており、実は市場は悲観していないのです。 DeFiトークンは市場価値を失い続けているが、世界経済もより大きく、より悪いベアマーケットに突入した背景を無視することはできません。

実際、最近急落したプロジェクトのほとんどはETHをベースにしたものではありませんが、これはDeFiに内在する重要なリスクを強調しており、DeFiの頻繁なハッキングによる巨額の損失と相まって、暗号資産業界は大きな再編成を迎えると予想されます。 この暴落の影響で、優質トラックの上位プロジェクトの多くが過小評価されており、潜在的な参入機会が生まれています。投資家がプロジェクトに確信が持てず、どのプロジェクトに手を出せばいいかわからない場合、ETF指数取引を検討することができます。

MEXCのホームページ上部メニューバーから「デリバティブ」ー「ETF指数」に移動して確認することができます。

異なるトラックでのプロジェクトの発展を継続的にフォローしましょう。

プロトコル:

L0: DOT、ATOM

L1:エス、ソル、アバックス、ミナ

L2:OP、IMX

ブリッジ:SYN、HOP

インフラ整備:

監査:FORT、CTK

ストレージ:AR、FIL、STORJ

DAO:ANT、NATION、PEOPLE

ドメイン:ENS

金融:CRV、AAVE

オラクル:LINK

ユースケース:

ゲーミング:ILV、AXS、MANA

ソーシャル:GAL、DFA、BBS、XTM

NFT:RARI、X2Y2

金融サービス:UNI、CAKE

アクセス:

ウォレット:C98、TP

アグリゲータ:RADAR

ベアマーケットにこそ優れたプロジェクトが生まれると信じ、トラックから有望なプロジェクトを掘り起こすことで、市場は強気と弱気のトラバーサーに最高の報酬を与えてくれるだろう。 資本が徐々に市場から退場していく中で、地に足の着いた質の高いプロジェクトも選別され、強気相場に乗じてユーザーを搾取しようとするプロジェクトは少なくなっていくだろう。 ニッチなトラックに注目し、トラックごとに選択的に計画することで、次のサイクルから素晴らしいプロジェクトが生まれれば、そのリターンも素晴らしいものになるでしょう。

現在の市場は収益機会がないわけではなく、ETH2.0、レイヤー2、GameFi、クロスチェーンなどのトラックはまだホットプロジェクトを生成し続けるでしょう。暗号資産投資家は落ち着いて、底打ちの機会を待つ必要があります。

3. 一気に底打ちをせず、複数回に分けてポジションを建てる

暗号資産への投資で最も難しいのは、「底値で買う」ことと「高値で売る」ことです。 絶対的な高値と底値を追求しすぎた投資家は、しばしば大きな損失を被ることがあります。 例え「底を打つ」場合、その底は単純に銘柄の値段で決まるわけではなく、、今の底が明日には最高値になる可能性もあるのです。底打ちは一般的な市場動向と連動してとらえるべきで、市場動向が下落を続ける場合、単独でのプロジェクトの上昇は困難な場合が多く、相場に対して短期間で上昇しても、底値の典型的なテクニカルパターンもあり、急落した後にまたさらなる底値があるかもしれません。

やみくもに価格を予測しようとしないでください。 合理的にポジションを持つことができれば、コストを抑え、利益を拡大することが可能です。 一足飛びの底打ち判断には大きなリスクがあり、一度方向性を誤ると挽回の余地はありません。 複数回ポジションを建てることで、下位のチップを吸収してコストを分散できるだけでなく、安価でより良いプロジェクトを発見するチャンスも生まれます。 同様に、強気相場で保有量を複数回減らすことで、リスクをコントロールしながらより高いリターンを確保することができます。

実は、本来あるべき姿でありながら最も見落としがちなのが、底を打つロジックです。 長期投資家も短期投資家も、しっかりとした取引ロジックを持ち、厳密な取引戦略を実行できることが必要です。投資家は市場を説得する必要はなく、他の投資家を説得する必要もなく、あなた自身を説得する必要があります。自分の戦略ロジックに納得ができなければ、少しでもマーケットが変動すると、左右に揺れ始め、心配になるので、確率的にはプロジェクトを把握できなくなり、普段の生活状態にも影響を与えやすくなります。

4、弱気相場で知識を蓄え、強気相場で収益を実現

暗号資産市場は弱気と強気相場の切り替え前に調整期を迎える可能性があります。 投資家は正しい投資判断をするために、現在進行中のサイクルを正しく捉え、心を落ち着かせる必要があります。 この時期に自分を充電しておくことで、次の強気相場で最大限収益を獲得する能力を備えます。 実際、投資する市場に関係なく、弱気相場で知識を蓄え、強気相場でその知識から有利なリターンを実現するのは、実績のあるのみです。

①マクロ経済環境の把握

マクロ経済について学び、研究の枠組みを構築し、その運営における周期的な変動を理解し、暗号資産業界に与える影響を分析し、政府の政策を予測するなど、投資家は適切な投資戦略を策定することができます。 投資家にとって、関連する経済学に携わっていなくても、マクロ経済学を理解することは非常に有益です。 学ぶことで判断力が高まり、一部の意見に簡単に惑わされなくなるのです。

②方法論と意識の構築

投資の世界では、「ブラックスワン」「グレーリノ」という言葉がよく使われます。 ブラックスワンとは、極めて稀で想定外のリスクであり、グレーリノとは、人々が当たり前のように感じているリスクです。どちらのリスクも徐々に悪化し、最終的に深刻化するのは、その発現の不確実性や変動性を軽視したり過小評価したりすることによる認識や準備の欠如に起因しています。

投資家は、『経済学原理』『ブラックスワン』『グレーリノ』『日本ローソク足チャート』などを読んで勉強し、金融や取引の基本的な枠組みを確立するだけでなく、グレーリノやブラックスワンを防ぐための手法や意識付けを行うことができるのです。 何事も最悪の事態に備え、最善の努力をすることで、うまくいかないときに慌てず、しっかりと主導権を握り、強気相場では、リスクコントロールも上手にできるようになるのです。

5、生きることを学ぶとポジションを管理

①生きることを学ぶ

どんな状況でも、生活は優先されるべきです。 投資というのは人生のほんの一部であり、投資以外にも家庭や仕事、恋愛、結婚など、さまざまなことがあります。 投資とは、より良い生活を送るための条件を整えることです。 投資で普段の生活に支障をきたすようでは本末転倒です。

継続的に資金を生み出す仕事とチャンネルを持ち、投資は資金の5%以下にすること、そして何より、良いマインドセットを持ち続けることが大切なのです。

②ポジションの管理

未熟な投資家の中には、一晩で一攫千金を狙うあまり、全く理解できないプロジェクトに投資するためにお金を借りたり、家を売ったりする人もいます。 暗号資産市場はリスクの非常に高い市場なので、過度に悲観的になったり、過度に楽観的になったりすることはお勧めしません。優れたポジション管理は、リスクに対するより良い防御となります。

まず考え方を変えましょう。一攫千金という考えを変え、ゆっくりと金持ちになることを受け入れるようにします。 投資については、強い功利主義がなければ、多くのことはむしろ達成しやすく、近くても遠くても攻撃したり守ったりすることができ、投資を行うには最適な状態です。

オールインというやり方を拒否し、ポジションを管理し、経済能力の範囲内で投資しましょう。 投資において最も避けなければならないのは、全損を招きやすい衝動性です。市場に対する信頼がある限り、次の強気相場まで待てば、すべてが戻ってきますし、すべて価値になります。 暗号資産の世界で真の勝者は、強気と弱気を乗り越えた者だけです。

暗号資産の投資に参加する投資家の究極の目標は、より良い人生を送ることです。ローマン・ロランのミケランジェロ伝の有名なセリフ「この世にはただ一種類のヒロイズムがあり、それは人生をありのままに認識した後も、人生を愛することです」のように。 瞬間の損益が将来の人生の状態に長く影響しないように、市場を認識し、人生を認識し、ポジションを管理しながら進みましょう。

現状に不満を持たず、将来に惑わされず、生涯学習の能力を養い、業界の知識を高め、信念を持って暗号資産業界に集中し、人生を愛し、夜明けを辛抱強く待ち、暗号資産が再び史上最高値を突破することを信じ、最後にはすべてが報われることを信じなければならないのです。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch