Web3財団が支援するプライバシー・パブリックチェーン:AlephZero(AZERO)に関する市場分析

AZero
AZero

プロジェクト紹介

Aleph Zero(AZERO)は、POSコンセンサスメカニズムとサブストレート・フレームワークを採用した、有向非巡回グラフ(DAG)技術に基づくプライバシー強化型パブリックチェーンです。スケーラビリティと安全性の向上を基本としてプライバシー保護のための分散型台帳技術の構築に注力し、ESG、自動車、モノのインターネット(IoT)、医療のインフラに代替ソリューションを提供します。

Aleph zeroは、Aleph Zero、Liminal、Commonの3つのコア機能を基礎としたフレームワークで構成されているシステムです。ブロックチェーンのアプリケーションレベルでは、Aleph Zeroは主にスケーラビリティ、プライバシーの保証、ガス代に関する問題を解決します。そのうちのネットワーク上の取引コストは約0.0003AZEROです。

AlephzeroはL1のパブリックチェーンであり、そのPOSメカニズムはDAGコンセンサスプロトコル、AlephBFTによって駆動され、サブストレートスタックと組み合わせて採用率を向上させます。また、Aleph zeroを支える開発チームのCardinalCryptographyは、Web3財団からの資金提供を受けています。

一般的なのは、MeV(Maximum Extractable Value)問題、つまり、先行取引による取引の失敗や複数人が同じ取引を同時に行う場合のガス代の損失を軽減するために作られたDEXと分散型AlephZeroベースのダークプールです。(イーサリアムでNFT取引の経験がある人の多くは経験したことがあると思います)

スケーラビリティに関しては、AlephBFTに基づくAlephZeroは112のAWSノードの分散テストで89600 TPSを達成し、ホワイトペーパーに記載されているプロジェクトテストデータは100000TPSに達しています。

トケノミクス

AZEROトークンの初期総供給量は3億枚で、毎年3億枚が追加発行されます。割り当ては次の通りです。

  • 67% – パブリック、プレセール、シード、プレシード 内訳として:
  1. シードラウンド前の割り当ては、供給の16.7%、価格は0.04USDT /枚、TGEの50%はロック解除用、50%は15か月以内にロック解除されます。
  2. シードラウンドの割当率は初期供給の16.7%、価格は0.05714USDT /枚で、そのうち71.4%がTGEのロック解除、28.6%が6か月以内のロック解除です。
  3. 初期総供給量の33%は、プレセールと取引所用です。プレセール価格は0.08USDT-0.1USDT、取引所価格は0.1USDT、取引所のロックアップポジションはありません。プレセールとパブリックエクスチェンジの比率は不明。
  • 1%はチーム用で、内20%はリリース時にロック解除され、80%は1年間のロックアップ、その後3年間の権利確定期間があります。
  • 2%は財団用のためのものであり、1年間のロックアップ期間とそれに続く3年間の権利確定期間があります。

流通市場では、AZEROトークンはMEXCに上場した後、始値0.1USDTでスタートし、最高価格は3.09USDTに到達、最高上昇率は2990%となりました。

プロジェクトの背景

AlephZero(AZERO)は、資金調達ラウンドで1,500万ドルを調達しました。シードラウンドと戦略的投資機関はJUNCapitalです。他の機関は不明ですが、金額も同じです。さらに、Aleph ZEROを支援するR&DチームでのCardinal Cryptographyは、Web3財団の支援を受けています。

Cardinal Cryptographyは、主にプロジェクトの管理とインキュベーション、プロジェクトのキーコンセプトに関する科学的研究を担当しています。チームメンバーは、IBM ABB Stellar Codewise、Capgemini、ING Bank、管理機関、TIBCO Software、RiverbedTechnologyなどの企業との関連協力経験を有しています。

AlephZeroの財団はスイスのツークのクリプトバレーにあり、関連する学歴を持つ30人の従業員が在籍しています。 CEOのMatthewNieberg氏は、Simons-Berkeleyの研究者であり、IBM high performance extreme center の研究者でもあります。また、分散型台帳に関連する分野での就業経験があります。

共同創設者兼技術責任者のAdam Gagol氏は、カリフォルニア大学バークレー校で博士号を取得しています。彼の軸となる研究論文のアイデアは、Aleph Zeroの開発において重要な役割を果たしています。

最高執行責任者兼マーケティング責任者のAntoniZolciak氏は、ING、Samsung、Sony、Olympus、Nikonなどの企業で10年のマーケティング経験があります。

共同創設者兼テクニカルディレクターのMichalSwietek氏は、数学の博士号を取得しています。

リスク分析

Azeroのコアアプリケーションシナリオは次の通りです。

1. AlephZeroネットワークの決済通貨

2. DEXのスワップ手数料割引

3. Liminalの手数料割引、Liminalの担保として使用

4. ノードの担保

Aleph zeroのシナリオは、主にブロックチェーンDeFiの実装と、従来のESG、自動車、その他の分野での代替インフラストラクチャ・ソリューションの提供に焦点を当てています。前者は理解しやすく、想像に難くありません。しかし、産業開発経験の観点から、後者の実施シナリオが伝統的な産業の真の需要と合致するかは疑問が残ります。これまで、IBMやその他の大企業は、「blockchain +」実験(利益モデルとそれが広く実装されているかどうかを含む)で成功した事例を見たことがありません。

Azero本体のリスクは、公募の売り圧力、私募のロック解除販売圧力、およびチームと財団のロック解除後の売り圧力の可能性があり、その中で公募のチップは約33%近くを占める可能性があります。

注:この記事の情報は、主にAlephZeroの公式情報とオンライン公開情報に基づいています。これは共有目的であり、投資アドバイスではありません。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch