【7/18-7/24】MEXC週刊・資金調達額2億9700万ドルに到達、MEXCにICHIとAZYトークンがそれぞれ上場

MEXC Researchをフォローして、成長の初期段階にある銘柄を発見&暗号資産市場の最新情報をチェック!

*本記事内のドルとは米ドルを指す。

MEXC Researchによると、2022年7月18日から7月24日まで、Web3業界の12のプロジェクトが合計2億9700万ドルを調達した。その中で、Metaverse、NFT、GameFiプロジェクトは1300万ドル、DeFiとWeb3プロジェクトは1億9800万ドル、インフラプロジェクトは400万ドルの資金調達、ブロックチェーンファンドは8200万USドルの資金調達を完了した。

先週、MEXCにICHIとAZYが上場し、それぞれ188.5%と1660%の最高上昇率を記録した。

I.Metaverse & NFT & GameFi

1. メタバース関連企業のAnipen、Medici Investmentが参加する資金調達ラウンドにて830万ドルを調達

7月22日 – 韓国のメタバース企業Anipenは、Medici Investment、Ulmus Investment、韓国開発銀行(KDB)の参加を得て、830万ドルのシリーズCラウンドの資金調達を完了した。この資金は、メタバースコンテンツサービスの拡大と、世界中の多くの企業とのパートナーシップの強化に使用される予定だ。Anipenは、拡張現実(AR)、拡張現実(XR)、人工知能(AI)に焦点を当てたディープラーニングベースのメタバースプラットフォームの開発企業である。

2. NFTレンディングプラットフォームZhartaがGreenfield Oneを筆頭に430万ドルを調達

6月20日 – NFTレンディングプラットフォームのZhartaは、Greenfield Oneが主導し、Shilling Capital、Possible Ventureなどが参加した430万ドルのシードラウンドの資金調達を終了した。市場浸透を加速させ、インスタントレンディングプラットフォームを改善するために市場展開を拡大することを目的としている。Zhartaのプラットフォームは、今夏中に正式に開始される予定だ。

II.DeFiとWeb3

1. DeFiプロトコルHashflowがJump Cryptoを筆頭に2500万ドルの資金調達を実施

7月21日 – 分散型取引プロトコルのHashflowは、Jump Crypto、Coinbase Ventures、Kraken Venturesなどの投資家から投資後評価額4億ドルで2500万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了した。Hashflowの核をなすのは、相互運用性、ゼロスリップ、MEV保護取引を可能にするために設計された見積依頼 (RFQ) モデルである。

2. ブロックチェーン採用ソフトウェアVeremarkがStage 2 Capitalを筆頭に850万ドルを調達

7月20日 – ブロックチェーンベースの採用ツールを提供するVeremarkは、ベンチャーキャピタルのStage 2 Capitalが主導し、Triple Point Ventures、ACF Investorsなどが参加する850万ドルの株式資金調達を完了した。ロンドンに拠点を置くVeremarkは、企業が潜在的な従業員のバックグラウンドチェックを行うことができるソフトウェアを有しているとされる。Veremark社は、英国、米国、オーストラリア、シンガポール、インド、フィリピンで事業を展開しており、Wise、 PepsiCo、BCGといった企業が利用している。

3. ゲーム内ビットコインマイクロペイメント(少額決済)開発会社ZEBEDEEがKingsway Capitalを中心に3500万ドルの資金調達を実施

7月20日 – ゲーム内ビットコインマイクロペイメント開発企業であるZEBEDEEは、Kingsway Capitalが主導し、Initial Capitalなどが参加した3500万ドルの資金調達ラウンドを終了した。 テクノロジー主導の新しい収益源でゲームの在り方を変化させる。

4. ブロックチェーンセキュリティ企業Halborn、Summit Partnersを筆頭に9000万ドルを調達

7月19日 – ブロックチェーンセキュリティ企業のHalbornは、Summit Partnersが主導し、Castle Island VenturesやDigital Currency Groupを含む他の投資家と、9000万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了した。先月、ブロックチェーンセキュリティ企業のHalbornは、複数のブラウザ接続型ウォレットのセキュリティの脆弱性を公開したことで、5万ドルのボーナスを受け取った。

5. DeFiサービス会社のXLD FinanceがDragonfly Capitalを筆頭に1300万ドルの資金調達を実施

7月19日 – DeFiサービス会社のXLD Financeは、Dragonfly CapitalとInfinity Ventures Cryptoが主導し、Digital Currency Group、Insignia Venture Partnersなどが参加したプレシリーズAラウンドで1300万ドルを調達した。この資金調達は、製品およびエンジニアリングチームの拡大、ならびに認定パートナーである金融機関、加盟店、課金システムのネットワーク拡大のために使用される予定である。XLD Financeの現在の主要サービスであるxSpendは、「暗号資産から法定通貨への出口」として機能し、ユーザーが暗号資産で公共料金を支払うことを可能にすると言われている。

6. 暗号資産の金融関連企業であるMeowがTiger Global主導で2200万ドルの資金調達を実施

7月19日 – 暗号資産の金融関連企業であるMeowは、Tiger Globalが主導し、QED Investorsなどが参加した2200万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了した。この資金は、マーケティング、営業、エンジニアリングチームの雇用に使用され、多くの新製品の開発をサポートする。Meowは今後数カ月のうちにGAAP会計ソリューションを発表し、国境を越えた決済ソリューションを含むB2Bステーブルコイン・SUITEの機能向上に着手する予定だ。Meowは、機関投資家や企業投資家が暗号通貨投資に参加するためのコンプライアンス・ソリューションを提供することに注力しており、最終的には「コーポレート・ファイナンスのためのワンストップストア」になることを目標としている。

7. Web3プライバシースタートアップのSunscreenがPolychain Capitalを筆頭に465万ドルの資金調達を実施

7月18日 – Web3のプライバシースタートアップSunscreenは、Polychain Capitalが主導し、Coinbase Ventures、dao5などが参加した465万ドルのシード資金調達ラウンドの終了を発表した。これにより、個人が暗号化されたデータを復号化せずに計算を実行できるようになり、金融機関はFHEを用いて取引データを細分化し、より規制されたプライバシーサポートを顧客に提供しながら、潜在的な詐欺案件を検出できる。

Ⅲ.インフラ

1. インフラ・プロトコルのCardinalがProtagonist主導で440万ドルの資金調達を実施

7月22日 – Solanaベースのインフラ・プロトコルであるCardinalは、ProtagonistとSolana Venturesが共同主導し、Animoca Brands、Alameda Research、Delphi Digital、CMS Holdingsが参加した440万ドルのシードラウンドでの資金調達を発表した。Cardinalは、NFTの貸出、担保、発行、預け入れなどのユースケースを含み、現在はSolanaのみに焦点を絞っているが、将来的には他のチェーンにも拡大する可能性がある。

Ⅳ.ブロックチェーン・ファンド

1. ベンチャーキャピタル会社のNFX、暗号資産企業のポートフォリオを含む2番目のファンドに6,261万ドルを追加

7月22日 – ベンチャーキャピタル会社NFXは、暗号資産決済ソリューションプロバイダーRamp Network、分散型コードコラボレーションプロトコルRadicle、モジュラーブロックチェーンネットワークCelestiaを含むポートフォリオの2番目のファンドに6261万ドルを追加投資した。この投資は、ファンドポートフォリオ内の企業を引き続きサポートするために使用される予定である。

2. 新暗号資産ヘッジファンドModular Capitalが2000万ドルの資金調達を完了

 7月18日 – HoとVincent Jowの2人の投資専門家が協力して、暗号資産ヘッジファンドModular Capitalを設立し、Multicoin Capital、LedgerPrimeなどから2000万ドルの資金を調達した。このファンドは、LPトークン、DeFiプロトコル、および暗号資産に関する他の分野に投資する予定である。

MEXC先週の重要イベント

1. ICHIとAZYが上場し、それぞれ188.5%と1660%の最高上昇率を記録した。

– ICHI

ICHIは、ICHIトークンのステーカーと流動性プロバイダーのコミュニティによって管理される分散型の担保とレンディングのステーブルコイン・プロトコルで、暗号資産プロジェクトがコミュニティによって管理され真に分散されたDeFiを活用するために必要なインフラを提供するものである。ICHIトークンのDeFiネイティブプロトコルは、コミュニティが管理する流動性とステーブルコインプログラムを通じて、暗号化プロジェクトの成長を可能にする。

– AZY

AMAZY (AZY) は、Move & Earn、Social-Fi、Game-Fi アプリケーションWeb 3.0 エコシステムで、350 人以上の主要なソーシャルメディア・インフルエンサーや有名人のコミュニティに支えられ、数百万の潜在的なユーザを抱えています。AMAZY NFTのスニーカーは、その他のプロジェクトのスニーカーと比較して安価で提供されている。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱えるデジタル資産取引のプラットフォームであり、現物、証拠金、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メン

バーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報を

Twitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch