【6/26-7/3】MEXC人気暗号資産トップ10

MEXCでは、MEXCの現物レバレッジETF、先物取引の総合取引データから、最も人気のある銘柄は順に、BTC、ETH、XRP、SOLとなっています。また先週1週間に急伸した銘柄としてはCAW、CENNZ、CULT、CXD、LUNC、MLTPX、OP、SHIT、USTC、WAVES、MXが挙げられます。               

1. CAW

Hunters Dream (CAW) は、分散型アルゴリズムによるステーブルコイン決済ネットワークです。現在、このプロジェクトはまだ発展途上の段階にあり、公式ウェブサイト、ホワイトペーパー、ソーシャルメディアは存在しません。しかし、当時のコミュニティではかなり高い人気を誇っており、その性質は初期のSHIBトークンとやや似ていると揶揄する声もあります。

2. CENNZ

CENNZnet (CENNZ)は、分散型アプリケーション(dApps)用のプラットフォームを提供するパブリックブロックチェーンネットワークです。新規開発者や一般のエンドユーザーが簡単にブロックチェーンを体験できるような、ユーザーフレンドリーなdAppプラットフォームになることを目指しています。CENNZトークンは、独自のデュアルトークンシステムを採用したネットワークのネイティブトークンの1つで、ブロック報酬とは別に機能するステーキングトークンとしての役割を担っています。つまり、CENNZトークンの価格は、開発者やユーザーが dApps を利用するために支払う金額とは無関係に上昇する可能性があり、今後もこの状態が続く可能性があります。

3. CULT

Cult Dao(CULT)はCULT DAOの取引可能かつ流動性のあるトークンで、CULTトークンを取引することで、DAO内での貯蓄を満たし、分散型技術への投資資金としてプロトコルに貢献することができます。CULTトークンで取引する人が存在し、管理者が提案を出し、ユーザーが投票をする限り、Cult DAOは新しいイノベーションを生み出す人や、分散化の支持者、これまでの慣習に囚われた古い習慣を断ち切る意思を持つ人々に資金を提供し続けます。

4. CXD

CortexDAO (CXD) は、コンベックス・インデックスなどのインデックス商品を開発・管理するためのプロトコルです。コンベックスインデックスは、分散型金融に不可欠な部分であるCurve ecosystemへの広範かつ多様な露出を行います。DAOの規約は、プロトコルのガバナンスのための運営原則の基礎を提供します。目標は、CortexフォーラムでCXDコミュニティからのフィードバックを引き出し、正式な提案に先立って更新を行うことです。

5. LUNC

Terra Classic(LUNC)は、法定通貨に固定されたステーブルコインを使用して、価格的に安定したグローバルな決済システムを実現するブロックチェーンプロトコルです。Terraのステーブルコインは、即時決済、低コストかつ、シームレスな国境を越えた両替などの取引を実現し、数百万人のユーザーに愛用されています。Terraは、ブロックチェーン上のすべての開発者がTerraのステーブルコインを利用できるようにすることを目標としています。

6. MLTPX

MoonLift Capital(MLTPX)

MoonLift Capitalは、クロスチェーンのターンキーインキュベーターであり、総合的なサポートを提供する企業です。暗号資産業界におけるチームの経験とネットワークを活用し、投資家と暗号資産プロジェクト双方に利益を提供するため、商業用と民間用を区別してサービスを提供しています。MoonLift Capitalは、個人投資家向けに、MLTPxトークンの保有量に応じて個人投資家のアクセス優先度をランク付けする階級分けシステムを採用し、投資に参加する機会をそれぞれ提供しています。

7. OP

Optimism (OP)は、イーサリアム初のレイヤー2ブロックチェーンで、イーサリアム仮想マシン(EVM)互換の「optimistic rollups」ソリューションの開発を主導しています。Optimismは、イーサリアムのメインネットワークから直接セキュリティ保護を取得し、イーサリアム上の取引を大規模に処理することができます。2021年の稼働以来、Optimismはユーザーのガス代11億ドル以上の節約に貢献し、6800以上のコントラクトを展開、174億ドル以上の取引量に貢献しており、また2450万ドル以上の収益を生み出してきました。ガバナンストークンOPがMEXCに上場後、最高上昇率は1568%を記録しました。

8. SHIT

ShitCoin (SHIT) は、斬新なゲーム性を備えた注目のNFTコミュニティです。Openseaのリーダーボードで数日連続トップ10入りを果たしています。その内容は、一風変わっていて、メインのコンセプトを「BAYCやAzukiに対抗する」、「everything is shit」としています。ShitCoinは、暗号資産市場に対する不満を皮肉たっぷりに表現しており、暗号資産市場とユーザーの間で大きな共感という一大旋風を巻き起こすことになりました。

ShitCoinチームは、その優れたマーケティングとロードマップ配信戦略を活用し、1週間もかからずにその価格と取引量においてOpenSeaNFTのトップ3にランクインしました。そのガバナンストークンであるSHITトークンの総供給量は100兆円で、そのうち39.05兆円がエアドロップされ、25兆円がVitalik氏のウォレットアドレスに転送される予定です。ShitCoin(SHIT)はMEXCに上場後わずか3日間で最高上昇率1488%を達成し、市場で大きな注目を集めました。

9. USTC

Terra Classic USD (USTC) は、即時決済、低コストかつ、シームレスで国境を越えた両替などの取引を提供するTerraのステーブルコインで、数百万人のユーザーから愛用されています。Terraは、すべてのブロックチェーンで、すべての開発者がステーブルコインを利用できるようにすることを目指しています。現在はEthereumとSolanaで稼動しており、近日中にさらに多くのブロックチェーンで稼動する予定です。

10. WAVES

Waves (WAVES) は、Waves ブロックチェーン上で資産/カスタムトークンの発行、送金、取引を行う暗号資産プラットフォームで、中央集権型オーダーマッチングと分散型決済を備えています。

このプラットフォームは、シンプルで拡張性が高く、環境に優しいオープンなシステムを提供することで、ユーザーの利便性を高めています。Wavesは、非常に低コストで極めて高速な利用環境を提供し、他のエコシステムへのブリッジにより相互運用性を高めています。

Waves のTVLは現在、DeFi、GameFi、NFTプロジェクトを含むエコシステム全体で16億ドルに達しています。

Neutrino: アルゴリズムによる価格安定型資産化プロトコルで、アクセス可能なDeFiツールキットとして機能します。各国の通貨や商品など、現実世界の特定の資産に固定されたステーブルコインを作成することができ、NeutrinoのTVLは2億600万ドルを突破しました。

Waves.Exchange : 暗号資産のステーキングとアルゴリズム取引への投資のためのプラットフォーム。Waves.Exchange のTVLは1億5100万ドルを超えています。

Swop.fi : 暗号資産の即時両替と流動性を提供することによってお金を稼ぐサービス。Swop.fi TVLは711万ドルを超えを記録しています。

Vires : 資産の貸付と借入のための流動性プロトコルで、Vires のTVLは$ 1.2billionを超えています。

Wavesは、創設者であるウクライナ生まれの科学者Alexander Ivanov氏(別名Sasha Ivanov氏)の代名詞と呼ぶべき銘柄です。Wavesを創設する前、Ivanov氏はすでに暗号資産業界で活躍しており、今は亡きインスタント取引所Coinomatとインデックス作成サイトCooleindexをリリースしています。また、米ドルに連動するステーブルコイン「CoinoUSD」の初期バージョンも考案しています。

WAVESは、Wavesブロックチェーンのネイティブトークンです。取引手数料とブロック報酬はWAVESトークンで分配され、ブロックジェネレーターがエコシステムとネットワークインフラを開発することを奨励しています。より多くのWAVESトークンを保有することで、次のブロックを追加するチャンスが高まります。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch