【5/9-5/13】MEXC週刊・暗号資産速報

MEXC リサーチによると2022年5月9日から13日までの時点で、暗号資産マーケット内で16の主要な公的資金調達ラウンドがあり、資金調達総額15億ドルに達した。メタバース、NFT、GameFi分野では6,650万ドル、DeFiおよびWeb3分野で3億5400万ドル、またインフラ分野では10億8000万ドルの資金調達を完了した。

今週注目すべき重要なイベントとして、Terraコミュニティが新しい計画を提案、TownsquareMediaが第1四半期に500万ドル相当のBTCトークンを購入。

Ⅰ.メタバース・NFT・GameFi

1.ゲームのスタートアップ企業のBranchは、Three Arrow Capitalの参加を獲得、P2Eゲームプロジェクト費用として1250万ドルを調達。

5月12日、ゲームのスタートアップBranchは、Mechanism Play、TCG Crypto、Dragonfly Capital、Polychain、Coinbase Ventures、Three Arrow Capital、Ryan Wyatt(Polygon StudiosのCEO)などが参加したシード資金調達ラウンドで1250万ドルを調達した。

共同創設者であるDayton Mills氏は、現在開発中のP2Eゲームは「どうぶつの森」と「マインクラフト」から発想を得たと述べた。 BranchのP2Eゲームには、独自のゲーム戦略がある。ほとんどのブロックチェーンゲームでは、プレーヤーがゲームを開始するために事前にNFTを購入する必要があるが、このゲームでは、暗号化技術が内蔵されており、プレーヤーはゲーム内のどれがNFTであるかを認識する必要なく、ゲーム内に内蔵されたNFTを通して利益を得ることが可能だ。同社は今夏にゲームを完全に開始する予定である。

2. NFTプラットフォームHighlight、HaunVentures主導のシード資金調達ラウンドで1,100万ドルを調達

5月11日、NFTプラットフォームHighlight、HaunVentures主導のシード資金調達ラウンドで1,100万ドルを調達。Highlightは、コミュニティ構築ツールに焦点を当てたNFTプラットフォームであり、コーディングや暗号化のバックグラウンドがなくても、クリエイターに出品ツールを提供する。クリエイターは、HighlightでNFTを販売することで、報酬とコミュニティへのアクセスを獲得する。ポリゴン上に構築されたHighlightで作成されたNFTを使用すると、OpenSea、Rarible、およびその他ポリゴンでサポートされているNFTマーケットプレイスでNFTを取り扱うことが可能になる。

3. NFTの情報基盤であるCo:Create、a16z主導のシード資金調達ラウンドで2,500万ドルを調達

5月10日、NFTの情報基盤の新規事業であるCo:Create、Andreessen Horowitz(a16z)主導のシード資金調達ラウンドで2500万ドルを調達した。 Co:Createプロトコルは、一般的に、プロジェクトがNFTを作成し、ネイティブトークンで支払われるロイヤルティを管理するためのスマートコントラクトプラットフォームを提供する。 Co:Createのベータ版はこの秋にリリース予定。Co:DAOは、独自のネイティブトークンCOをローンチし、プロトコルガバナンスの権利をNFTプロジェクトコミュニティに引き渡す予定である。

4. NFTプロジェクトFreeverseEarlybird Venture Capital が参加した資金調達ラウンドで1,050万ドルを調達

5月10日、Polygon、Freeverseに基づくNFTプロジェクト、Earlybird Venture Capital, Target Global, Adara Ventures, 4Founders Capital, OneFootball, the football star Mario Götze, Travelperk CEO Avi Meir, OneFootbalが参加した資金調達ラウンドで1,050万ドルを調達した。サッカー界のスターのMario Götze氏、TravelperkのCEOであるAvi Meir氏、OneFootballのCEOであるLucas von Cranach氏、およびTauliaandCentrifugeの共同創設者であるMaexAmentthe氏が参加している。 Freeverseは、新世代のデジタル所有権を実現するために時間の経過とともに変化、発展するNFT資産を作成する。

5.P2EゲームのNyanHeroes、1億ドルの評価を受け戦略的資金調達ラウンドで750万ドルを調達

5月10日、Solanaブロックチェーン上に構築されたP2EゲームのNyan Heroes、Kosmos Ventures、Sino Global Capital、Shima Capital、PetrockCapital主導のもと、1億ドルの評価を受け戦略的資金調達ラウンドで750万ドルを調達した。資金は、チームとゲーム開発を急速に拡大するために使用される。ゲームは2022年末頃アルファ版にて発売される。

Nyan Heroesは、Fortniteに似たサード・パーソン・シューティングゲームである。過去にNyan Heroesは、2021年11月ThreeArrowCapital主導のシード資金調達ラウンドで200万ドルを完了している。

Ⅱ.DeFi&Web 3

1.Aurora、DeFiエコシステム強化のため開発者向けに9千万ドルのファンド立ち上げへ

5月12日、NEARプロトコルに基づくEVMチェーンであるAuroraは、NEARプロトコルのDeFi部門であるProximity Labsと協力し、9千万ドルのトークンファンドを立ち上げた。この資金は、DeFiアプリケーションの開発を後押しするために使用される。コア開発チームであるAuroraLabsは、DAOの財務から2500万のAuroraトークン(約9千万ドル相当)をファンドの資本としてProximityLabsに割り当てた。 Proximityはトークンを管理し、AuroraでDeFiベースのアプリケーション構築に関心のある開発者に対して助成金を提供する。

2. Web3開発プラットフォームMoralis、CoinbaseVenturesが参加したシリーズAラウンドで4000万ドルを調達

5月11日、Web 3開発プラットフォームMoralis、EQT Ventures、Fabric Ventures、Coinbase Ventures、Dispersion Capitalなどが参加したシリーズA資金調達ラウンドで4000万ドルを調達した。この資金は、製品開発とユーザー体験の向上に使用される。これはより規模の大きいクライアントサポートを視野にいれるためであり、 Moralisは、開発者がクロスチェーンアプリケーション、ゲーム、およびNFTを構築および起動するための情報基盤を提供することを目的としている。Moralisは2021年に1340万ドルのシード資金調達ラウンドを終了済。

3.クロスチェーンプロトコルChainflip、FrameworkVenturesが参加した資金調達ラウンドで1,000万ドルを調達

5月11日、分散型自動マーケットメーカーChainflipに基づくクロスチェーンプロトコルは、Framework Ventures、Blockchain Capital、およびPanteraCapitalが参加した資金調達ラウンドで1,000万ドルを調達した。この資金は、クロスチェーンDEXの構築に使用され、今年後半に最初のIDOを開始する予定である。 2021年8月、Chainflipは、Framework Ventures主導のプライベートトークンセールを通じて、資金調達ラウンドで600万ドルを調達済。FLIPトークンは、プロトコル検証ツールの販促素材として使用される。なおトークンは現在存在しないものの、プロトコルは投資家との間でいくつかの契約に署名済である。

4. Web3オンチェーンキャリアネットワークNaetionは、GEMDigitalから1億5000万ドルの資金を確保

5月10日、オンチェーンのキャリアネットワークNaetionは、GEMDigitalLimitedから1億5,000万ドルの資金を確保した。この資金は、製品、ネイティブトークンNTN、およびNFTの開発を促進するために使用される。 Naetionは、グローバルなオンチェーンキャリアネットワークの構築を目指している。 Naetionの製品には、分散型のクリエーターおよびタレントネットワークであるHAELP、Web3スタートアップの人材プロセスを簡素化するPaeyroll、銀行業務を提供するMonaeyが含まれる。

5.アフリカのWeb3アプリケーションJamboは、Paradigm主導のシリーズAラウンドで3000万ドルを調達

5月10日、アフリカのWeb3アプリケーション開発会社Jambo、Paradigm主導のシリーズAラウンドで3000万ドルを調達した。この資金は、製品開発とチーム拡大に使用される。 Jamboは、Web3テクノロジーをアフリカにもたらすことを目指している。同社は、AxieInfinityを含む約10種類の異なる暗号資産ゲームを試験的に実行しています。一方、今年の第3四半期に発売が予定されている暗号資産ウォレットも開発中であり、ウォレットの登録ユーザー数は既に3万人を超えている。

6.Web3ソリューションArianee、TigerGlobalが主導のシリーズAラウンドで2,100万ドルを調達

5月10日、Web 3ソリューションArianee、Tiger Global主導のシリーズAラウンドで2,000万ユーロ(約2,100万ドル)を調達した。 Arianeeはこの資金を使用し、ニューヨークオフィスの拡張、新しい人材採用、また製品とサービスの開発を継続することで、国際ビジネスを加速するとしている。

Arianeeは、NFTの構築、流通を目的としたエンドツーエンドのWeb3ソリューションである。プラットフォームと製品により、NFTのトークン化を通じて価値の分配および利用が可能になる。 Arianeは、2021年3月のシード資金調達ラウンドで950万ドルを調達済。現在のパートナーシップには、IBMとTheSandboxが含まれている。

7.Web3決済会社FuseLabs、デジタル資産会社のTectonaから500万ドルの資金を確保

5月9日、イスラエルのデジタル資産会社TectonaおよびWeb3決済会社Fuse Labsは、Tectonaから500万ドルの資金を受け取った。この資金は、Fuse Chargeの開発を後押しするために使用される。 Fuse Chargeは、新しいFuse NetworkのSaaS製品である。これにより、開発者は大規模な支払いを処理するアプリケーションをすばやく構築でき、ブロックチェーン決済の実装のために必要な作業を軽減できる。

8.Web3インフラストラクチャプラットフォームCassavaNetwork、民間資金調達ラウンドで800万ドルを調達

 5月9日、Web3インフラストラクチャプラットフォームCassava Networkは、民間資金調達ラウンドで800万ドルを調達した。このラウンドには、Youbi Capital、Dragonfly Capital、Spark Digital Capital、NGC Ventures、DWeb3 Capital、Tron、Shima Capital、SevenXVenturesを含む約40の投資機関が参加した。 Cassava Networkは、暗号資産ウォレット、NFT取引市場などの分野を含むアフリカのWeb3情報基盤のプラットフォームである。

Ⅲ.情報基盤(インフラストラクチャー)

1.暗号資産マーケットのモニタリング会社SolidusLabs、LibertyCityVentures主導のシリーズBの資金調達ラウンドで4500万ドルを調達

5月12日、暗号資産マーケットのモニタリング会社であるSolidus Labsは、LibertyCityVentures主導のシリーズBの資金調達ラウンドで4500万ドルを調達した。 Solidus Labsは、仮装売買、詐欺取引、株価操作など、50を超えるタイプのセキュリティに関するブロックチェーンデータを解析するための一連のツールを提供する。

2.暗号資産の新規事業であるBVNKTiger Globalが主導するシリーズAラウンドで4000万ドルを3億4000万ドルの評価で調達

5月12日、暗号資産の新規事業であるBVNKは、TigerGlobal主導のシリーズAの資金調達ラウンドで4,000万ドルを3億4,000万ドルの評価で調達した。この資金は、暗号資産の銀行業務を拡大するために使用される。 BVNKは、暗号資産ネイティブな企業に銀行業務と決済を提供する。 BVNKを使用する企業は、法定通貨と暗号資産での決済を受け入れることが可能であると同時に最大数百の異なる暗号資産を保持し、世界中に送ることができる。

3.パブリックチェーンのFLOW、7億2500万ドルのエコシステムファンド立ち上げ

5月10日、Dapper Labsによって開発されたパブリックチェーンFlowは、7億2500万ドルのエコシステムファンドを立ち上げた。このファンドは、Andreessen Horowitz(a16z)、HashKey Capital、AppWorks、Cadenza Ventures、Coatue、CoinFund、Digital Currency Group(DCG)などによって支援されている。投資、FLOWトークンの助成金などを通じて、Flowは開発者を支援する、ゲーム、情報基盤、分散型ファイナンス、コンテンツ、クリエイターに焦点を当てたエコシステムである。

4.暗号資産ウォレットサービスプロバイダーCasa、AcrewCapital主導の資金調達ラウンドで2,100万ドルを調達

5月10日、暗号資産ウォレットサービスプロバイダーCasaは、AcreCapital主導の資金調達ラウンドで2,100万ドルを調達した。このラウンドには、Positive Sum Ventures、Naval Ravikantなどが参加。一方、Casaは、SwanBitcoinやChoiceIRAなどの企業がローンを承認したり、退職後に投資を行っているクライアントの財務状況調査をサポートするために、CasaAPIを立ち上げた。 Casaチームはこの資金を使用し、ウォレット製品に財務ID機能を追加する。

5.暗号資産の決済管理会社Paper、ElectricCapitalとInitializedCapital共同主導の資金調達ラウンドで750万ドルを調達

5月10日、Paperは、暗号資産の決済管理会社である、ElectricCapitalとInitializedCapitalが共同で主導する資金調達ラウンドで750万ドルを調達した。 Paperを使用すると、ユーザーは自分の電子メールアドレスを使用してウォレットを作成、クレジットカード(または暗号資産ウォレット)を介してPolygon、Ethereum、Solana、およびAvalancheブロックチェーンでNFTを購入可能。これは暗号資産を使用しない層と暗号市場を繋げるためのバリアフリーブリッジを提供するためである。

6.暗号資産の取引技術プロバイダーであるTalos、シリーズBの資金調達ラウンドで1億2500万ドルの評価で1億500万ドルを調達

5月10日、暗号資産の取引テクノロジープロバイダーであるTalosは、シリーズBの資金調達ラウンドで1億5500万ドルを1億2500万ドルの評価で調達した。ラウンドはGeneralAtlanticが主導し、Citigroup、BNY Mellon、Wells Fargo、a16z、PayPal Ventures、FidelityInvestmentsが参加した。 Talosは、機関投資家に最高の取引ソリューションを提供する。製品は、取引プラットフォームやマーケットメーカーの価格のチェック、取引や決済サービスの実行などのワンストップサービスをサポートする。Talosは、機関のデジタル資産取引の情報基盤になることを目指している。

7.ブロックチェーン決済会社Omiseの親会社Opn、シリーズCの資金調達ラウンドで1億2000万ドルを調達

5月10日、ブロックチェーン決済会社Omiseの親会社Opn(旧SYNQA)は、シリーズCの資金調達ラウンドで1億2,000万ドルを調達した。このラウンドには、三菱UFJフィナンシャルグループ、マークグロース、JICベンチャーグロースインベストメンツが参加した。 2020年6月、Omiseの親会社SYNQAは、シリーズCの資金調達ラウンドで8000万ドルを調達を完了しており、今回の資金調達ラウンドを含めると、同社は現在2億2200万ドル以上を調達したことになる。

Opncは2013年に設立され、オンライン決済、フィンテックアプリケーション用のブロックチェーンテクノロジー、およびデジタル化ソリューションに重点を置いている。これには NFTの流通および販売プラットフォームであるOpnMintと、決済インフラストラクチャであるOPNPaymentsがある。またその決済サービスはOmiseの名前で運営されており、EthereumをベースにしたLayer2ブロックチェーン製品であるOMGNetworkが含まれる。 OMGネットワ​​ークはかつて香港の暗号資産OTC取引所から投資を受けていた。

8.韓国の暗号資産データ​​およびリサーチプラットフォームXangle、KBInvestment主導のシリーズBの資金調達ラウンドで1,700万ドルを調達

5月10日、韓国の暗号資産データ​​および調査プラットフォームXangleは、KBInvestmentが主導するシリーズBの資金調達ラウンドで1,700万ドルを調達した。このラウンドは、KB Investment、Shinhan Capital、Premier Partners、およびIMMが共同で主導した。投資家の中で、Shinhan CapitalはXangleと戦略的パートナーシップを結んでいる。 Xangle(CrossAngle)は2018年8月に設立され、検証済み情報を提供する。設立から1年半で、シリーズAの資金調達ラウンドで約400万ドルを調達した。

今週の注目すべき2大イベント:

1.Terraコミュニティ、新しいLUNAトークンを発行する計画を提案

5月13日、TerraBuilderAllianceは、Terra再起動と新LUNAトークンの発行を提案するため、深夜未明、Terraコミュニティに「LUNAGoForwardProposal」を提出した。提案によると、新LUNAトークン発行と割り当ては以下の通り予定している。

- ルナトークン保有者の40%/主要なエコシステムサポーターであるため(スナップショット:5月9日15:00(UTC)

- USTトークン保有者の40%/UST保有者は新しいネットワークの立ち上げ時、既存ネットワークの重要な基礎となるため

- 先物ルナトークン保有者に10%/取引停止時に変更の影響を受けるため

- エコシステム開発者(Dapps、サービスプロバイダー、インフラストラクチャプロバイダーなど)に対して10%

新ルナトークン発行についての詳細は、コミュニティによって議論され、決定される。 TerraBuilderAllianceは、最初にブロックチェーンの検証を停止し、ブロックチェーンの停止後に新トークンの配布について話し合うことを提案した。今朝、Terraブロックチェーンは7607789で停止し、バリデーターは再起動計画を提案する。

2.デジタルマーケティングソリューション企業のTownsquareMedia、第1四半期に500万ドル相当のBTCトークンを購入

5月10日、デジタルマーケティングソリューション会社のTownsquare Media、米国証券取引委員会(SEC)に提出された文書で、2022年3月31日までにBTCトークンは長期的に見て潜在的価値を秘めているとして500万ドル相当を投資したと主張した。

MEXCはワンストップ暗号資産サービスのプラットフォームであり、現物、証拠金、ETF、先物取引、ステーキングなどのさまざまな商品やサービスを提供しています。 MEXCは現在、インターネット上で暗号資産の取り扱い数が最も多いプラットフォームであり、新しいプロジェクトを随時立ち上げています。1200種類以上の商品取り扱いがあり、レバレッジETFおよび先物商品は200種類の商品を取り扱っています。このプロジェクトは、Ethereum、Polkadot、Solana、Avalancheプロトコル、Fantom、その他のパブリックチェーンプロジェクト、NFT、Metaverse、GameFi、DeFi、Layer2、DAOなどの暗号資産のすべての分野を対象としています。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch