先物取引における様々な注文モードについて

先物取引のセクションでは、次のような注文の種類を選択することができます。

指値注文

指値注文は、購入、もしくは売却価格を自分で指定して注文を行う方法です。ユーザーは、スピードよりも価格を優先させる場合にこの注文方法を使うことができます。指値注文が、既にオーダーブック(板)に反映されている注文とすぐにマッチングされる場合、注文はすぐに約定します。指値注文が、既に登録されている注文とすぐにマッチングしない場合、オーダーブック(板)に反映させることで、​​流動性を高めることができます。

指値注文の利点は、指定した価格での約定が保証されていることですが、約定しないリスクもあります。

成行注文

成行注文は、現在の市場価格で直ちに執行される注文です。ユーザーの方は、価格よりも約定スピードを優先する場合に、この注文方法は有効活用できます。成行注文は、注文の執行を保証することができますが、執行価格は市場の状況に応じて変動する可能性があります。

条件付き注文(トリガー注文)

条件付き注文は、最新の市場価格、公正価格、インデックス価格のいずれかを基準としてトリガー価格が設定されます。マーケットがトリガー価格に到達すると指値注文が発注されます。


トリガー成行注文

トリガー成行注文は、最新の市場価格、公正価格、インデックス価格のいずれかを基準としてトリガー価格が設定されます。マーケットがトリガー価格に到達すると成行注文が発注されます。通常、利確や損切りのための注文は、トリガー成行注文となります。

POST ONLY注文

POST ONLY注文は、すぐにマーケットで満たされることはなく、ユーザーは常にMaker(メイカー)であることを保証します。また、POST ONLYを選択すると、注文直後に約定されるようであれば、システムが自動的にこの注文をキャンセルします。

IOC (Immediate or Cancel)

IOC注文は、指値またはそれより有利な価格ですぐに約定する必要があります。注文が直ちに約定されない場合、未約定分の注文はキャンセルされます。 IOCは通常、大量の注文が、希望価格とは異なる価格で約定されるのを避けるために使用されます。この設定では、指値価格で約定できない注文はキャンセルされます。


FOK (Fill Or Kill)

全ての注文数が指値またはそれより有利な価格で約定されます。そうでない場合、注文は完全にキャンセルされ、部分的な約定はされません。この注文方法は、一般的に短期的な市場のチャンスを探しているスキャルピングトレーダーやデイトレーダーが多用しております。

MTL (Market to Limit Orderー成行から指値)

MTL注文は、現在の最良価格で約定する成行注文として発注されます。注文が部分的にしか約定されない場合、残りはキャンセルされた上で最初の注文が約定した価格を指値として設定し、指値注文として再発注されます。

トレーリング逆指値注文(Trailing Stop)

トレーリング逆指値注文は市場価格に連動する注文であり、トリガー価格は直近の市場変動により変更されることがあります。

トリガー価格の計算:

売却時のトリガー価格 = 最大市場価格 − ユーザー定義のコールバック範囲(価格差)
または
売却時のトリガー価格 = 最大市場価格*(1 − ユーザー定義のコールバック%)


購入時のトリガー価格 = 最小市場価格 + ユーザー定義のコールバック範囲(価格差)
または
購入時のトリガー価格 = 最大市場価格 *(1+ユーザー定義のコールバック%)。

トレーリング逆指値注文では、トレーリング逆指値の価格を事前に設定することができ、システムは事前設定された価格が有効になった後にトリガー価格の計算を開始します。


最後に

MEXC先物取引では、ユーザーの皆様に最高品質のサービスを提供するために、様々な注文モードを提供しています。ユーザーは、収益を最大化するために、最も適した注文モードを利用して注文を出すことができます。

免責事項:暗号資産取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。これらの資料は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 MEXC Learnは情報のみを提供し、経済的なアドバイスは提供しません。投資する前に、関連するリスクを完全に理解していることを確認する必要があります。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC
Articles: 353
Read Learn Watch