マクドナルド:ルガーノでビットコイン&USDTの受け入れを開始

世界的なファストフード企業であるマクドナルドが、人口6万3000人のスイス・ルガーノでビットコインBTC)とUSDTの取引受付を開始しました。ルガーノはは暗号資産フレンドリーな町として、西ヨーロッパで暗号資産を導入するトレンドの一端を担っています。 2022年3月、ルガーノは法定通貨にビットコイン、USDT、LVGAトークンを対象として受け入れる旨を公にしました。

マクドナルド:ルガーノでビットコインとUSDTの受け入れを開始(画像 – Being Crypto)

それに加え、ルガーノ市の住民は、今年3月にルガーノ市がステーブルコイン発行元であるTether Operations Ltd.と合意文書を交わし、以降商品やサービス、さらには税金をデジタル通貨で支払うことができるようになりました。また、「プランB」と呼ばれる取り組み以来、駐車場や学費、その他の公共サービスの支払いなど、より多くの産業や分野で暗号資産を利用できるようになりました。

Tether社のCTOであるPaolo Ardoino氏は、暗号資産が実生活でどのように使用できるかを世界に示したいと主張しており、300万スイスフラン(約3.7億円)規模のファンドを立ち上げる予定があることから、これはは暗号資産を重視するスイスの都市で暗号資産の受け入れを促進するのに役立つと述べています。MEXC Globalは、暗号資産を支払いとして受け入れる都市が増えていることを嬉しく思います。分散化と希少性を併せ持った唯一無二の暗号資産、ビットコインをMEXCで簡単にお取り引きいただけます、まずはこちらから(BTC/USDT – ここから取引)

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Blog
Articles: 633