テクニカル分析について

暗号資産の相場動向は、金融市場の法則に忠実に従います。どちらも市場の需給関係やマクロ、ミクロの環境影響に従って反応し、個々の暗号資産銘柄は従来の金融市場における株式市場と似ています。暗号資産の動きにはそれぞれ特徴があり、独自の市場特性とバリュープロポジション(価値提案)の裏付けとなっています。そのため、投資家は相場動向に基づき市場経験、ニュースの要約と実際運用を通じて、ファンダメンタルズ分析、ニュース分析、テクニカル分析を評価することで、より正確な市況予測を形成・考察することができます。

本稿では、上記三つの分析方法の中でテクニカル分析の基本的な概念、特徴、利用方法について簡単にご説明します。


テクニカル分析とは

テクニカル分析のコアとなる考え方は二つあります。
1. 市場行動はすべての情報を含むことです。 2. 金融の歴史は常に繰り返すことです。

テクニカル分析は、需要と供給の法則を利用して、一連の金融市場の分析手法を確立し、市場動向の分析や予測に利用されます。暗号資産の分野では、テクニカル分析には様々な指標(ローソク足、トレンド、取引価格、ダイバージェンスなど)の分析が含まれます。投資家は、過去の価格や取引量から市場の状況を推測することができます。この推論の結果をもとに、最適な購入または売却タイミングを判断します。暗号資産取引の分野で最も普遍的に使用され、効果的な市場分析手法の一つです。

さらに、テクニカル分析に基づいて定量的な戦略が確立されるため、定量取引の基礎となるものです。


テクニカル分析のメリットとデメリット

メリット:テクニカル分析では、市場の需給を視覚的、全体的に把握することができます。市場は売り買いのゲームであるため、市場のセンチメントは2つの相反する力によって形成されます。パターンをマスターして利用することで、投資家は市場の変化に迅速に対応することができます。

デメリット:テクニカル分析は専門的な知識の蓄積と投資経験が必要であり、初心者が使いこなすのは困難です。暗号資産の分野では、主流でない銘柄は時価総額、取引高、流動性の関係で、信頼性の高い有効なテクニカル分析結果を形成することができません。そのため、主流でない銘柄ほど、テクニカル分析には向いていません。


テクニカル分析の例

テクニカル分析には複数の指標があり、それぞれの指標は異なる市場センチメントに対応しています。指標を通じて、市場が継続的に上昇する余地があるのか、それとも下落する余地があるのかを判断することが可能です。


1.サポートライン・レジスタンスライン

サポートラインとは、あるサイクルタイム内で最安値のことで、一般的に最安値が突破できない場合に形成されます。サポートラインを形成する基本原理は、この時期の売り手が長期的な市場環境に対して市場参加者が楽観的であることです。需要が大きい場合は、価格がサポートラインを下回ることはまずありません。市場の供給が十分ではなく、価格がより低いレベルで試されることがあるからです。

サポートラインが崩れるのは、取引高が減少し、価格があまり動かないときに観察され、ローソク足の長い下影陰線、大陰線、十字陰線、連続陰線などの形で現れます。


レジスタンスラインは、価格がサイクルタイム内で最高値に達し、価格が上抜けなかったことを示します。レジスタンスラインを形成する基本原理は、この価格レベルでは売り手が供給を続け、買い手は価格をレジスタンスラインより上に押し上げるだけの購買力を持っていないということです。

レジスタンスラインの突破は、取引高が減少し、価格があまり動かない時に観察され、カラカサ陽線、十字陽線、陽の丸坊主、上影陽線などの形で現れます。

2.移動平均線(MA)

移動平均線とは、一定期間の資産価格の平均値を直線的に表示する統計分析手法のことです。MEXCのローソク足チャートでは、5日間移動平均線(MA5)、10日間移動平均線(MA10)、30日間移動平均線(MA30)、60日間移動平均線(MA60)が設定され、それぞれ黄、紫、青、赤の4本の細い線で表現されています。また、ユーザーの皆様はお好みに合わせて期間の設定を変更することもできます。

A. トレンドに従う

移動平均線はローソク足パターンのトレンドと一致しているため、市場のランダムな動きである「ノイズ」を排除することができます。移動平均線は、投資家が正確かつ客観的に循環的なトレンドを確認することを可能にします。4本の移動平均線のトレンドと交差は、シグナルとして利用できます。

B. 遅延性

移動平均線の変化は比較的遅く、銘柄価格の変化から遅れがちなのがその性質です。したがって、移動平均線から得られる相場予測は、一般に投資期間が長いほど適用しやすいといえます。

また、テクニカル分析には、ボリンジャーバンド(BOLL)、パラボリックストップ& リバース(SAR)、指数平滑移動平均線(EMA)など、一般的に使用されている指標もあります。投資に関する知識が比較的豊富であれば、相対力指数(RSI)、DMI、オンバランスボリューム (OBV) などの指標を使って、相場のテクニカル分析を行うことができます。

最後に

テクニカル分析は、「市場行動はすべての情報を含む」、「金融の歴史は繰り返す」という概念に基づいています。ある時期の市場パターンの形成は、他の時期にも適用されます。経験豊富な投資家は、テクニカル分析を用いてチャンスをつかむことで、大きなリターンを得ることができます。これは、テクニカル分析が市場の投資家に最も人気のある分析手法の1つである理由にもなっています。市場の動向は市場参加者の活動の結果であり、どのテクニカル分析手法もすべての側面を完全にカバーすることは不可能です。したがって、テクニカル分析は、すべての相場の状況に適用することはできません。投資では、既に起こったことを除いて、未来は絶対的なものではありません。

免責事項:暗号資産取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。これらの資料は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 MEXC Learnは情報のみを提供し、経済的なアドバイスは提供しません。投資する前に、関連するリスクを完全に理解していることを確認する必要があります。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC
Articles: 353
Read Learn Watch