【8/8 – 8/14】過去7日間のMEXC注目銘柄TOP10

MEXCの現物取引、ETF取引、先物取引の総合取引データから、最も人気のある主要銘柄はBTC、ETH、XRP、SOLで、その他の人気銘柄としてAURA、CEL、BABYDOGE、JASMY、BONE、CAW、GSTERC、OP、CENNZ、NXD、MXが挙げられます。

1.

Aura Network(AURA)は、暗号資産とWeb3の分野において、NFTの大規模な普及を目的としたLayer1ブロックチェーンです。新規及び既存産業のNFT導入に役立つ多様なユースケースを開拓していくことで、NFTの多方面での活用を加速させます。Aura Networkは、一次購入者、流通市場での購入者、NFTコレクションの作成者に対して、NFTのエコシステムを包括的に育成・促進するインフラや、NFTの発行、評価、照会、取引を行うことができる場所になることを目標としています。

Aura Networkは、Coin98 Ventures、Kyber Ventures、Kucoin Labs、GBV Capitalが主導するSeed Roundで250万ドルの資金を確保しました。

2.

Celsius(CEL)は、暗号資産ユーザーの銀行業務及び金融サービスプラットフォームです。このネットワークは、金利収入とレンディングのプラットフォームとして、従来の銀行の在り方を超えて、透明性のある金融サービス、迅速な取引、ユーザーへの平等なアクセスを提供することを目的としています。Celsiusからの貸付は、資金の安全性を確保するために資産担保型の体系をとっており、貯蓄や預金に対するリターンは比較的高くなります。CELはCelsiusプラットフォームのネイティブトークンとして、ステーキングやローン支払いの割引など、保有者とプラットフォームユーザーに潜在的な収益機会をもたらします。

3.

Baby Doge(BABYDOGE)は、第3世代のコミュニティミームコインです。偶然なのかは不明ですが、Elon Musk氏はDOGEに関するツイートで、Baby Sharkという曲の歌詞にある「Baby shark」をBaby dogeに変えて揶揄したことがきっかけとなり、トークン価格が急上昇しました。市場でのFOMO感情と、154万人というホルダーのアドレス数がその人気を物語っています。

4.

ジャスミー(JASMY)は、日本発のIoTプロジェクトです。チップ暗号化技術とブロックチェーン技術により、パーソナルデータセキュリティサービスのプラットフォームを構築します。現在、コールセンター最大手のトランスコスモス、ノートパソコンで有名なVAIO、自動運転統合制御システムのWitz、政府機関などの企業顧客とのプロジェクト協力を行っています。

5.

Bone ShibaSwap(BONE)は、Shibaswapエコシステムのガバナンストークンで、SHIBArmy(通称:柴軍団)が今後の提案に投票できるようにします。BONEの保有量が多ければ多いほど、その票は今後より大きなウェイトを占めることになります。BONEの総供給量は250,000,000枚であり、流通量は、全体の供給バランスが取れるように設計されています。

6.

Hunters Dream (CAW)は分散型アルゴリズムのステーブルコイン決済ネットワークです。現在、このプロジェクトは発展途上の段階にあり、公式ウェブサイト、ホワイトペーパー、ソーシャルメディアはありません。しかし、当時のコミュニティではかなり高い人気を誇っており、その性質は初期のSHIBとやや似ています。

7.

Green Satoshi Token(ERC)(GSTERC)は、Game-FiとSocial-Fiの要素が組み込まれたWeb3ライフスタイルアプリ「STEPN」のユーティリティトークンです。GSTは無限に供給され、ユーザーがソロまたはバックグラウンドモードで移動する際に獲得できます。

STEPNは、多くの人にとって欠かせない日常的な活動である移動をベースにしてに構築されています。これは、『動いて稼ぐ』というコンセプトを効果的に実現した最初のプロジェクトで、Solana Ignition Hackathon 2021で500以上のプロジェクトの中から4位に入賞しました。

ユーザーは、スニーカーという形でNFTを装備します。屋外でウォーキングやジョギング、ランニングをすることでゲーム内で通貨を獲得し、ゲーム内で使用したり、現金化して収益を得たりすることができます。

STEPNは、Game-Fiにより、何百万人もの人々を健康的なライフスタイルに導き、気候変動と闘い、一般の人々をWeb 3.0に接続することを目指すと同時に、Social-Fiの側面を利用して、ユーザーが生成するWeb 3.0コンテンツを促進する長期的なプラットフォームを構築しています。

MEXC上場後の最高利回りは1,367%を記録しました。

出典:MEXC Global

8.

Optimism(OP)は、Ethereumの上にあるLayer2のブロックチェーンです。OptimismはEthereumメインネットのセキュリティの恩恵を受け、Optimistic rollupsを使用することでEthereumエコシステムのスケーリングを支援します。つまり、取引はOptimism上で信頼性をもって記録されますが、最終的にはEthereum上で安全が確保されます。

Optimismは、シンプルさ、実用主義、持続可能性、楽観主義という4つの理念をもとに設計されています。

このエコシステムはさらに実用主義を重視し、自身のチームとエコシステムに関わるユーザーの現実世界のニーズと制約によって運用されます。そのため、Optimismは繰り返し構築され、EVM等価性のような機能を徐々に実装していくことを目的としています。

Optimismの設計プロセスは、長期的な持続可能性とスケーラビリティのための近道をしないという考えに基づいて構築されています。そのため、Optimistic rollupsを使用し、ネットワークを拡張するためにEthereumのコンセンサスメカニズムを利用しています。ブロックはL2(Optimism)で構築・実行され、ユーザーのトランザクションはL1(Ethereum)に一括して送信されます。L2にはメンプールがなく、トランザクションは即座に受理・拒否されます。これにより、スムーズなユーザー体験が保証されるとともに、Ethereumのコンセンサスメカニズムによるセキュリティが確保されます。

取引は有効性を直接証明することなくEthereumに提出され、一定期間(現在は7日間)要求することができます。その後、取引は最終的なものとみなされます。そのため、OptimismからEthereumへの出金には7日間かかります。

初期トークン供給量は4,294,967,296枚です。ネットワークの初期ユーザーは、2022年第2四半期にOPエアドロップを受け取る機会が与えられており、これは資産全体の供給量の5%を占めます。

Optimismのエコシステムは、Synthetixエコシステムを中心に20以上のdAppsで構成されています。Layer 2ネットワークにおけるOptimismの市場シェアは20.78%で、現在までの総額は9億600万ドルです。

OptimismのDeFiプロジェクトの種類を見ると、ほぼ全てのTVLがDEXで占められており、明らかにバラエティに乏しいです。

出典:Optimismの公式サイト

Eth2.0マージ日の発表後、OPトークンは現在までに256%上昇率を記録しました。

9.

CENNZnet(CENNZ)は、分散型アプリケーション(dApps)用のプラットフォームを提供するパブリックブロックチェーンネットワークです。新規開発者や一般エンドユーザーが簡単にブロックチェーンを体験できる、ユーザーフレンドリーなdAppプラットフォームを目指しています。CENNZは、独自のデュアルトークンシステムを採用したネットワークのネイティブトークンの1つです。これは、ブロック報酬とは別に機能するステーキングトークンとしての役割を担っています。つまり、CENNZの価格は、開発者やユーザーがdAppsを使用するために支払う金額とは無関係に上昇し続ける可能性があります。

10.

The Nexus Project(NXD)は、Polygonエコシステム上のNFTとデジタル決済のプロジェクトです。The Nexus Projectの公式ニュースによると、同プロジェクトはドバイの複数の現地小売店、レストラン、企業と協力し、NXDを決済手段とするエコシステムを構築しているとのことです。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引のプラットフォームであり、現物、信用、レバレッジETF、無期限先物取引、NFTインデックス、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報をTwitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch