信用取引に関する用語一覧

総資産:総取引額 + 棚卸資産総額 x 最新の取引価格 

総負債:トークン建て借入金 + 借入棚卸資産 x 最新の取引価格 + 未払い利息] + 棚卸資産の未払い利息 x 最新の取引価格

純資産:総資産 – 総負債

利用可能資産:信用取引口座のユーザーが取引に使用できる資産(元金および借入金を含む)。

危険率と清算:

危険率=総資産/総負債=(総取引金額+総取引トークンx最新の取引価格)/(総借入トークン量+借入時の取引金額x最新の取引価格+取引資産の未払い利息]+取引資産の未払い利息x最新の取引価格)x 100%

例として、あるユーザーが1000USDTで0.1 BTCを借り、市場価格が50,000USDTであるとします。

総資産=1000+ 0.1 * 50,000 = 6,000 USDT

総負債=0.1* 50,000 + 0.0000033 * 50,000 = 5000.17 USDT

この時点で、危険率は6,000 / 5,000.165 = 120%となります。

また、50,000USDTで0.1BTCを売却し、その後市場価格が55,000USDTに上昇した場合、

総資産=6000

総負債=0.1* 55,000 + 0.0000033 * 55,000 = 5,500.18 USDT

現時点では、危険率は6000 / 5500.18 = 109.09%であり、清算ラインに近い。分離アカウントの危険率が105%未満の場合、自動清算が発生する可能性があります。システムは、プラットフォームから提供された資金を回収するために取引を強制終了します。

清算比率:

ユーザーの危険率が清算ラインに達すると、システムは清算を開始し、ユーザーの資産を売却、借入れたトークンと利息を返却する手続きが自動的に作動します。

清算アラート比率:

ユーザーのリスク比率が清算ラインに達すると、システムはユーザーにテキストメッセージで通知を送信し、清算リスクがあることをユーザーに通知します。

マージンコール比率:

ユーザーの危険率がマージンコール(別名:ロスカット)ラインに達すると、システムはユーザーに通知を自動送信し、清算リスクを回避するために資金の積み増しが必要になる旨をご連絡します。 

予想清算価格=[(借入トークン量+取引トークンの未払い利息)x流動性リスク率-総取引額]÷総取引資産-(借入取引資産+取引資産の未払い利息)x流動性リスク率)

証拠金不足:

証拠金不足は、アカウントが清算を自動的に開始する際に、資産残高が返済に十分でない場合に発生します。プラットフォームのリスク管理機能を作動させないためにも、資産はすみやかに移動される必要があります。この動作が作動した場合、ユーザーは資産や信用商品などを引き出すことができなくなります。

先物取引アカウントからの資産移動

資産を借り入れているユーザーは、借り入れた資産と利息分を差し引いた後、リスク率が200%を超える資産の一部を現物アカウントに移動させることができます。分離証拠金勘定のリスク率は、資産移動後に200%を下回っている必要があります。継続的な借入がないユーザーは、すべての資産を制限なく移動できます。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch