XEN、プロジェクト発足でETHの供給がデフレに転じる

先週末、新しい暗号資産XENの立ち上げに伴い、今週月曜日にイーサリアムブロックチェーン上のガス代が約180万ドル消費されました。これは、XENがイーサリアム上で最もガス代を消費していることになり、ネットワーク上の取引手数料の約30%〜40%を占めています。Etherscanのデータによると、ETHの供給量は10月8日から10月11日にかけておよそ4,172個減少しています。また、平均のガス代は10月8日から上昇し、10月10日に35gweiでピークを迎え、現在は20gweiで減少傾向にあります。

Etherscan.ioのETH取引手数料
Etherscan.ioのETH取引手数料

しかし、ETH価格は供給量の減少や希少性の上昇を反映していません。本稿執筆時点では、ETH価格は1292.54ドルで、24時間で0.48%下落しています。予想に反して、ETH価格はここ数日、下落傾向が続いています。イーサリアムは、The MergeによってProof-of-StakeからProof-of-Workのコンセンサスメカニズムにアップグレードした最初のブロックチェーンです。イーサリアムは、消費電力が少なく、安全性が高いブロックチェーンです。イーサリアムが人々の信頼と関心を失うとは考えにくく、将来のイーサリアムの動向に注目が集まります。

MEXCは、XENを上場させた最初の暗号資産取引所です。10月10日、1億8300万以上のXENが市場に流通し、そのうち6800万以上がMEXCに預けられ、実に全体の37.36%を占めています。MEXC は最も流動性の高い XEN の取引プラットフォームの一つです。XENは上場以来、0.0001ドルから0.018 ドル、最大 17900% の上昇を記録しています。今ならMEXCでXENトークン(XEN/USDT – ここで取引)を業界最安値水準の取引手数料でお取り引きいただけます!

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Blog
Articles: 633