NFT新勢力が台頭|MEXCで初上場のShitCoin(SHIT)が最高6,125%に上昇

MEXC x Shit

最近、NFT市場に突如現れた2つの新勢力、goblintownとill poop it nftは、BAYCやMoonbirdといった従来のブルーチップであるNFTに挑戦しています。

その中でもill poop it nftが発行する2つのNFTは、総取引高4400ETHでOpenSeaのトップ3を継続的に独占しました。MEXCはそのSHITトークンを上場してから6125%という上昇率を記録し、SHITの取引プラットフォームとしてナンバーワンの地位を確立しています。

ill poop it nft は元々、明確なロードマップもなく、匿名のチームによるミーム型NFTプロジェクトでしたが、優れたマーケティング力、緻密な計画、ロードマップ提供力により、わずか一週間で多くのNFTマニアの目に留まるようになりました。 また、ロードマップの更新も頻繁に行われ、DeFiの性質を持つNFTのプロジェクトとなっています。

 ill poop it nftは、彼らが表現したかったNFTの最初の世代に見られるように、反主流意識を持っています: “すべてがクソで、LUNAはクソ、Azukiはクソ、Stepnはクソ、トップストリームNFT BAYCもクソとして彼らに馬鹿にされているだけではありません” 。 この反主流派のマーケティング戦略は、市場でも反響を呼びました。”あなたの手元にはクソであるブルーチップがあるが、クソもブルーチップに変えることができるよ”と意味されています。

暗号資産市場が低迷する中、goblintownとill poop it nftは低迷していたNFT市場に新しい息吹を吹き込んでいます。

SHITトークンのキャンペーンも開催中です!是非チェックしてください!

MEXCは、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様にご提供しております。現物取引は1,400種類以上、先物取引は200種類以上、レバレッジETF取引は40種類以上の銘柄をサポートしております。MEXCは現在、優質な銘柄を取り扱っており、上場スピードが早い取引プラットフォームです。

統計によると、2021年に最もパフォーマンスの高い暗号資産トップ10のうち、MEXCで初上場したのはSHIB、GALA、MANA、SOLなど6つを占めております。 中でも、SHIBは106,363,536%という驚異的な上昇率を記録しました。

また、2022年にMEXCで初上場のプロジェクト「GENE」「PEOPLE」「NATION」「LUNA(Terra 2.0)」もセカンダリー市場で好調な上昇率を記録しました。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch