フロアプライスを堅調に推移する、『ブルーチップNFT』〜参入障壁を下げるために〜 

イーサリアムの価格は今年の4月上旬水準の、3579USDTから年初来安値となる881USDTまで下落しました(現在価格が回復し約1600USDTに上昇)。大幅なイーサリアム価格の下落を受け、ほとんどのブルーチップと呼ばれるNFTの価格はUSDT換算でその資産価値は1/3以下となりました。それにも関わらず、Moonbirds、Clone X、Meebits、Doodlesのようないわゆるブルーチップと呼ばれるNFTの価格は、新規ユーザーにとっては参入を躊躇する価格帯から逸脱することはありません。たとえば、Doodlesとmoonbirdsの現在のフロアプライスはそれぞれ11ETHと23ETHで、USDT換算でそれぞれ、17248USDTと36063USDTの資産価値があります。

グローバルな暗号資産取引サービスのプラットフォームであるMEXCは、新規ユーザー様にブルーチップNFTにより参入していただけるよう、NFTインデックス商品を発表しました。 これは、暗号資産取引プラットフォームであるMEXCが立ち上げた世界初のNFTインデックス商品です。

その前に、NFTインデックスとは何かについて解説いたします。

MEXCが特定のブルーチップNFT(または潜在的価値のあるNFT)コレクションを一定量購入し、そのフロア価格をサポートします。そして、購入したNFTの差額を一定量に分割して指数化し、ユーザーはそれを現物取引をするのと同じように取引するだけで、NFT指数の一定シェアが得られるというものです。 更に、そのNFTから得られる権利(ユーティリティ)を所有することができます。たとえば、MEXCはMoonbirdsが第2世代のNFTをエアドロップする前にNFTを購入しています。つまりはその後、第2世代のNFTのエアドロップを獲得した後、適正価格で第2世代のNFT MoonbirdsOdditiesを販売します。 NFTインデックスポジションの数はNMOON保有者に配布されます。

同様に、NFTが正式にトークンを発行し、それをNFT保有者に無料でエアドロップすると、MEXCは、NFTインデックスの保有割合に応じて、獲得したエアドロップを保有者に還元します。同時に、そのNFT指数はいつでも売買が可能なだけでなく、INDEXがNFTの全額と交換できる状態になれば、そのNFTを償還することも可能になります。

MEXCが立ち上げた商品の一つNMOONを例にとると、NFTインデックスはMEXCが購入した#5816、#347、#8298 Moonbirdで構成されており、最大10,000,000 indexに分割され、100万単位まで自由に売買が可能です。MEXCに連絡していただくことで週単位でNFTそのものと実際に交換できるようにしました。

これまで、Moonbirds、Clone X、Azuki、Meebits、Doodles、Invisible Friendsなどを含む9つのNFTインデックス商品をリリースしました。これにはNMOON、NCLONEX、NAKI、NMEEBITS、NDDS、NIFRIENDなどが含まれます。MEXCは、世界で初めてNFTインデックス商品を発表した取引プラットフォームであるだけではなく、オンラインで最も多くのブルーチップNFTインデックス商品を保有する取引プラットフォームでもあります。

なぜブルーチップと呼ばれるNFTを選ぶのか。これは、現在のNFTが暗号資産業界をリードする存在であり、現在市場の時価総額が245.3億米ドルに達しているためです。しかし、大げさに言えば、99%のNFTプロジェクトは市場から淘汰されたか、淘汰されつつあると言って過言ではなく、 残りの1%は、市場で多くの投資家から検証された後に生き残り、今後ゼロになるリスクは低く、そしてETH2.0のオンチェーンシステムの構築と共に、NFTはWEB3への入口としてまだまだ開拓の余地がある分野であると言えます。

MEXCは優良NFTを厳選してNFTインデックスを立ち上げ、NFTが盛り上がりを見せ始めた2020年初頭、その頃には既に優良なNFTプロジェクトを発掘し、順次立ち上げて来ました。 GALA、AXS、SAND、MANA、CHZ、APEといった銘柄は、MEXCで最初に上場した時期が異なり、MANAは2020年2月に上場し、上場後最高上昇率51,900%を記録、その他の銘柄もAXS、SAND、APEが109,968%,、42,300%、 4.1,000%、 5,000%の上昇を記録しました。 

現在MEXCは、パブリックチェーン、DeFi、NFT、DAOなどの10を超える細分化された分野で4年間、緻密な商品展開を行っています。SocialFi、GameFi、 Metaverse、NFTfiおよびその他のフィールドなど、 MEXCが立ち上げた2,000以上のプロジェクトのうち、パブリックチェーン、DeFiトラックに加え、今回新たにNFT関連のプロジェクトの割合も増えており、より総合的な暗号資産のプラットフォームとしての活動の幅を広げています。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱えるデジタル資産取引のプラットフォームであり、現物、証拠金、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報を

Twitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

MEXC Globalは、2018年4月に設立された、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch