MEXC:世界に先駆けてNFT Indexを導入!NFTで切り開くWeb3の世界

DeFiとNFTは現在、ブロックチェーン業界においてもっとも関心を寄せられる分野です。DeFiと異なり、NFTはブロックチェーン業界で爆発的に普及するに留まらず、2021年以降、伝統的な産業にも参入し、有名なテクノロジー企業やスポーツ用品業界、ラグジュアリーブランドなどが独自の方法でNFT領域に参入しています。

例えば、アメリカのジュエリーブランドであるTiffany&Coは、8月5日にNFTiffコレクションを250個限定、1点30ETHで販売し、即日完売しました。このコレクションはCrypto Punksホルダー専用に、NFTをTiffany&Coの職人が手作りのカスタムペンダントにアレンジ、さらにNFTバージョンのペンダントを受け取ることができます。今回、NFTiffシリーズのNFTがすべて売り切れ、1250万ドルの調達になりました。

Tiffany&Coのほかにも、Adidas、Budweiser、Playboyといった企業が以前から独自の方法でNFT領域に参入してきました。NFTiffは、高級品とNFTを組み合わせ、Web3とWeb2を相互に促進し、ブランドの認知度を高め、NFTの二次的な作品を販売することでさらなる価値を獲得するという実験を行っています。

しかしながら、多くのユーザーにとって、現時点のNFTはまだまだ参入障壁が高く、その原因の一つとして以前衰えを見せないブルーチップNFTの価格にあると言えます。Crypto Punks、BAYC、MoonbirdsシリーズのNFTを例にとると、Openseaの8月9日のデータでは、Crypto Punksの最新の取引価格は78ETH~100ETHで、フロアプライスは約13万8372ドル、BAYCとMoonbirdsもそれぞれフロアプライスは85ETHと14.55ETH前後で推移しています。これは、現在ETHの価格が前年度よりも低く推移しており、さらに弱気市場の煽りを受け、NFT市場全体的にみても、現在の価格は割安であると言えます。

このような背景から、世界有数の暗号資産ワンストップ取引プラットフォームであるMEXCは、ユーザーのブルーチップNFTへの参入障壁を下げることを目的として、今年4月初旬にNFT Idexを開始しました。

MEXCはこれまでに、Moonbirds、Clone X、Azuki、Meebits、Doodles、Invisible Friendsなど9つのブルーチップNFTコレクションを購入し、そのフロアプライスをサポートしてきました。購入したNFTの差額を一定量に分割して指数化した後、NMOON、NCLONEX、NAKI、NMEEBITS、NDDS、NIFRIENDなど、9つのNFT Index商品をリリースしました。

MEXCが購入したNFTを一定量に分割して指数化し、ユーザーはそれを現物取引をするのと同じように取引するだけで、NFT指数の一定シェアが得られるというものです。 更に、そのNFTから得られる権利(ユーティリティ)を所有することができます。たとえば、MEXCはMoonbirdsが第2世代のNFTをエアドロップする前にNFTを購入しています。つまりはその後、第2世代のNFTのエアドロップを獲得した後、適正価格で第2世代のNFT Moonbirds Odditiesを販売します。 NFTインデックスポジションの数はNMOON保有者に配布されます。

同様に、NFTが正式にトークンを発行し、それをNFT保有者に無料でエアドロップすると、MEXCは、NFTインデックスの保有割合に応じて、獲得したエアドロップを保有者に還元します。同時に、そのNFT指数はいつでも売買が可能なだけでなく、INDEXがNFTの全額と交換できる状態になれば、そのNFTを償還することも可能になります。

過去の3年間、MEXCは優良NFTを厳選して関連トークンを立ち上げることでこの分野に参入し続けてきました。これらのプロジェクトには、 GALA、AXS、SAND、MANA、CHZ、APEなどが挙げられます。その中、MANAは2020年2月に上場し、上場後最高上昇率51,900%を記録、その他の銘柄もAXS、SAND、APEが109,968%,、42,300%、 4.1,000%、 5,000%の上昇を記録しました。 

NFTGOのデータによると、現在までに世界のNFT市場の1日の取引高は254億ドルに達していますが、全体としてNFTの用途はまだ初期段階にあり、ゲーム会社やWeb 2.0の世界の高級ブランドなど、資本、プロジェクト当事者、取引プラットフォームが、NFTの用途を積極的に模索している状況です。

出典:NFTGO

MEXCは、NFTインデックスを立ち上げることで、参入障壁を下げ、投資予算が限られている方々にも投資機会を提供することが可能になり、NFT分野の商品充実を通して、Web2ユーザーとWeb3の世界の架け橋となるを目的としています。

現在の暗号資産業界の動向からみると、NFTの金融化は必然的な流れと言えます。これにはNFTのステーキングとレンディングやNFTのインデックス化も含まれます。 将来、MEXCは、Web2とWeb3の垣根を越え、オンチェーンとオフチェーンの架け橋となるべく、NFT関連の商品充実に向けてこれからも模索していきます。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引のプラットフォームであり、現物、信用、レバレッジETF、無期限先物取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報をTwitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

注記:当記事は情報共有のみを目的としており、投資アドバイスを提供するものではありません。市場のリスクには常にご注意ください。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch