MEXC週刊・暗号資産速報|資金調達額5億300万ドルに到達、ワールドカップシーズンでファン・トークンが人気を博す

MEXC Researchをフォローし、新規銘柄と最新の市場動向をつかもう!

*本記事中のドル表記は米ドルを指す。

MEXCリサーチの統計によると、2022年8月8日から14日にかけて、Web3全体で19のプロジェクトが総額5億130万ドルを調達した。その中で、Metaverse、NFT、GameFi分野は8,200万ドル、DeFiとWeb3分野は3億630万ドル、インフラ分野は7,300万ドル、ブロックチェーンファンドは4,000万ドルの投資ラウンドを完了した。

MEXC先週の重要イベント

ワールドカップ前夜、MEXCは複数のサッカークラブをベースにした銘柄を上場させた。注目銘柄としては、S.S. Lazio(LAZIO)、FC Porto(PORTO)、Santos FC(SANTOS)、Inter Milan(INTER)、AC Milan(ACM)、Atletico De Madrid(ATM)、AS Roma(ASR)、Youventus(JUV)、Galatasaray(GALFT)などが挙げられる。本稿執筆時点で、これらの銘柄は最高上昇率133.33%を記録した。特筆すべきは、LAZIOが250%の上昇率でMEXCの週間値上がり率トップ銘柄第1位になった。

I. メタバースとNFTとGameFi

1. アニメーションスタジオ、Invisible Universeが、Seven Seven Sixを筆頭に1,200万ドルを調達

8月12日 – アニメーションスタジオ、Invisible Universeは、Redditの共同創業者Alexis OhanianのベンチャーキャピタルSeven Seven Sixが主導し、Cosmic Venture Partners、Dapper Labs、Spencer Rascoffの75&Sunnyが参加した1,200万ドルの資金調達シリーズAラウンドを終了したと発表した。Invisible Universeは、著名人とのコラボレーションやオリジナルアニメのキャラクター構築を得意とし、それに対応したIP流通サービスを提供するほか、ビッグネームIPのNFTのキャスティングも行っている。

2. 瞑想アプリMuseがBDC Capitalを筆頭に950万ドルを調達

8月12日 – 瞑想アプリMuseを開発するInteraxonは、BDC Capital、Sonny VuのAlabaster、Export Development Canadaが共同で主導する950万ドルのシリーズC資金調達ラウンドを完了したと発表した。Museは、MetaverseにおけるEEG読み取りやその他のニューロテクノロジーの可能性を探ることを目的としたMetaverse Software Development Kit (SDK) initiaveをリリースした。

3. メタバース・スタートアップのSpace Dataが、Spiral Capitalの参加を得て、1,000万ドル以上を調達

8月9日 – 日本の衛星データスタートアップであるSpace Dataは、Spiral Capital、Sparx Innovation for Future、KDDI Open Innovation Fundの参加を得て、1,000万ドルのシードラウンドの資金調達を完了したことを発表した。SpaceDataは、衛星データと3DCG技術に基づいてMetaverseの仮想世界を生成し、地球の静止画像と衛星からの地理データで機械学習を可能にする一連のAIベースの技術を開発した。

4. ゲームスタジオGunzilla Gamesが、Republic Capitalを筆頭に4,600万ドルを調達

8月9日 – ゲームスタジオGunzilla Gamesは、Griffin Gaming Partners、Raptor Group、Huobi Group、有名エンジェル投資家Justin Kan氏(Twitchの共同創設者)が参加し、Republic Capitalを中心とした4,600万ドルの資金調達を終了したと発表した。この資金は、ユーザーにゲーム内のすべての『モノ』の完全な所有権の供給を通じて、資産という社会的な力を提供することを目的としている。資金の用途としては、新しいプラットフォーム「GunZ」の制作に充てられる予定である。

5. NFTキャスティングプラットフォーム「Fair.xyz」が、Eden Blockを筆頭に450万ドルを調達

8月9日 – NFTキャスティングプラットフォームFair.xyzは、Eden Blockが主導し、OpenSea、NFX、First Minute Capitalが参加する450万ドルの資金調達ラウンドを終了したことを発表した。決済後の評価額は3億3,000万ドルに上昇。このプラットフォームの創業者は元MetaやGoldman Sachsのエンジニアと言われており、NFT作成者に簡単なNFT作成ソリューションを提供し、これらのNFTの初期販売時に6%のサービス料を徴収することで利益を得ることに関心を持っているとのことだ。

II. DeFi & Web 3

1. Cryptoassetオプション取引プラットフォームSignal Plusが、Hashkey CapitalとGBC Capitalの主導で1,200万ドルを調達

8月12日 – 暗号資産オプション取引プラットフォームSignal Plusは、2つのラウンドの資金調達を完了し、合計1,200万ドルを調達したと発表した — Hashkey Capitalが主導するシリーズAラウンドとGBC capitalが主導するシードラウンドを含み、Stratified Capital,Incuba Alphaなどが参加した。SignalPlusは暗号資産オプション取引の民主化に取り組んでおり、モジュール式で強力なツールキット一式を備えたオプション取引ダッシュボード中心の技術スタックを立ち上げる予定だ。

2. 暗号資産取引プラットフォームTokenize XChange、1,150万ドルを調達

8月12日 – 暗号資産取引プラットフォームTokenize XChangeは、1,150ドルのシリーズA資金調達ラウンドを終了したことを発表した。Tokenize XChangeはマレーシアで認可された暗号資産交換プラットフォームだが、まだシンガポール通貨監督庁(MAS)から認可を受けていない。

3. Web3メールソリューションプロバイダのEtherMailは、Fabricを筆頭に300万ドルを調達

8月11日 – Web3メールソリューションプロバイダのEthermailは、Fabric VenturesとGreenfield Oneが主導する300万ドルのシードラウンドの資金調達を完了したことを発表した。資金調達は、チーム拡大とアクセラレーションソリューションのテストに充てられる予定である。同社は、ウォレット間取引のための電子メール通信ソリューションの第3四半期リリースを準備しており、すでに数千件の事前登録を受けている。

4. 暗号資産決済プラットフォーム「Ansible Labs」がArchetype主導で700万ドルを調達

8月10日 – 暗号資産決済プラットフォームAnsible Labsは、Castle Island Ventures、A*Partneres、Arca、Soma Capital、Plural VC、Eniacが参加し、Archetypeがリードする700万ドルのシードラウンドの資金調達を完了したと発表した。資金使途は、人材採用、流動化費用、最初の製品発売までの運営費に充てられる予定である。

5. DeFiウォレットスタートアップのUnstoppable Financeが、Lightspeed Venture Partnersを筆頭に1,280万ドルを調達

8月10日 – DeFiウォレットスタートアップのUnstoppable Financeは、Lightspeed Venture Partnersが主導し、Speedinvest、Rockaway Blockchain Fund、Backed VC、Inflectionなどが参加した1,280万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了したと発表した。同社のDeFiウォレット「Ultimate」は、主に個人投資家を対象としている。2021年10月、Unstoppable Financeは520万ドルのシードラウンド資金調達の完了を発表した。

6. CreatorDAOがa16zとInitialized Capitalの主導で2,000万ドルを調達

8月9日 – 分散型自律組織CreatorDAOは、a16zとInitialized Capitalが主導し、Liquid 2 Ventures、M13、Audacious Ventures、6th Man Venturesが参加した2000万ドルのシードラウンドの資金調達を完了したと発表した。このプロジェクトには、パリスヒルトン氏、The Chainsmokers、マイケル・オヴティズ氏、リアム・ペイン氏といった著名クリエーターからも支援が寄せられている。CreatorDAOは、コンテンツクリエイターが自らのコンテンツの資本、技術、コミュニティに関する意思決定に参画できるようにすることで、コンテンツ制作の運営構造を変えていく。

7. 分散型デリバティブ取引プロトコルInjectiveがJump Cryptoの主導で4,000万ドルを調達

8月10日 – Cosmosをベースにした分散型デリバティブ取引プロトコルのInjectiveは、Jump Cryptoが主導し、ヘッジファンドBrevan Howardのデジタル資産部門であるBH Capitalが参加した4,000万ドルの資金調達を完了したと発表した。Injectiveはこの資金調達により、INJトークンの実用性を高め、INjective上に構築された既存のDAppsに流動性を提供し、Injective上の新しいDAppsをサポートするとしている。

8. Islam Crypto Initiative Islamic Coinが2億ドルを調達

8月10日 – イスラム法に準拠した暗号資産イニシアチブのイスラムコインは、2億ドルのプライベートラウンドの資金調達を完了したことを発表した。イスラムコインは独自のHaqqブロックチェーン上に構築され、イスラム金融の規則と伝統を厳格に遵守するように設計されている。イスラムコインは、すべてのトークン放出の10%を、慈善投資と持続可能でシャリア法に準拠したベンチャーに専念する組織、Evergreen DAOに割り当てる予定である。

III. インフラストラクチャー

1. Jito LabsがMulticoin CapitalとFramework Venturesの主導で1,000万ドルを調達

8月11日 – Solana MEVのインフラを開発したJito Labsは、Multicoin CapitalとFramework Venturesが主導し、Alameda Research, Solana Ventures, Delphi Digital, and Robot Venturesが参加した1,000万ドルのシリーズA資金調達ラウンドを終了したと発表した。Jito Labsが開発したインフラは、現在Neodymeによる監査を受けており、今後2ヶ月以内に本稼働する予定である。

2. ゼロ知識証明のRISC Zeroが、Bain Capital Cryptoを筆頭に1,200万ドルの資金調達を実施

8月9日 – ゼロ知識証明のスタートアップRISC Zeroは、Geometry、D1 Ventures、Cota Capital、およびMeltem Demirors氏(暗号資産管理会社CoinsharesのCSO)らエンジェル投資家が参加し、Bain Capital Cryptoが率いる1,200万ドルのシードラウンドの資金調達を終了したと発表した。2022年3月、RISC ZEROは、認証方式を活用した初のオープンソース製品である「ゼロ知識証明型仮想マシン」を発表した。

3. NFTに特化したWeb3インフラを提供するPinataが、Greylockを筆頭に2,150万ドルを調達

8月9日 – NFTに特化したWeb3インフラストラクチャのプロバイダであるPinataは、GreylockとPanteraが主導した最近の1,800万ドルのシリーズAラウンドとGreylockとOffline Venturesが主導した2021年の350万ドルのシードラウンドを含む2ラウンド、総額2,150万ドルの資金調達を完了したと発表した。その他、Volt Capital、OpenSea、Alchemyが参加している。2018年に立ち上げられたPinataは、ネブラスカ州オマハに本社を置き、クラウドストレージやCDNアクセラレーション技術を通じて、NFT市場、メタバース、Web3 DApps、その他の暗号資産関連のイニシアチブなど、さまざまなプロジェクトにメディアインフラを提供している。

4. 分散型通信プラットフォームSatellite IMは、Framework VenturesとMulticoin Capitalの主導で、1,050万ドルを調達

8月11日 – 分散型通信プラットフォーム Satellite IM は、Framework Ventures と Multicoin Capital がリードし、Solana Ventures、IDEO CoLab、Hashed、Pioneer Square Labs Ventures が参加する 1,050万ドルのシードラウンドの資金調達を完了した。Satellite IMは、2020年にChristopher Hogan氏とThomas McArdle氏によって設立された。このプロジェクトは、今夏にデスクトップ・アプリの早期アクセスを提供し、秋にはネイティブ・モバイル・アプリ「UpLink」をローンチする予定である。

5. ブロックチェーン分析プラットフォーム「Merkle Science」が、BECO Capital、Darrow Holdings、K3 Venturesを筆頭に1,900万ドルを調達

8月9日 – ブロックチェーン分析プラットフォームのMerkle Scienceは、BECO Capital、Darrow Holdings(Susquehanna子会社)、K3 Venturesの主導で1,900万ドルの資金調達を完了し、シリーズAの総資金を2,400万ドル以上に増加させた。2018年に設立されたMerkle Scienceは、リスク分析、リスク軽減、コンプライアンスソリューションに関連するサービスを提供している。

IV. ブロックチェーンファンディング

1. ベンチャーキャピタル Venture Studio が 4,000 万ドルを調達

8月9日 – ベンチャーキャピタル金融Venture Studioは、第2支店のための4,000万ドルの資金調達を完了し、その全額を初期のスタートアップ企業に振り分けると発表した。同社は、デジタル金融サービスがより経済的な分野へ拡大することを期待している。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引のプラットフォームであり、現物、信用、レバレッジETF、無期限先物取引、NFTインデックス、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報をTwitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch