【7/11-7/17】MEXC週刊・暗号資産速報:Web3業界の25プロジェクトが合計6億1200万ドルの資金調達完了

MEXC Researchをフォローして、成長の初期段階にある銘柄を発見&暗号資産市場の最新情報をチェック!

*本記事内のドルとは米ドルを指す。

MEXC Researchによると、2022年7月11日から7月17日までに、Web3業界の25のプロジェクトが合計6億1200万ドルを調達した。Metaverse、NFT、GameFiプロジェクトは6400万ドル、DeFiとWeb3プロジェクトは1億4100万ドル、インフラプロジェクトは2億700万ドルの資金調達、ブロックチェーンファンドは2億米ドルの資金調達を完了した。

I.Metaverse & NFT & GameFi

1. Meta-universeアプリのHologram、Polychain Capitalを筆頭に650万ドルを資金調達

7月15日 – Meta-universeアプリHologramは、Polychain Capitalが主導し、Nascent、Inflectionなどが参加した650万ドルのシードラウンドを終了した。この資金調達は、チームの拡大、社員雇用、急速に拡大するパートナーの要望に対応する資金調達に充てられる予定だ。Hologramは、NFTやキャラクターをアバターとして使用でき、ビデオ通話の際に、ユーザーの唇と同期できる唇の形状をしている。

2. Web3ベースのNFT会員制プラットフォーム「Hang」が、Paradigmを筆頭に1600万ドルの資金調達を実施

7月14日 – Web3ベースのNFT会員制プラットフォームHangは、Paradigmが主導し、Tiger Global、35 Venturesなどが参加した1600万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了したと発表した。この資金調達は、”スピードとスケール “に焦点を当てた製品、技術、市場開拓チームの拡大に充てられる予定だ。Hangの会員制プログラムは、NFTを使ってブランドと会員を結びつけ、報酬や特典で顧客にインセンティブを与えるもので、すでにBudweiserやPinkberryなどのブランドと提携しています。

3. Solana ecosystemゲームMonkeyLeagueの開発元UnCaged Studios、Griffin Gaming Partnersを筆頭に2400万ドルの資金調達を実施

7月14日 – SolanaベースのゲームMonkeyLeagueを開発したUnCaged Studiosは、Griffin Gaming Partnersが主導し、Vgamesと6th Man Venturesが参加する2400万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を終了した。MonkeyLeagueは、Solana上のサッカーゲームで、ゲームをすることで収入を得ることができる。現在38人の従業員が働くUnCagedは、拡大計画を実現するために、「積極採用」を行っている。

4. LINEのNFT子会社「LINE NEXT」が1000万ドルを調達、ソフトバンクも参画 

7月13日 – 日本の通信大手のLINEのNFT子会社であるLINE NEXTは、ソフトバンク、NAVERなどの参加を得て、LINE NEXTのグローバルNFTプラットフォーム「DOSI」の立ち上げとIPベースのNFTプロジェクトの開発をサポートする1000万ドルの戦略資金調達ラウンドを完了したと発表した。出資者は、LINE NEXTのグローバルNFTプラットフォーム「DOSI」の立ち上げと、IPベースのNFTプロジェクトの開発を支援する。LINE NEXTは、今回の投資を通じて、NFTコンテンツビジネスやマーケティング・インタフェースにおいて、

IPコンテンツ、流通、ゲーム、エンターテインメント企業との戦略的パートナーシップを拡大していく。

5. MetaOasis DAOが150万ドルを調達、Stratified Capitalが参加

7月12日 – MetaOasis DAOは、Windvane & KuCoin Venturesが支援し、Stratified CapitalとNFTScan Labsが参加する150万ドルのシードラウンドを終了した。MetaOasis DAOは、様々なメタバース上の資産に投資し開発することで、メタバース上でのオーナーシップ環境を整備するという目的を持った、最先端のメタバース資産投資開発組織である。同チームが制作した初のNFTシリーズ「Zzoopers Genesis」は、KuCoin NFT取引プラットフォームWindvaneのNFT Launchpadプロジェクトとして、今夜19時(BST)にWindvaneプラットフォームで販売開始。

6. ブロックチェーンゲーム会社YGGジャパン、Animoca Brandsが参加するシードラウンドにて280万ドルを資金調達

7月12日 – チェーンゲームギルドYield Guild Games(YGG)の日本法人であるYGG Japanは、Animoca Brands、Arriba Studioなどの参加を得て、280万ドルのシードラウンドによる資金調達を完了した。今回の資金調達は、チェーンゲームポータル製品の構築、人気NFTアセットやトークンの獲得、マーケティングの実施、日本のIPや製品を使ったブロックチェーンゲームの企画に使用される。

7. ゲーム開発会社Bravo Ready、Solana Venturesが参加する資金調達ラウンドで300万ドルを調達

7月11日 – NFTゲーム開発会社Bravo Readyは、Solana Ventures、6th Man Ventures、Shima Capital、Fractal CEO Justin Kan氏の参加する300万ドルの資金調達ラウンドを終了したことを発表した。この資金調達ラウンドは、バトルロイヤルNFTゲーム「BR1: Infinite Royale」の開発に使用される。このゲームは、Jedi survivalに似たメカニックを持ち、ユーザーは1ドルを支払ってプレイし、他のプレイヤーを倒すことでSOLを獲得し、ゲームの視聴者、コンテンツクリエイター、NFT投資家はゲームをプレイすることによってインセンティブを獲得することができる。

II.DeFiとWeb3

1. スタートアップZampがSequoia、Capital主導のもと2500万ドルの資金調達を実施

7月15日 – Uberの元幹部Amit Jain氏のスタートアップZampが、Sequoia Capitalを中心に、UberのCEO Dara Khosrowshahi氏やソフトバンクのCOO Marcelo Claure氏が参加し、評価額約1億6000万ドルで、2500万ドルの資金調達を完了した。同社のLinkedInページによると、このスタートアップは現在ステルスモードで、「暗号資産経済圏の銀行と決済」を構築している。

2. NFT資金調達プラットフォームSupermojoがBH Digitalを筆頭に600万ドルを調達

7月15日 – NFT資金調達プラットフォームSupermojoは、BH Digital、DRW Venture Capital、Intersection Growth Partners、Neuberger Bermanが主導し、Rippleなどが参加した600万ドルのシードラウンドを終了したと同社は7月15日に発表した。Supermojoは、元Rippleの役員であるSarhangi氏とCraig DeWitt氏の2人が設立したとされ、このプラットフォームはNFT向けのBNLP(Buy Now Pay Later)サービスを提供している。

3. 分散型デリバティブプラットフォーム「Polysynth」、LedgerPrimeが参加資金調達ラウンドにて300万ドルを調達

7月15日 – 分散型デリバティブ・プラットフォームPolysynthは、LedgerPrime、Smapeなどの参加を得て、300万ドルの戦略的資金調達を完了した。今回の資金調達により、Polysynthのデリバティブの提供をさらに拡大し、新しい商品を構築するとともに、採用を拡大し、ブロックチェーンセキュリティ会社の監査を受けることでセキュリティと最適化を向上させるとしている。Polysynthは、Polygonチェーン上に構築された永久先物取引プラットフォームと言われている。

4. Web3ソーシャルプラットフォームLines、元Twitter副社長のElad Gil氏が主導のもと400万ドルを調達

2009年7月15日 – Web3ソーシャルプラットフォームのLinesは、元Twitter副社長のElad Gil氏が主導し、Scalar Capitalなどが参加した400万ドルのシードラウンドでの資金調達を完了したと発表した。Linesは、ユーザーが自分の財布を使ってログインしメッセージを送ることができ、またトークン所有に基づく特定のコミュニティに参加することができるWeb3ソーシャルプラットフォームの構築に専念していると伝えられている。

5. StarkNetのエコ・デリバティブ・プロトコルZKXがAmber Groupが参加する資金調達ラウンドにて450万ドルを調達

7月14日 – StarkNetのエコデリバティブ取引プロトコルZKXは、Amber Group、Crypto.comなどの参加を得て、450万ドルのシード資金調達ラウンドを終了した。この資金調達は、オープンソースプロトコル、DAO、その他のエコシステムなど、ZKXの主要製品のさらなる開発に使用される予定だ。

6. 満期先物プロトコルのContangoがParaFiを筆頭に400万ドルを調達

7月14日 – Alpha Venture DAOが開発した満期先物プロトコルのContangoは、ParaFiが主導し、他にCoinbase Ventures、Amber Groupなどが出資する400万ドルの融資ラウンドを終了したと発表した。2021年夏のHackMoney中に設立されたContangoは、オーダーブックや流動性プールがない満期先物を提供するオープンソースDEXを構築している。トレーダーがContangoでポジションを開くと、プロトコルは固定金利市場で借り、現物市場で変換し、固定金利市場で貸し出し、満期時に暗号資産を提供します 。

7. トレーディングアプリ「Lightyear」がLightspeed Venture Partnersを筆頭に2500万ドルを調達

7月14日 – ロンドンの取引アプリLightyearは、Lightspeed Venture Partnersが主導し、Mosaic VenturesとMetaplanetが参加した2500万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了しました。Wiseの元社員によって設立され、昨年英国市場で発売されたLightyear

は、多通貨対応の口座を提供し、ユーザーが競合他社よりも安い手数料で海外の株式を購入できるようにする取引アプリである。また、EU19カ国への参入も発表している。

8. Web3スタートアップのNevermined、Signature Venturesを筆頭に約300万ドルの資金調達を実施

7月13日 – スイスのWeb3スタートアップNeverminedは、Signature VenturesとPolymorphic Capitalが主導する300万ユーロ(約300万8000ドル)のシード資金調達ラウンドを完了したと発表した。この資金調達ラウンドは、製品開発を進めるために使用される予定だ。Neverminedは、分散型デジタル資産の作成、収益化、管理を簡素化することで、より多くの人々がWeb3市場にアクセスできるようなデジタル資産開発プラットフォームの提供を目指す。

9. 分散型ソーシャルプロトコルFarcaster、a16zを筆頭に3,000万ドルを調達

7月13日 – 分散型ソーシャルプロトコルのFarcasterが、a16zが主導し、Standard Crypto、Chapter Oneなどが参加した3000万ドルの資金調達を完了した。Farcasterはプロトコルとクライアントの初期バージョンをリリースし、Farcaster v2の開発を進めており、今年後半にローンチする予定である。

10. DeFiレンディングプロトコルMorpho、a16z主導で1800万ドルの資金調達を実施

7月12日 – DeFiレンディングプロトコルMorphoは、Andreessen HorowitzとVariantが主導するネイティブトークンセールを通じて1800万ドルの資金を調達した。このラウンドの投資家には、Cherry CryptoとCoinbase Venturesなどが含まれている。Morphoは、既存のプロトコルの上に構築されたDeFiレンディングプロトコルで、ローンを流動性プールからピアツーピアのメカニズムに移行し、投資家に高いリターンを提供すると言われている。現在、Aaveを統合し、対応するブロックチェーンネットワークを追加する方法を検討中である。

11. アイデンティティパスポートプロジェクトQuadrataがDragonflyを筆頭に750万ドルを調達

7月12日 – Web3のアイデンティティパスポートプロジェクトであるQuadrataは、Dragonfly Capitalを筆頭に、Franklin Templeton、August Capitalなどの投資家を含む750万ドルのシード資金調達ラウンドを終了した。Quadrata Passportは、複数のブロックチェーン間で安全なアイデンティティ、コンプライアンス、レピュテーションベースのデータを同期することができ、ユーザーに分散型アイデンティティ(DID)と、KYCやマネーロンダリング防止(AML)の要件など、分散型アプリケーションのコンプライアンスインフラを提供することが可能である。

12. DEXアグリゲーションプロトコルLi.Fiが1kxを筆頭に550万ドルの資金調達を実施

7月11日 – クロスチェーンDEXアグリゲーションプロトコルのFIは、1kxが主導し、Dragonfly Capital、Lattice Capitalなどが参加した550万ドルの資金調達ラウンドを終了した。この資金調達ラウンドは、マーケティングと他のブロックチェーンのサポートを通じて、LI.FIエコシステムを拡大するために使用される予定だ。

13. Web3のチャリティ寄付企業Change、NEA主導で500万ドルを調達

7月11日 – Web3の慈善寄付スタートアップChangeは、フリースタイルとNEAが主導し、Shrug Capitalなどが参加した500万ドルのシードラウンドの終了を発表した。Change は、パートナー企業がゼロから技術を構築することなくオンライン寄付を行えるよう API を提供し、あらゆるグループのオンライン寄付体験の構築プロセスを簡素化することを目的としていると報じられている。

Ⅲ.インフラ

1. ブロックチェーンレイヤー1ネットワーク5ire、SRAM&MRAMが参加する資金調達ラウンドで1億ドルを調達

2012年7月15日 – ブロックチェーン・レイヤ1ネットワーク5ireは、英国の複合企業であるSRAM & MRAMから15億ドルの評価額で1億ドルのシリーズAラウンドを終了した。この資金は、インドを事業の中心および中核の注力地域として維持しながら、アジア、北米、ヨー

ロッパへの拡大に充てられる予定だ。5ireのCEO兼共同創業者であるPratik Gauri氏は、5ireのビジネスモデルは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿った実践に高いインセンティブを与えることによって、営利のパラダイムを組み込むことであると述べている。同社はこのアプローチをproof of benefitと呼んでいる。5ireは、DAOやワーキンググループに権限を与え、国連の17のSDGsの達成を加速させることに貢献する。

2.iPaaSのOnramp Invest、JAM FINTOPが参加する資金調達ラウンドで700万ドルを調達

7月15日 – integrated platform-as-a-service(iPaaS)技術企業のOnramp Investは、JAM FINTOPおよびEJF Capitalの関連会社であるEJF Silvergate Ventures Fundの参加を得て、700万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を完了したことを発表した。Onramp Investは今後、すべての金融専門家にサービスを無償で提供する予定である。Onramp Investは、金融専門家の暗号資産投資を支援し、ユーザーがオンチェーンポートフォリオを表示し、様々なデジタル資産を投資し追跡することができると言われており、金融顧問会社、RIA、ブローカーディーラー、資産運用会社、商業銀行もOnramp Investと繋がることができる。

3. デジタル資産管理プラットフォーム「Gnosis Safe」、1kx主導のもと1億ドルを調達

7月12日 – デジタル資産管理プラットフォームGnosis Safeは、1kxが主導し、IOSG Ventures、Tiger Global、その他50の戦略的パートナーや業界の専門家が参加した1億ドルの資金調達ラウンドを終了したと発表した。当初は社内ツールとして開発されたGnosis Safeは、今やweb3の重要なインフラとなっている。 今回の資金調達は、DAO、リテール、機関投資家の間でデジタル資産、データ、IDを安全に管理できる、プログラマブルな所有権プラットフォームとしてのSafeの開発における大きなマイルストーンとなった。今回の資金調達と戦略的提携により、Safeはスマートコントラクトのアカウントプロトコル上にあるアプリケーションやツールのエコシステムを成長させることができるようになる。

Ⅳ.ブロックチェーン・ファンド

1. Saber Labsの創業者、1億ドルの暗号資産ファンドProtagonistを立ち上げ

当該ファンドは、ゲーム、インフラ、セキュリティ、プライバシーを含む初期段階のWeb3プロトコルとスタートアップに投資し、インキュベートする計画で、現在のポートフォリオにはLayer 1パブリックチェーンが含まれている。 Protagonistの創設者には、Solanaベースのクロスチェーン分散型取引所のSabre LabsのDylan Macalinao氏とIan Macalinao氏が含まれている。

2. Polycoin傘下のJubi Labs、1億ドルのWeb3ベンチャーキャピタルファンドを立ち上げ

7月11日 – Jubi GroupのイノベーションビジネスラボであるJubi Labsは、Web3ベンチャーキャピタルファンドを設立し、初期投資資金として1億ドルを投じ、DeFi, NFT, Layer2, Social-Fi, GameFiなどの最先端分野における有望プロジェクトの発掘と投資、およびWeb3のインフラ構築を主導していくと発表した。

MEXCについて

2018年4月に設立されたMEXCは、700万人以上のユーザーを抱えるデジタル資産取引のプラットフォームであり、現物、証拠金、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングサービスなどのワンストップサービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。

詳細については、website blogをご確認ください。 またその他の最新情報を

Twitter 及び Telegram にて随時発信しておりますのでフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch