【7/11-7/17】MEXC人気暗号資産トップ15

MEXCにおける現物市場、レバレッジETFと契約取引データから見ると、先週最も人気のある暗号資産はBTC、ETH、XRP、MATICとUSDCでした。他に人気のあった暗号資産はS2K、OBX、TSUKA、EVMOS、STEPWATCH、 RVLT、CAW、XLM、MXとSHITなどです。そのうち、S2KがMEXCに上場された後、最大の増加率は1,700%を記録しました。現時点でも850%の増加率を記録しております。この文章では、BTC、MX、XRP、USDC、MATIC以外の10個のトークンについて、ご説明させていただきます。

1. S2K

Sports 2K75(S2K)は、Web3に基づいたSport-Fiのメタバースです。ユーザーは、NFT、DeFi、およびゲームプラットフォームを併用し、S2E(Sports-to-Earn)ゲームプラットフォームを介してNBA、サッカー、eスポーツおよびその他のスポーツイベントに賭けることができます。賭けるスポーツには、NBA、サッカー、野球とEスポーツの5つがあります。安定したオッズでのけと、リアルタイムのオッズでのPVP(player VS player)モードを選択できます。その中で、S2KがMEXCに上場された後、最大の増加率は1,700%にも達しました。現時点でも850%の増加率を記録しております。

2. OBX

OpenBlox(OBX)は、イーサリアム仮想マシンに基づくNFTゲームプラットフォームです。OBXはOpenBloxゲームエコシステムのネイティブトークンであり、さまざまなゲームで使えられたり、それを通じて収益を獲得したりすることができます。 OpenBloxは各種類のゲームを開発しました。トレーディングカードゲーム(TCG)、アクションロールプレイングゲーム(ARPG)、ファイティングゲーム(FTG)、ロールプレイングゲーム(RPG)とビジネスシミュレーションゲーム(SIM)などが挙げられます。 OpenBloxエコシステムでは、Bloxはゲームの仕組みに従って生成されたNFTキャラクターであり、すべてのOpenBloxゲームで使用できます。 同時に、OBXは、Move to EarnプロジェクトRunBloxのガバナンストークンでもあり、主にNFTをアップグレードされる際に使用されます。

3.TSUKA

Tsuka(TSUKA)は、瞑想、反省と研究を中心とした分散型コミュニティです。Tsukaは、哲学、瞑想、そして精神的理念の研究を通して前向きなコミュニティの感情を奨励します。

4. EVMOS

Evmos(EVMOS)はCosmos SDKに基づいて構築されており、初めてのCosmosで運行されているイーサリアムとも互換できるブロックチェーンです。 Evmosは、PoS(Proof of Stake、プルーフオブステーク)を使用し、高いスループットとスケーラビリティを実現しました。 EvmosはCosmosのIBCクロスチェーン通信プロトコルを使用できます。つまり、Evmosはビザンチンフォールトトレランス(BFT)を利用している他のブロックチェーンとの間で資産交換できます。

5.STEPWATCH

StepWatch(STEPWATCH)は、WEB3に基づいたフィットネスおよび健康追跡モバイルアプリケーションであり、NFTのMove-To-Earn要素とソーシャルネットワーキング要素を組み合わせました。ユーザーがウォーキング、ジョギングとフィットネスなどの運動で報酬を獲得できます。そして、ユーザーがプラットフォームに参加するには無料の時計が必要です。または、先にNFT時計を購入してもいいです。ユーザーは、ウォーキング、ランニング、および身体活動により、このプラットフォームで暗号資産やNFTを獲得できます。更に、獲得したアイテムはプラットフォーム内のアクティビティに使用したり、プラットフォームで取引したりすることができます。

6. RVLT

Revolt 2 Earn(RVLT)は、Cult DAOからの2番目の取引可能な流動型トークンです。RVLTを取引することでDAOの金庫を徐々に満たしてプロトコルに貢献できます。更に、分散型テクノロジーに資金を提供することもできます。それは、すべてのRVLT取引は0.4%の手数料を徴収され、これらの収入は直接にDAO金庫に流入します。

7. CAW

Hunters Dream(CAW)は、分散型のアルゴリズムのステーブルコインの決済ネットワークです。このプロジェクトはmemeトラックに属しているため、公式のウェブサイト、ホワイトペーパーとソーシャルメディアなどはありません。それにしても、当時のコミュニティは人気があり、初期のSHIBに少し似ていました。

8. XLM

Stellar(XLM)は、Mt-Goxと元のRippleの創設者であるMcCalebによって立ち上げられたRippleに似っていた新しい支払いシステムです。 Stellarは法定通貨と暗号資産の間の架け橋として機能していて、それも暗号資産は主流ユーザーに認めらるキーのポイントです。Rippleコイン(XRP)やビットコイン(BTC)と同様に、Stellarにも独自の暗号資産であるStellarコイン(XLM)を設けます。 Stellarコインによって作成されたネットワークは、Ripple支払いネットワークと同じ機能を備えており、USD、EUR、RMB、JPY、Bitcoinなど、あらゆる通貨はそこで取引できます。シンプル且つ高速で、Bitcoinのブロックチェーンテクノロジーに依存していています。それは、 2〜5秒以内に世界の180の通貨、銀行、決済システム、および一般の人々に接続し、国境を越えた支払いによって引き起こされる取引手数料と時間遅延を減らすことが意味しています。

9. ETH

イーサリアム(ETH)は、Vitalik Buterinによって創建されたオープンソース且つグローバル分散型のコンピューティング基礎施設です。そこで、スマートコントラクトと分散型アプリケーションがうまく運行できます。イーサリアムは、ビットコインに次ぐ2位にある大きな暗号資産として、ETH2.0のアップグレードと合併は、今年の暗号資産市場で最も注目されているイベントです。合併後、イーサリアムの仕事メカニズムは、プルーフオブワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)に移行します。これにより、基礎施設を変更されるだけでなく、取引効率も大幅に向上できます。情報によると、イーサリアムの開発者は9月19日にETH2.0を合併する予定です。

10.SHIT

ShitCoin(SHIT)は、斬新なゲームプレイを備えているコミュニティの人気NFTです。数日に渡ってOpenseaのトップ10に入っています。その内容は山々のウンコ(Shit)です。その主なコンセプトはこの前のBAYCとAzukiに挑戦するつもりです:「すべてがウンコ(Shit)です」。 ShitCoinは皮肉な方法で市場への不満を表現しているため、上場したとたん、暗号市場とユーザーの間で大きな共鳴を引き起こしました。 ShitCoinのチームは優れたマーケティング力とはっきりな執行プランを活かして、わずか1週間でそのNFTの価格と取引量をOpenSeaのトップ3に達されました。更に、そのガバナンストークンSHITの発行総量は1,000,000億枚で、その中、390,500億枚がエアドロップに使われ、250,000億枚がVitalikのウォレットアドレスに転送されました。MEXCに上場されてわずかの三日間、その増加率は1,488%にも達し、市場に注目を集めました。

MEXCについて

MEXCは2018年4月に設立された、現物取引、ETF、レバレッジ、先物取引などの暗号資産サービスを提供している世界有数のワンストップ・プラットフォームです。「ユーザー第一位」の理念のもと、世界中で700万人を超えるユーザーに対してサービスを提供しています。 核心となるメンバーは、金融とテクノロジーに精通し、専門的な金融商品ロジックと技術的な安全性を備えています。 現在、1,400種類以上の暗号資産の現物取引、200種類以上の暗号資産の先物取引、400種類以上の暗号資産レバレッジETFの取引をサポートしており、世界で最も早く暗号資産を上場し、最も豊富な暗号資産を取引できるプラットフォームとなっています。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch