【6/20-6/26】MEXC人気暗号資産トップ10

MEXCでは、MEXCの現物レバレッジETF、、先物取引のデータからみると、最も人気のあるトークンは順にBTC、ETH、XRP、SOLとなっています。また先週一週間に急伸した銘柄としてCAW、CENNZ、BONE、XCN、OP、SHIT、HATI、FORT、CEL、WAVES、MXが挙げられます。その中でもCELトークンはMEXCに上場して以来、813%の上昇率を記録しています。

1. CENNZ

CENNZnet(CENNZ)は、分散型アプリケーション(dApps)用のプラットフォームを提供するパブリックブロックチェーンネットワークです。新規開発者やエンドユーザーが簡単にブロックチェーンを体験できるようにする、ユーザーフレンドリーなdAppプラットフォームになることを目的としたプロジェクトです。 CENNZトークンは、独自のデュアルトークンシステムを使用するネットワークのネイティブトークンの1つで、報酬の使用を制限するために個別に機能するステーキング用トークンです。言い換えるとCENNZトークンの価格は上昇する可能性を秘めており、それと同時に開発者やユーザーがdAppを使用するために支払うトークンとは無関係のままの状態が保たれます。

2. BONE

BONEは、ShibArmyがコミュニティでの提案事項に投票できるようにするShibaSwapエコシステムのガバナンストークンです。BONEトークンを保有すればするほど票を得ることになり、合計250,000,000のトークン供給は、2つのトークン(SHIBとLEASH)の間に収まるように設計されています。 ShibaSwapは、WOOFトークンを獲得するために流動性、ステーキング、スワップを提供する権利をユーザーに供給し、ShibArmyは、今後のNFT、ポートフォリオ・トラッカーへのアクセス権限を提供します。

3. XCN

Chain(XCN)は、ユーザーが金融サービスを構築できるようにするクラウドブロックチェーンの情報基盤です。 Chainは、許可されたオープンソースのブロックチェーンであるChain Coreと、その台帳の役割を担うSequenceを立ち上げました。これらの機能により、組織はブロックチェーンネットワークを立ち上げて運用することができます。一方、XCNトークンは、コミュニティの提案やプログラムに投票するために設計されたチェーンプロトコルのガバナンス、およびユーティリティ付きトークンです。その他割引、優先アクセス権、Sequence、他のブロックチェーン・エコシステム商品の商業料金の支払いにも利用できます。

4. OP

最初のイーサリアムL2ブロックチェーンであるOptimism(OP)は、イーサリアム仮想マシン(EVM)互換の「optimistic rollups」ソリューションの開発を進めています。 Optimismは、Ethereumメインネットワークから直接セキュリティの保護を取得し、Ethereumでのトランザクションを大規模に処理できます。 Optimismは、2021年の稼働以来、ユーザーが11億ドル以上のガス代を節約し、6800以上のコントラクト、174億ドル以上の取引高に貢献し、約2450万ドル以上の収益を生み出してきました。このガバナンストークンであるOPがMEXCで上場した後、最大上昇率は1568%となりました。

5. HATI

Hati(HATI)は、コミュニティの自律性を強調し、北欧神話に基づいたストーリーを提供するプロトコルです。Hatiは悪役キャラクターで埋め尽くされた空間で善行を積むために作られました。 Hatiの目標は、強力なコミュニティの分散化、アクセシビリティ、そして健全な開発を具現化することです。トークンHatiがMEXCで上場したあと、その最大上昇率は1600%に達しました。

6. FORT

Forta(FORT)は、ブロックチェーン・アクティビティのセキュリティと運用監視を担う、リアルタイム検出ネットワークです。 a16zが主導するFortaは、分散型のコミュニティベースの監視ネットワークであり、DeFi、NFT、ガバナンス、ブリッジ、その他のWeb3システムでの脅威や異常をリアルタイムで検出します。MEXCに上場した後のトークンの総供給量は10億FORTで、最高上昇率は192%に達しました。\

7. CEL

Celsius(CEL)は、暗号資産ユーザー向けの銀行および金融サービスプラットフォームです。このネットワークは、従来の銀行をしのぐパフォーマンスを実現し、透明性の高い金融サービス、迅速な取引、ユーザーへの平等なアクセスを提供することを目的とした、利息収入と貸付のプラットフォームです。Celsiusからのローンは、ファンドの安全性を確保するための資産担保型証券ですが、貯蓄と預金から得られる収益は比較的高くなっています。 CELトークンは、Celsiusプラットフォームのネイティブトークンとして、ステーキング、ローン支払い割引などを通じて、保有者とプラットフォームユーザーに潜在的な収益機会をもたらします。

8. WAVES

Waves(WAVES)は、Wavesブロックチェーン上での資産/カスタムトークンの発行、転送、取引のための暗号資産プラットフォームであり、中央集権型の注文照会と分散型の決済様式を備えています。

このプラットフォームは、シンプルで拡張性が高く環境にやさしいオープンシステムを提供することで、その使いやすさが際立っています。 Wavesは、非常に低コストかつ高速な操作環境を提供し、相互運用性を容易にするために他のエコシステムへブリッジします。

Waves のTVLは現在、DeFi、GameFi、NFTプロジェクトを含むエコシステム全体で16億ドルになっています。

Neutrino:アクセス可能なDeFiツールとして機能するアルゴリズムによる価格安定資産化プロトコル。これにより、法定通貨や商品など、特定の実世界の資産に固定されたステーブルコインを作成でき、NeutrinoのTVLは2億600万ドルを超えています。

Waves.Exchange:暗号資産を賭けてアルゴリズム取引に投資するためのプラットフォームで、TVLは1億5100万ドルを超えています。

Swop.fi:暗号資産を即座に交換し、流動性を提供することでお金を稼ぐサービスを提供します。TVLは711万ドルを超えを記録しています。

Vires:資産の貸付と借入のための流動性プロトコルで、TVLは12億ドルを超えを記録しています。

Wavesは、創設者であるウクライナ生まれの科学者Alexander Ivanov氏(Sasha Ivanov氏とも呼ばれます)を象徴する銘柄です。Wavesを立ち上げる前は、すでに別の暗号資産の分野で活躍しており、現在は廃止されたインスタント取引所CoinomatとインデックスサイトCooleindexをリリースしています。また、米ドルに関連付けられたステーブルコインの初期バージョンであるCoinoUSDも考案しています。

WAVESは、Wavesブロックチェーンのネイティブトークンです。取引手数料とブロック報酬はWAVESトークンで配布され、ブロックジェネレーターがエコシステムとネットワーク情報基盤を開発することを奨励します。より多くのWAVESトークンを保有することで、次のブロックを得る可能性が高くなると言われています

9. CAW

Hunters Dream(CAW)は、分散型のアルゴリズムによるステーブルコイン決済ネットワークです。このプロジェクトは発展途上の段階にあり、公式Webサイト、ホワイトペーパー、ソーシャルメディアはまだありません。しかし、当時のコミュニティではかなり人気で、その性質が初期の頃のSHIBトークンに似ていると指摘する声もあります。

10. SHIT

ShitCoin(SHIT)は、斬新なゲーム環境を備えたコミュニティ・ホットスポットNFTです。数日間連続でOpenseaのリーダーボードのトップ10に入っています。その内容は一風変わっており、中心となるコンセプトは、『BAYCとAzukiに挑戦すること』です。 ShitCoinは、市場に対する不満が皮肉をこめて表現されており、暗号資産市場とユーザーとの間で大きな共感という旋風を巻き起こすことになりました。

ShitCoinチームは、優れたマーケティング戦略とロードマップ配信戦略を活用して、1週間以内にその価格と取引量においてOpenSeaのTOP3NFTとして堂々ランクインしました。そのガバナンストークンであるSHITの総供給量は100兆、そのうち39.05兆がエアドロップされ、25兆がVitalik氏のウォレットアドレスに転送されます。 ShitCoin(SHIT)は、市場で大きな注目を集め、MEXCに上場してからわずか3日以内に最大上昇率1488%を記録しました。

ShitCoinの第1世代NFTには、「I will poop it」NFT、Genesis ShitBeast、ShitBeastが含まれるとされています。その中の「I will poop it」NFTの総供給量は10,000です。最初は無料で販売され、その後、最低価格が1.45ETHを超えました。 Genesis ShitBeastの総供給量は3,900で、最高価格は3.4ETHを超えています。また、2つの「I will poop it」NFTが1つのGenesis ShitBeastに合成されると、1億のSHITトークンが生成されます。 ShitBeastの総供給量は6100で、ミントすることで入手でき、最高価格は1.15ETHを超えています。 Genesis ShitBeastとShitBeastは、SHITトークンを取得するために賭けるだけでなく、バスルームクリーナー(合成ポーション)を介してフェーズ3のNFTにアップグレードすることもできます。ShitCoinのパフォーマンスが比較的優れているため、ブルーチップNFTとして市場に認証されるのにごく僅かな時間しか要しませんでした。 「Shit」にみる、いわゆる第3世代NFTとX -to- Earn と言うコンセプトは、ブルーチップ、ブランドIP、そしてトークンとNFTの相互成長と成功へのプロセスに至るまで、人々が興味を持つのに十分な話題を保有しており、市場への可能性にまだ大きな余力を残していると言えます。

MEXCグローバルについて

2018年4月に設立されたMEXC Globalは、700万以上のユーザーを持つ暗号資産取引所で、現物、信用、先物、レバレッジETF、デリバティブ取引、ステーキングなどのサービスをワンストップでユーザーの皆様に提供しています。コアメンバーは国際的な企業や金融会社出身で、ブロックチェーンや金融業界では豊富な経験があります。

詳細については、ウェブサイト公式ブログをご覧ください。TwitterLINETelegramからも様々な情報を入手できますので、是非ご利用ください!

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch