ファンダメンタルズ分析について

暗号資産の相場動向は、金融市場の法則に忠実に従います。どちらも市場の需給関係やマクロ、ミクロの環境影響に従って反応し、個々の暗号資産銘柄は従来の金融市場における株式と似ています。暗号資産の動きにはそれぞれ特徴があり、独自の市場特性とバリュープロポジション(価値提案)の裏付けとなっています。そのため、投資家は相場動向に基づき市場経験、ニュースの要約と実際運用を通じて、ファンダメンタルズ分析、ニュース分析、テクニカル分析を評価することで、より正確な市況予測を形成・考察することができます。

本稿では、上記三つの分析方法中のファンダメンタルズ分析の基本的な概念、特徴、利用方法について簡単に説明します。


ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、相場動向の展開を分析する方法であり、発生した客観的事実や確立されたデータに依存し、過去のデータの分析を通じて将来の相場を判断するものです。ファンダメンタルズ分析は、ローソク足のチャートのパターンを理解、習得した上で、投資家がよりマクロなレベルで投資手法を決定するための基本的な方法です。

暗号資産取引の分野では、ファンダメンタル情報として、マクロの世界金融環境(暗号資産市場への影響)、銘柄が属する分野の将来性など、ミクロのファンダメンタル情報としては、銘柄のプロジェクトチームの背景、ホワイトペーパー分析、製品提供の進捗状況、資金調達、コミュニティ運営、ユーザー数、トークン保有者アドレス、時価総額分析、収益性などがあります。

ユーザーの皆様がファンダメンタルズ分析を行う際に注意しなければならない点が2つあります。

1. ファンダメンタルズ分析は、相場変動に合わせて変更、修正される可能性があります。暗号資産の分野では、取引は24時間365日途切れることなく動いております。そのため、ファンダメンタルズ分析は決して数値化できるものではありません。ファンダメンタルズ分析の結果をやみくもに数値化すると、損をする可能性が非常に高くなります。

2. ファンダメンタルズ分析は単独では存在せず、ニュース分析やテクニカル分析との併用が必要です。実際の運用では、ある銘柄の短期的な相場状況を見て、マクロ環境の影響を無視してファンダメンタルズ分析を盲目的に判断すると、短期的な投資の失敗にもつながりかねません。

ファンダメンタルズ分析のメリットとデメリット

メリット: ファンダメンタルズ分析は、投資家が相場動向を把握するための最も手っ取り早い方法の一つです。ファンダメンタルズ分析を通じて、1つの銘柄の基本情報をより正確に、マクロ的に把握することができるため、中長期の投資家が市場予測や投資判断を行う際の入門的アプローチとして適しています。

デメリット:ファンダメンタルズ分析は数値化できないため、どのようなファンダメンタルズ分析の結果も時間的な制約を受けることはなく、つまり時効性が有りません。ファンダメンタルズ分析だけでは、正確な市場予測の結果を得ることは不可能です。したがって、ファンダメンタルズ分析は、銘柄のマクロ的な動向を見ることができるだけで、短期の相場を正確に予測することはできず、中長期的な投資にしか向いていない理由の一つです。


ファンダメンタルズ分析の活用例

ファンダメンタルズ分析の実践では、銘柄の基本情報を総合的に理解することが必要です。情報が詳細であればあるほど、マクロ的な動向とミクロ経済が明確に理解できます。

BTCを例とします:

投資家は市場でのポジションや過去の動向、中長期の価格高値や価格変動などを分析することができます。MEXCの銘柄詳細(info)で、ユーザーの皆様は銘柄の発行日、初期価格、最大供給量、公式ウェブサイトなどの情報を見て、まずBTCの市場での地位を判断することができます。また、最新の市場データとリアルタイムの取引データを使って、ミクロ経済の変化を判断することができます。

銘柄詳細を通じて、BTCの最大供給量は2100万枚で、初期価格は0.0025USDTであることが分かります。また、市場のニュースでは、BTCが暗号資産の中で絶対的なリーダーであることがわかります。

そして、リアルタイム市場と最新の取引価格(42,211USDT)を踏まえて、BTCの現在の市場価格を求めると、上場以降の総上昇率は約1670万倍と算出されます。

月足ローソクチャートを通じて、短期および中長期のマクロ市場におけるBTCのパフォーマンスを知ることができます。2020年半ばから2021年末にかけて急激な上昇トレンドが発生し、2022年初頭にはマクロ的な調整トレンドが発生する可能性があることが分かるでしょう。

そして、有効保有先数、時価総額、ロックアップ総額、取引総額、取引手数料などの基礎データと情報の分析から、中長期的に投資可能かどうかを判断することができます。実際の使用過程では、より簡易的な計算式でマクロ的な結果を得て、参考、比較した上で、投資対象となる銘柄を選択することができます。

複数の銘柄の時価総額(P)、ロックアップ総額(TVL)などの簡単な情報を把握した上で、P / TVL 比率を算出し、どの銘柄に上昇余地があるかを知ることで、簡易的に比較することができます。

(注意:P / TVL 比率は参考値であり、決定的な投資情報価値を持つものではありません。)

投資家は、P / TVL 比率と実現時価比率(MVRV)、在庫流通比率、ホワイトペッパー、プロジェクトチームの背景、競合他社の業績などを組み合わせて、投資の方向性と方法を決定することができます。


最後に

ファンダメンタルズ分析は、初心者の投資家が市場や特定の銘柄に関する基本的な理解を素早く形成し、銘柄のメリットとデメリット、市場パフォーマンスの分析を学ぶことができます。市場のファンダメンタルズを継続的に分析することを通じて、投資家がマクロ市場を素早く把握することが可能になります。

しかし、ファンダメンタルズ分析にも限界があることも理解し、投資家は、複数の分析手法を組み合わせて、総合的かつ合理的な取引戦略を実行する必要があります。

免責事項:暗号資産取引には重大なリスクが伴い、投資した資本が失われる可能性があります。これらの資料は、投資、税務、法務、財務、会計、コンサルティング、またはその他の関連サービスに関するアドバイスの提供とは関係がなく、資産の購入、売却、または保有に関する推奨事項でもありません。 MEXC Learnは情報のみを提供し、経済的なアドバイスは提供しません。投資する前に、関連するリスクを完全に理解していることを確認する必要があります。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC
Articles: 353
Read Learn Watch