Ethereum Name Service (ENS) とは?

⒈プロジェクト概要

ENS(Ethereum Name Service) は、イーサリアム上のドメイン名管理システムです。 このプロジェクトは2017年にイーサリアム 財団によって生成され、保有者は「.eth」で終わるENSドメインを使用して、さまざまなブロックチェーンアドレスに接続することで暗号資産での各種決済が可能になります

出典:ENSの公式サイト

一言で紹介すると、暗号資産取引で使用される複雑なウォレットアドレスをユーザーにとって読みやすい文字列に置き換えることができるWeb3.0版のDNS(ドメイン・ネーム・サービス)がこれを説明するのに一番近い表現と言えます。

また、ENSドメイン名は代替不可能のため、各ドメイン名はNFTとみなすことができます。

⒉主な取り組み

Web2のDNSドメイン名と同様に、Web3で印象に残るドメイン名を開発することで、ウェブサイトのプロモーションが簡単になります。ENSドメイン名は、Web3ユーザーのニーズに応えるために開発されたもので、より印象的で特徴的なドメイン名であるほど価値が高くなります。

従来のドメイン名とは異なり、ENSのドメイン名には、さまざまな用途があります。

  • 受信アドレス:ENSドメインは、様々な暗号資産を受信することが可能です。
  • NFTの属性を持つ:ENSドメインは、ID証明としてだけではありません。自分の名前を作成し、取引することができるため、ENSドメインはNFTの作成と取引という属性を持つことになります。
  • アイデンティティの象徴:ENSドメインは個人データを保存するだけでなく、すべてのデジタルリソースに呼応し、名刺の代わりにもなります。
  • コミュニティの構築:同じ属性を持つ人々が「10k Club」のようなコミュニティDAOを形成できます。

また、eth以外の接尾辞(サフィックス)も使用できます。基本的に.ethを使うことが一般的となっていますが、「.eth」以外にも「.com」「.org」「.xyz」「.io」といった従来の接尾辞にもできます。

登録について

登録:ユーザーは、名前を登録するために2つのトランザクション(コミットと公開)を使用します。登録に要する所要時間は約5分程度で、この間、フロントランニングを防ぐため、最初の取引と2回目の取引の間に1分ほどの間隔があります。

更新:更新期間の上限はありませんが、最低更新期間は28日間です。また、名前の有効期限が切れた後、90日間の「猶予期間」が設けられています。猶予期間中も名前の所有権を保持するために更新することができます。

5文字以上の名前の場合、年間更新料は5ドル/年になり、4文字の名前は160ドル/年、3文字の名前は640ドル/年になります。料金はETHで支払われます。ETH/USDの為替レートは、Chainlink ETH/USD oracleによって設定されます。

⒊トケノミクス

ENSトークンは、総供給量が1億枚に固定されており、その割り当ては以下の通りです。

50%は DAO コミュニティに配布されます。登録料の主な目的は、投機的に登録された名前でネームスペースが圧倒されるのを防ぐためのインセンティブメカニズムとして利用されます。もう一つの目的は、ENSの継続的な開発と改善に資金を提供するためにDAOに十分な収益を提供することです。

5%はETHホルダーにエアドロップされ、それは137,000以上のアカウントをカバーしています。

25%はENSの貢献者に配り、それは100人以上の個人とグループ、数百人のDiscordユーザーをカバーしています。

ENS財団

ENS財団は、ケイマン諸島で設立された財団法人Limited By Guarantee(保証付有限責任会社)です。財団法人は非営利団体であり、ENS財団には株主がいないため、理事や会員に配当金を支払うことはしません。

財団の運営は無料ではなく、現実にはいくつかの費用がかかります。予想される経費は以下の通りです。

登録事務所と秘書業務:年間10,000米ドル

監督サービス:1回につき30,000米ドル

送達代行サービス:1件あたり1,200米ドル

会社登記費用:1件あたり850米ドル

理事は、財団の運営を継続するために、これらの費用が発生した場合、DAOに払い戻しを求めることができます。

⒋ENSの購入方法

MEXCでは、ENSトークンを購入することが可能です。 

1. MEXCアカウントにログインし、「ENS取引」をクリックします。現物取引より購入可能です。

2.検索バーを使用する場合は、検索バーより「ENS」を検索し、利用可能な取引ペアを確認してください。例)「ENS/USDT」など

3.下に画面をスクロールして、[現物] 欄に移動します。購入するENSトークンの金額を入力すると、指値注文、成行注文、またはトリガー注文を選択できます。選択後、 [ENSを購入]をクリックして注文することができます。購入したENSトークンは現物ウォレットにて確認できます。

より多くの銘柄に興味をお持ちの方へ

MEXCは700万人以上のユーザーを抱える暗号資産取引のプラットフォームであり、現物、レバレッジETF、信用、ステーキングサービス、NFT Indexなどのワンストップ暗号資産取引サービスをユーザー様に提供しています。チームの主要メンバーには大手グローバル企業や金融関連企業出身のスタッフが多数在籍しており、ブロックチェーンや金融業界に精通した経験豊富なメンバーで構成されています。2021年10月Crypto Expo Dubaiで、MEXC Globalは「アジアトップ評価の暗号資産取引所」の評価を得ました。現在、1,400以上の暗号資産銘柄の取り扱いがあり、新規銘柄の上場スピードが最も早く、暗号資産の取り扱い数が最も豊富な取引所です。

詳しくは弊社公式ウェブサイトブログをご覧ください。また、その他の最新情報を随時発信しておりますのでMEXC JapanMEXC Research公式Twitter、及びTelegramLINEをフォロー及びチャンネル登録も併せてよろしくお願いいたします。

MEXCグローバルエクスチェンジで暗号取引の旅を始めましょう

登録して料金割引を受ける

このウェブページの内容は投資アドバイスではなく、投資商品の提供または推奨を構成するものではありません。 これは一般的な目的のみであり、個人のニーズ、投資目的、および特定の財務状況を考慮していません。 投資にはリスクが伴います。

この免責事項は、記事で表現されているMEXCクリエイターのコンテンツ、見解、考え、意見は、MEXCグローバル自体ではなく、クリエイターと著者のみに帰属することを読者に通知します。 MEXC Globalは、投資に関する推奨事項やアドバイスを提供していません。

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Hina Chang
Articles: 172
Read Learn Watch