米国CPI発表により、高いインフレ率が明らかに。BTCとETH価格が急落

10月13日、米国労働統計局は、9月の全都市消費者物価指数(CPI)が0.4%上昇し、過去12カ月で8.2%上昇したと発表しました。CPIは、消費財やサービス市場全体の購入価格を表す、インフレの重要な判断基準の1つです。CPIの上昇は、一般家庭での食品やガス代など、日常的な支出がより高くなっていることを示します。80年代以来インフレが過去最高レベルに到達していることを受け、FRBは11月に金利の継続的な引き上げの可能性を示唆し、暗号資産市場に大きな影を落とす形になりそうです。では、より高いインフレは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の価格にどのような影響を与えるのでしょうか?

消費者物価指数、12ヶ月間の変化率(出典:米国労働統計局)

高いインフレ率により、MEXCのBTCBTC/USDT – ここでお取り引き)価格は本日3週間ぶりの安値18,184.22ドルで底打ち、ETH(ETH/USDT – ここでお取り引きhttps://www.mexc.com/exchange/ETH_USDT)価格は今年7月以来の安値1,150ドルに到達しました。BTCは9月に入ってからおよそ18,000ドルから22,000ドルの間で取引されています。今日のインフレに関する発表により、近い将来、BTCや他の暗号資産がブレイクアウトする直接的または間接的な原因となる可能性が示唆されています

MarketWatchによると、インフレ率が5%を超えて上昇すると、最大限の雇用と物価安定のための最も安定した割合の指標である2%に減少するのに通常10年かかることを示しています。これはホワイトハウスと連邦準備制度理事会の双方にとっても長期的なチャレンジとなる可能性があります。弱気相場を尻目に、インフレ率の上昇、最悪の場合は、ハイパーインフレを避けるために今後金融引き締めを実施する必要があります。なぜなら、インフレの加速は米ドルの価値を下げ、輸入物価の上昇、さらには長期的にインフレを悪化させる原因になり得るからです。

しかし金融政策や財政政策の違いにより、事態は急速に変化する可能性があります。今日、BTC価格が19,000ドルに跳ね返されたにもかかわらず、暗号資産の激しい変動の魅力は常にそこにあります。投資家とトレーダーは、マクロ経済環境とFedからのニュースに細心の注意を払い、潜在的な損失を最小限に抑えるために、常に調整を行う必要があります。価格変動に対処するには、資金を一度に100%投資するのではなく、ドルコスト平均法(DCA)という投資戦略を使い、少しずつ1単位あたりの平均価格を下げることを検討するとよいでしょう。これによって、不透明な市場において、異なる価格で少しずつ購入することができます。

金融引き締め政策が続き、市場が暴落する中、市場リスクを分散するために、暗号資産を(より低い価格で)資産運用のポートフォリオに入れることは悪い選択ではないかもしれません。MEXCは皆様の投資ニーズを満たすよう、さまざまな種類の暗号資産商品を提供しています。ご自身でリサーチの上、MEXCで暗号資産の取引を始めましょう!

MEXCグローバルへのあなたの愛を共有する
Default image
MEXC Blog
Articles: 631